生活環境

タバコやめたい!?脳をだます方法でグ~ンと効果UP

投稿日:

タバコをやめたい!でもやめられない。

タバコをやめたいがやめた事でストレスになったり、今までタバコを吸う楽しみが減ったりする。

なんて理由づけにしていませんか。

タバコは体に悪いとわかっていても何かきっかけがあればやめたいですよね。

今回は、そんなタバコをやめたいけど、どうしてもやめられない方にある方法を紹介します。

Sponsored Link

タバコをやめたい、脳をだまして禁煙活動へ

タバコをやめたいけどそのきっかけが欲しい。だれでもそんなことを考えています。

現にあなた以上に、私もタバコをやめたいけど金銭面に悩んでいる一人だからです。

最近ではダイエットや勉強に「脳をだます」方法が話題になっています。

脳をだますというとチョッと悪い言い方ですが、自分で脳に良い方向に思い込ませることで、タバコをやめたいという悩みを解決できるのです。

一見難しいことのようですが、ちょっとしたコツであなたの人生は驚くほど思い通りになります。

では、「脳をだます」とはどんなシチュエーションで使えるだまし方なのでしょうか。

脳をだますことでタバコの依存症も解消できます。

「タバコをやめたい・・・」

そんな時は、

「この1カ月は1日10本にする!!」などと目標を手書きするといいのです。

タバコをやめたいと思っている時は、手書きで書いてさらにいつも見えるように壁などに貼り付けましょう。

たばこやめられない

タバコをやめたい時絶対に書いてはいけない言葉

タバコをやめたいと思っていて手書きするのだが、書いてはいけない言葉もあります。

それは、

二度とタバコは吸わない → と、否定的な文言を使っては駄目です。

タバコをやめたいと思っている人が想像することは、「タバコを吸っているあなた」なのです。

言葉に「・・・ない」を付けると吸いたくなってしまいます。

脳は肯定的な文言だけしか想像しません。

「私はタバコをやめた!」

と、将来目標が達成できたように書きましょう。

では、

否定的:「二度とタバコは吸わない

肯定的:「私はタバコをやめた」と書いたとき体にどんな違いが出るのでしょうか。

Sponsored Link

たとえば握力測定を10人にやらせた実験をしました。

1回目に、否定的な「弱くない」「弱くない」・・と声に出して測定した人が

2回目では、肯定的に「俺は強い!」「俺は強い!」と言って測定すると、

結果、その7割近い人が、握力が5~8㌔アップしていたのです。

このように、タバコをやめたいと思っている人は、チョットしたきっかけで脳をだまし、禁煙できたら最高ですよね。

禁煙外来に通って時間と労力を無駄にするよりはかなり効果があります。

私も実際脳をだます方法でタバコの禁煙活動を始めましたが只今継続中です。

意志の弱い私ですからいつ突然タバコを吸ってしまうかわかりませんが、やってみる価値はありそうです。是非試してみて下さい。

少しでも参考になれば幸いです。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼できる人できない人

【信頼できる人・できない人】3分でわかる恋愛のスタート

信頼できる人と信頼できない人の特徴や見分け方は、恋愛をした場合その相手の特徴など瞬時にはわからないものです。私も友人の付き合いでたまに婚活パーティーに連れていかれます。 しかし商売の関係上いろいろな方 …

いつのまにか変わったもの

いつのまにか変わった!? 昔はこれが当たり前!常識を覆すあるものとは

いつのまにか変わったな!と街を歩いているとふと思うものが沢山あります。 常識では考えられない変わった物が昔は有ったり、いつのまにか形が変わってしまったものなど今と昔とでは大違い。 特に昔の自動車・鉄道 …

誕生日プレゼント、男性に喜ばれる後悔しない贈り物

誕生日プレゼント、忙しい男性に喜ばれる 後悔しない癒しの贈り物

人生の中で誕生日は年一回必ず訪れるものですが、年齢を増してくると年一回の誕生日祝いは照れくさいものと敬遠されがちになってしまいます。 とはいううものの、お祝いされる立場になると誕生日プレゼントを貰う事 …

寿命を伸ばす食物の時間帯

寿命を伸ばす食物の時間帯!知らないと怖い臓器の働きで変わる正しい食べ方

日本の定番朝食は白いご飯に梅干し、みそ汁、焼き魚に漬物。 そして昼食は生姜焼き定食やラーメンと食べ物の時間は昔から決まっているはず・・・。 ですがこの定番朝食の白いご飯にみそ汁、焼き魚に漬物の食べ物は …

ヤブ医者とはひどい医者!? 勘違は怖ろしい名医から変わった本当の意味とは

ヤブ医者の語源や由来は諸説あるが、 あやしい呪術で治療することから「ひどい医者」 「腕の悪い医者」とかといった意味で使っていますよね。 でも学校の先生や政治家などは、 ヤブ先生とかヤブ政治家とは聞いた …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント