エンスポ

吉高由里子が仲良し近藤春菜の1年後に返信されたメールに怯えるある言葉とは

投稿日:

吉高由里子は、NHKの朝ドラ「花子とアン」や「東京タラレバ娘」など、数多くのテレビや映画に出演している国民的女優である。

2018-4-11からテレビ、新水曜ドラマ「正義のセ」が放映される。

吉高由里子はバラエティー番組でも、自分の意見をズバズバいう怖いもの知らずの女性。

過去に行列で、合コンの「カラテカ入江」に対しても突然怒り出し、持っていたグラスを左利きの手で投げ捨てるといった事件を勃発。

さらに強面の竹内力に対しても「話している事も聞こえてこない」と発言。

また、あるテレビ収録中のスタジオ客席に向かって「なにしてんの?」と文句を言うほど、男気がこもった性格でもある。

Sponsored Link

吉高由里子にも、意外に小さなことに怯えている!?

そんな吉高由里子にも、

意外に小さなことに怯えているという。

テレビの行列番組で

芸人4人の息の合ったトークに感心する吉高由里子。

収録終了後「お疲れ様でした~」の合図に

散っていく男の集団に恐怖を覚えたという。

今まで仲良くトークをしていた芸人さんが、

一斉にバラバラと冷たく帰っていくのを見て、

本当の気持ちが理解できなかったらしい。

自分と同じゲストより、

レギュラー人4人の帰る速さには

吉高由里子は恐怖さえ感じていた。

通常、テレビ以外の映画やドラマでは、

多少の余韻は少しでも共有するものであるが、

挨拶もソコソコにして帰る芸人4人には理解不可能なご様子。

吉高由里子が仲良し近藤春菜

さらに吉高由里子は、

プライベートでも近藤春菜・森矢カンナらと仲が良く、

多い時は週4日も会っているほどの関係。

近藤春菜が朝のテレビでMCをつとめる事で、

なかなか会える機会がなくなって来た。

そこで吉高由里子は、

また誘いやすいように近藤春菜に忙しい時間帯を

アバウトに1年間メールで送るよう指示する。

そんな近藤春菜は

1年間ずっと吉高由里子にメールで

自分のスケジュールを送り続けていたという。

近藤春菜は丁度1年後、

メールで「本日をもちまして約束の1年が経ちましたのでこのメールを終わりにしたいと思います・・・」と

約束をキッチリ覚えていた事に吉高由里子は恐怖を覚える。

Sponsored Link

近藤春菜からすれば、内心1年間のスケジュールを送るようにと言われたときは

当初冗談かと思ったらしくいつ冗談を突っ込んでくるかと待っていた。

しかしスケジュールを送信するのはいつも近藤春菜ばかり。

吉高由里子は自分のスケジュールを近藤春菜には一度も送っていないなど、

全てが男前の意見のようだ。

そんな吉高由里子もまたテレビや映画の収録で忙しい日々が続くと思います。

さらなる素晴らしい演技をまた見せていただけるよう、今後の活躍を期待したいと思います。

-エンスポ

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安達祐実、セーラー服を着ても可愛すぎる

安達祐実、未だにセーラー服を着ても子役が似合う36歳の可愛い魅力とは

安達 祐実(あだち ゆみ) 1981年9月14日生まれ 旧姓、長谷川 祐実 2014年11月13日、指原莉乃・剛力彩芽・篠田麻里子などの 写真集を手掛けてきた人気カメラマン桑島智輝と再婚した36歳の女 …

大林素子はしゃぎ過ぎ女子バレーボール

大林素子 はしゃぎ過ぎ!? 女子バレーボール日本代表の作戦とは

大林素子は元女子バレーボール日本代表のエースアタッカー。 1967年6月15日生まれの50歳 現在は、スポーツキャスター・タレント・女優・モデルでもある。 その大林素子が今回、 女子バレーボールの大会 …

藤田ニコル“かわいいの神様”

藤田ニコル“かわいいの神様”本気度が大人にこちゅうを今なぜ激増している?

話題沸騰中のモデル藤田ニコル(20歳)は「かわいいの神様」 人間は本人が望めば何者にもなれる。 強い意志を持ち、夢や希望そして目標とするものに 視点がぶれない限りその成功に向かい続けられる。 藤田ニコ …

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて!全国のお母さんに教えたいスゴイ一言

若槻千夏は1984年5月28日生まれの今年34歳で2人の子を持つお母さん。元グラビアアイドルで現在はバラエティー番組に多数出演している。 そんな若槻千夏は、自分のお子さんが最近勉強に目覚め、個人的に勉 …

土屋太鳳「映画となりの怪物くん」

土屋太鳳 映画から“恋を意識する瞬間”の本音を暴露「となりの怪物くん」

土屋太鳳が映画内で演じる水谷雫は、「私にとって大切なのは勉強、それを阻むものは切り捨てる・・・」というガリ勉で冷血女子高生である。一方で予測不能の行動をし、「みんなから怖がられる・・・」という超問題児 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント