健康管理

タバコやめたい!?脳をだます方法でグ~ンと効果UP

投稿日:2018年3月4日 更新日:

タバコをやめたい!でもやめられない。

タバコをやめたいがやめた事でストレスになったり、今までタバコを吸う楽しみが減ったりする。

なんて理由づけにしていませんか。

タバコは体に悪いとわかっていても何かきっかけがあればやめたいですよね。

今回は、そんなタバコをやめたいけど、どうしてもやめられない方にある方法を紹介します。

Sponsored Link

タバコをやめたい、脳をだまして禁煙活動へ

タバコをやめたいけどそのきっかけが欲しい。だれでもそんなことを考えています。

現にあなた以上に、私もタバコをやめたいけど金銭面に悩んでいる一人だからです。

最近ではダイエットや勉強に「脳をだます」方法が話題になっています。

脳をだますというとチョッと悪い言い方ですが、自分で脳に良い方向に思い込ませることで、タバコをやめたいという悩みを解決できるのです。

一見難しいことのようですが、ちょっとしたコツであなたの人生は驚くほど思い通りになります。

では、「脳をだます」とはどんなシチュエーションで使えるだまし方なのでしょうか。

脳をだますことでタバコの依存症も解消できます。

「タバコをやめたい・・・」

そんな時は、

「この1カ月は1日10本にする!!」などと目標を手書きするといいのです。

タバコをやめたいと思っている時は、手書きで書いてさらにいつも見えるように壁などに貼り付けましょう。

たばこやめられない

タバコをやめたい時絶対に書いてはいけない言葉

タバコをやめたいと思っていて手書きするのだが、書いてはいけない言葉もあります。

それは、

二度とタバコは吸わない → と、否定的な文言を使っては駄目です。

タバコをやめたいと思っている人が想像することは、「タバコを吸っているあなた」なのです。

言葉に「・・・ない」を付けると吸いたくなってしまいます。

脳は肯定的な文言だけしか想像しません。

「私はタバコをやめた!」

と、将来目標が達成できたように書きましょう。

では、

否定的:「二度とタバコは吸わない

肯定的:「私はタバコをやめた」と書いたとき体にどんな違いが出るのでしょうか。

Sponsored Link

たとえば握力測定を10人にやらせた実験をしました。

1回目に、否定的な「弱くない」「弱くない」・・と声に出して測定した人が

2回目では、肯定的に「俺は強い!」「俺は強い!」と言って測定すると、

結果、その7割近い人が、握力が5~8㌔アップしていたのです。

このように、タバコをやめたいと思っている人は、チョットしたきっかけで脳をだまし、禁煙できたら最高ですよね。

禁煙外来に通って時間と労力を無駄にするよりはかなり効果があります。

私も実際脳をだます方法でタバコの禁煙活動を始めましたが只今継続中です。

意志の弱い私ですからいつ突然タバコを吸ってしまうかわかりませんが、やってみる価値はありそうです。是非試してみて下さい。

少しでも参考になれば幸いです。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水にまつわる雑学|水のパワーは凄い!!

水にまつわる雑学|水のパワーは凄い!!今だから知りたい水の新常識とは

人間が生きる上で一番大事な水。その水を取り巻く環境は年々劇的な変化を見せています。 水道管の老朽化問題により各地で水道管破裂が起き、国会では水道民営化が議題に上がり近い将来、水道料金値上げも問題になっ …

若いのに頻尿 オシッコが近い

若いのに頻尿|オシッコが近い!?治し方はたったこれだけで改善できる

トイレに行く回数は人によって様々で、頻尿と呼ばれおシッコの回数が極端に多い人もいれば、1日に2回といったおシッコが遠い方も居ます。若い方でも映画一本見ている最中、おシッコが我慢出来ない人や、一方でお酒 …

歩くことで認知症予防などの効果が期待できる

歩くことで認知症予防などの効果が期待できる!?1日の歩数をズバリ解説

2017年東京都健康長寿医療センターがある興味深い研究結果を発表しました。それによると65歳以上の高齢者5000人を対象に15年以上にわたり1日に歩く数と病気の因果関係を調査したもの。その研究結果から …

いびきや歯ぎしりを早期改善

いびきや歯ぎしりを早期改善! 夜中に起きてしまう人は認知症のリスク大かも

いびきをかいて自分で起きてしまう人、歯ぎしりでパートナーに嫌がられてしまってる人など、改善方法は無いものかと毎晩のように悩んでいる人いませんか? 芸能人でも今話題となっている野村周平さんもその一人。 …

納豆食べ方

納豆とご飯の食べ方は間違いだらけ!? 栄養効果を損なわない美味しい食べ方

納豆は血管や骨を老化させない秘訣だと言われていますが、この納豆やご飯の食べ方を間違えると効果が激減すること知ってましたか。 納豆はよくかき混ぜた方がいいことや、タレは混ぜた後にかけた方が最大限の栄養を …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント