教育関連

今と昔の違い、こんなに変わった小学校の授業に好奇心が無くなったわけ

投稿日:2018年5月16日 更新日:

今と昔では、小学校の教育の中でも変化や違いが沢山出てきています。

小・中学校はノーチャイムが増えていたり、理科・社会の教科が生活科に変わり学習内容に違いが出てきていたりしています。

また、将来には教科書から坂本龍馬が消えるなど、学校教育の今と昔では大違い。

昔懐かしい缶切りや栓抜き、やかんに至るまで学校では教えてくれなくても、その存在すら今の子どもは知らないのです。

今回はそんな昔の小・中学校にあって、今の学校にはもうないものや変化したものなどを取り上げ、そこにどんな問題が発生するのかその違いをまとめてみました。

Sponsored Link

今と昔の違い、小学校の授業で理科・社会が生活科に変わったそのわけとは

小学校1・2年生は昔からあった理科と社会が合体し、今は生活科という新しい教科が誕生したことは皆さんもご存知の方も多いと思います。

学校の教科だけが変わっただけでなく、今の新しい教科で内容や考え方にも違いが出てきています。

今の生活科は、

植物を育てたり昆虫を飼育したりして理科知識を学ぶ授業

商店街を歩いて社会の仕組みを学ぶ授業

といった事で、大雑把な学校教科には昔との違いがあります。

ではなぜ昔からあった理科と社会が無くなったのでしょう。

今の小学校12年生は出来たか出来ないかの違いに関心がある!?

今と昔の違い、こんなに変わった小学校の授業

今の小学校1・2年生の年代では、出来たか出来ないかに興味があり、

何が飛べた?これが言える!という事に関心が強いのです。

昔からあった理科や社会は、分かるかわからないかと言う理解力の違いから

生活科に変わっていったのです。

理科というのは→自然的に起きるもの

社会というのは→人為的に起こすもの

という大きな違いがあります。

個人差はあるが、今も昔も小学校1・2年生まではそんなに区別がついていないことから、

曖昧なままこの2教科を教育されても吸収が遅いのです。

発達心理学的では、この小学校の10歳までは教科を区別しないで

生活科一本で教えて行った方が良いということです。

昔のカエル解剖からイカに変わったこの違い、今は好奇心がなくなってしまう。

Sponsored Link

昔の理科の授業では昆虫採集があり、小学生時代にはそれを得意とし学校で見せびらかしていたものです。それだけ好奇心を持たせやすい教科でもありました。

知識としてではなく体験や実験などから学ぶことが多かった理科の教科。

目から吸収する合理的な学習方法と、今の生活科で学ぶ方法では大きな違いが出てきてしまいます。

昔40代以上の人が経験してきた生きたカエルの解剖もそうですが残酷差さを理由とし、今の小学校や大学の解剖はイカに変わってきています。

今の中学校の解剖もイカの時代です。

しかし、カエルは「脊椎動物」イカは「無脊椎動物」なので、内臓構造の違いで可なり理解力も変化しているようです。

そんなことから、小学校で行う授業も今では好奇心がなくなって、昔と比べたらつまらない授業になってきているように思えます。

昔からあった理科だけは、今の小学校や中学校に通う子どもたちにもその好奇心をそそるような教育を残してもらいたかったですね。

-教育関連

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新元号「令和」の令という漢字は楷書体なのに明朝体!?

新元号「令和」の令という漢字は楷書体なのに明朝体!? マの形の令にしないでトラブル起きない?

平成31年4月に新元号「令和」が発表され、菅官房長官がメディアの前で表明した令和という漢字。 しかし、テレビを見ていて皆さんも「おやっ?」と違和感を覚えた方も多いのではないでしょうか。 新元号が発表さ …

一夜漬けで勉強している暗記方法

一夜漬けで勉強している暗記方法はテストの効果なし!将来に不安

新学期を迎え勉強もテストがあるだけに、その不安で悩んでいる学生の皆さんも多いと思います。 この時期はテスト前の為の勉強で、特に一夜漬けなど徹夜して暗記するといった辛い勉強をする必要はありませんよね。し …

教師と生徒の信頼関係。ブラック部活

教師と生徒の信頼関係。ブラック部活はブラック企業に通じるわけとは

今の時代、学校教育が危機に直面しています。2017-10ではいじめや学級崩壊。2017-4には長時間労働や休日返上などのブラック教員問題。 そして小学校での英語必修化や大学入学共通テストなど、これから …

中国地方に紛らわしく中国と使われて理由は何

中国地方に紛らわしく中国と使われて理由は何!?日本人も知らない中国の意味とは

中国国籍の方が日本に来訪したとき、中国地方という地名に「日本にも中国があるの?紛らわしくない!?」とよく言われます。 呼び名は同じだが、日本人でも「国の中国」と「中国地方の中国」の違いや意味を勘違いし …

水卜と三浦の漢字の違い、読み方は同じでも苗字の由来

水卜/三浦の漢字の違い、読み方は同じでも苗字の由来が凄かった!?

朝テレビを見ていると日本テレビアナウンサー水卜麻美の苗字「水卜」は「みうら」という読み方なのは皆さんもご存知ですよね。 しかし日本に来て未だ日の浅い海外留学生などは、通常の苗字「三浦」の読み方は知って …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント