生活環境 トラブル 葬儀関係

【葬儀】亡くなってからパニックに!傍にいるあなたは何をしてあげられる?

投稿日:

葬儀で大切な方が亡くなってから急にパニック状態になり、今何をしていいのかわからない場面があります。

葬儀の現場でこれは何もあなただけではなく、すぐ傍に居る友人若しくは会社の同僚かも知れない。

そんなすぐ傍にいるあなたは、亡くなってから立ち往生しているその方にどんなことをしてあげられますか。

今回はそんな一瞬にして絶望的で気力を無くした人に葬儀の現場でどう接し、どう言葉をかけて上げればいいかをまとめてみました。

Sponsored Link

亡くなってからパニックに陥った人は雲の上

葬儀の現場では、大切な方が亡くなってから急にパニック状態になり、葬儀社が質問をしても返答が来ない場合があります。遺族はもう雲の上にいる状態なのです。

葬儀のあれこれに悩んでいるのか、またはなにから始めていいのかを頭の中で一生懸命考えているのかもしれません。そんな時、あなたならどうするでしょう。

信じられないことや不慣れな事ばかりで、そんな状況の時は行動すら起こせません。その上、いっぺんに「あーでもない、こうでなければならない」は禁句です。

遺族が亡くなってからはいくら説明やアドバイスしてあげても1/10くらいしか頭には入っていません。そういう場合は、冷静であるあなたが一つ一つの行動に対して足元から固めて上げることです。

もちろんあなたは経験した範囲内のことだけしか教えたりアドバイスすることができないでしょう。でもこれは困ったとき全般に通用することで、一歩一歩足を踏み出してもらう場合に使える対処法でもあるのです。

パニックになったら、はっきり一つ一つ丁寧に

葬儀でパニックになった人が仮に、勤務先の同僚であったなら、

あとの仕事の事は任せておいて・・・

落ち着いて先ずこれをやって・・・

会社の事は何も考えなくていいから・・・

など、いつもよりも優しく柔らかい言葉で接してあげることが重要です。葬儀のことで頭がいっぱいの同僚は、焦りの気持ちが優先してしまいます。

人手が足りないのにこんな時に~なんていう言葉はパワハラモワハラの対象になってしまいます。

同じ会社には、気遣いのできる親友が居て助かる!という言葉を、後で頂くくらいの接し方で同僚を慰めてあげましょう。

親しき仲にも礼儀あり。自分がその人にやってあげたことは、いずれ自分に不幸が訪れた時に必ずや助けてもらえるはずです。

【葬儀】亡くなってからパニックに

パニックを抑えるため葬儀社にお願いしたいこと

家族の大切な方が亡くなってからパニック状態の時、葬儀社が遺族に対し、どうしたいか、なにがしたいかを聞いてもはっきりとは答えてくれません。

冷静さを失い、何を考えているのかもわかりません。

こんな時のアドバイスは、意識レベルを低く持ち、施主が何を求めているのかを聞き出すことから始めるのです。

その上で、具体的に順序良く説明し、選択技を決めていく事です。

葬儀の現場では、遺族に一番やってはいけないことは確認を取って下さいね! と曖昧な言葉でお願いすることです。

家族が亡くなってから直ぐの対応ですので、

・看護師さんの所に行き、〇〇して下さいね!

・事務窓口に行って〇〇言ってくださいね!

などと、具体的にかみ砕いた言葉で説明してあげるのがよいアドバイス方法だと思います。

その上で徐々に葬儀全体の中から優先順位を決定し、決めごとなどを進めていくことです。

Sponsored Link

また面倒でも、その都度施主や家族の方には、簡単な言葉でわかりやすく提示し説明していくことが重要です。自分ばかり淡々と喋っても、施主側には専門用語や葬儀の流れなど理解できない部分が沢山あります。

葬儀のキチンとした基本から土台固めをしていかなければいけません。その基本となるのは故人の体(遺体)の管理です。

この遺体処置や管理が疎かになっていると他のことがどれだけ素晴らしくても無意味な仕事になってしまいます。そして、葬儀全体のやるべき仕事の中から優先的に一つずつ整理し、それを遺族に伝えられる能力をもつことが重要視されます。

そういうことが葬儀現場で亡くなってからパニックに陥る方に対しての、「できる」大きな能力だと思います。葬儀社の中には、プロ意識を醸し出して 難しい言葉 で喋れば、「この人できる人と思われるだろうな」などと勘違いしている社員もいます。

施主はそんなこと考えている余裕はありません。葬儀社の信頼度は、一つ一つ滞りなく施主と一緒に仕事を熟していった後に訪れるものです。

外面が良くても中身が薄くては何もなりませんからね。少しでもお役に立てたら幸いです。

-生活環境, トラブル, 葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お盆の意味や由来を知って得する日本のお盆

お盆の意味や由来を知って得する日本のお盆!迎え火やお供え・墓参りの知識とは

日本人にとって夏にはお盆という行事が必ず訪れてきます。特に田舎のお盆期間は旧暦で行い2018年は8月13~15日迄です。 今年2018年は11日(土)が山の日で祝日となり大型連休が期待される期間でもあ …

公園で遊ぶ子どもを犯罪から守ってあげよう

公園の犯罪防止対策!子どもを不審者から守れるちょっとした工夫とは

公園は子供の遊びや憩いの場としてとても必要不可欠な場所です。 都心でも公園というと子どもが遊ぶ唯一の楽しみの場所となり、公園に行けば友達の誰かに会えると、子ども一人でも気軽に出かけられます。 そんな公 …

この祭壇の生花昨日と同じだ!使いまわしする花屋にメス

会葬者が多い大規模な葬儀には生花祭壇が多く使用される。 花の種類は菊の花をベースに、故人の好きだった花や色とりどりの洋花が取り入れられます。 会葬者の中にはよく連日のように葬儀に出席する方も多く、以前 …

大谷直子 孤独死

大谷直子 孤独死の不安から終活開始!死亡説ぶっ飛ぶある行動とは

大谷直子は孤独死という不安から今終活を真剣に考えている。 大谷直子といえば、主役をつとめたNHK朝ドラ「信子とおばあちゃん」では最高視聴率46.8%を記録。 その後も数々の話題作に出演し昭和の大女優と …

仏壇や葬儀にお供えできない?生花のマナーを知って売り上げアップ

よくお葬式や仏壇に供えてはいけない物に、花や食べ物(肉や魚、野菜)があると言いますが、あなたは何がいけないと思いますか? 例えば生花では薔薇のようなトゲのある花、根っこのある鉢物、そして花の代用品の造 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント