エンスポ funeral

文音・映画「おみおくり」納棺師役でこの春おくりびとに対抗!?高島礼子と共演

投稿日:

文音は映画「おみおくり」で女性納棺師の役で主演の高島礼子と共演する。

2018-3-24有楽町スバル座ほか全国順次公開であるが、

本作の原案及び納棺師監修は、

永井結子の「今日のご遺体 女納棺師という仕事」

文音と高島礼子は、映画の中で見送る人達と見送られる人との、

心温まる愛の成長の物語を演じる。

「死んでしまうと表情が消えてしまうでしょう。でもそうじゃなくてその人の生前の面影が浮かぶことがある・・・」

映画の中では、目を背けたくなるような事故死、突然死、

そして子供の死ありで本当に辛いシーンありで、

死と直面する瞬間をリアルに映像化されている。

故人の面影が戻るようにと、

映画の中で元の顔に再生していく場面の映像は深く感動させられるほどだ。

Sponsored Link

7つのエピソードを軸に、満島弥生役を演じる高島礼子。

満島に弟子入りして納棺師を目指す河村亜衣役を文音が演じる。

映画「おみおくり」では、納棺師ナレーションから始まり、

悲しみと愛が対比する現場を通じ、

自分自身を見つめ直していく2人の女性納棺師の

心の成長が垣間見ることができます。

 

また、この映画「おみおくり」の主題歌は

2VOICE」の「YOU ~120歳のラブ・ソング~」。

1978年にリリースMrサマータイムで大ヒットさせ

有名なヴォーカル・グループ「サーカス」の2人、

原純子&叶央介である。

2013年の35周年を機にサーカスを離れ、新たに「2VOICE」を結成。

Couple夫婦デュオとして、

心にしみる「YOU~120歳のLove Song~」をリリースしている。

YOU ~120歳のラブ・ソング~  2VOICE

文音・映画「おみおくり」

実は、この映画の河村亜衣役を演じる「文音(あやね)」は

日本のシンガーソングライター長淵剛と、

千葉真一のジャパンアクションクラブの

初女優志穂美悦子夫婦の長女である。

2018-3-17で30歳を迎えた文音は3人姉弟の長女。

映画では過去10本に出演しており

2018-4-14全国ロードショーの「ばあちゃんロード」では

花嫁姿で主演を演じるほどの実力派である。

文音」という名前の由来は、

父・長渕剛が「あやちゃん」と呼びたかったから・・・

という単純なもので長淵文音と命名したらしいです。

2014-5にニューヨークから帰国後、

同年9月に芸名を今の「文音」に改名。

その後、TBSドラマ「SAKURA~事件を聞く女」で女優業を再開させました。

文音・映画「おみおくり」

文音は何といっても母・志穂美悦子に似て

鼻筋のスーと通った顔立ちとそのスタイルには

これからも多くのファンが彼女の魅力に魅かれていくことでしょう。

今回の、映画「おみおくり」女性納棺師というだけあって

2008年にヒットした本木雅弘主演の「おくりびと」をどう凌ぐのか見ものです。

映画「おくりびと」のように葬儀社が出てくるかどうかは不明ですが、

文音はかなり根性が座っており暗いイメージが強いようです。

しかし、海岸で流す涙は、大人の女の魅力を最大限に表現しています。

皆さんも、一度映画館に足を運んでご覧になってください。

-エンスポ, funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葬儀社が納棺師とタイアップする仕事メリット

最近葬儀業界では映画「おくりびと」の影響もあり納棺師を目指す人が多くなってきました。 それに次いで葬儀社も納棺師業者と提携し、連携した同じ仕事を行う所も増えてきています。 では一体納棺師とは葬儀のどん …

人手不足の解消策

人手不足の解消策に、なんと葬儀社同士でスタッフの貸し借りが流行!?

人手不足の解消策というと、通常派遣業界を利用するのが一般的です。しかし葬儀業界では、葬儀スタッフの派遣は現在のところ乏しい。 なぜなら葬儀は大手を除き、毎日安定した仕事がない=毎日葬儀を施行していない …

葬儀中にいびき?体を揺すったらとんでもないことに

葬儀中の遺族や親族は連日の疲れや接客対応で睡眠不足、その上ストレスも溜まってしまうようです。 しまいには具合が悪くなり倒れこんだりして葬儀中アクシデントにみまわれる事もあります。 突然のアクシデントい …

お葬式の流れから見えてくる葬儀スタッフの時間割とは

お葬式の流れと聞いただけで、それに答えられる人はどのくらいいるでしょうか? 葬儀に携わる葬儀スタッフさえきちんとした葬儀の流れ、葬儀の時間やマナー、葬儀用お花の種類、香典などお金に関連することまで説明 …

病院に引き取りに行ったら・・・あり得ない葬儀ハプニング

病院に引き取りに行ったらとんでもないハプニングが発生してしまいました。 これは私が過去に葬儀社に勤務仕立ての頃、初めてやらかしたハプニングの1コマを紹介します。 病院で大切な方が旅立つと、依頼を受けた …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント