葬儀関係

葬儀の失敗例から学ぶ、過剰サービスの問題点

投稿日:2018年2月5日 更新日:

葬儀には思わぬトラブルが発生します。

葬儀を準備する時間がない、1回限りの真剣勝負で、遺族の神経もピリピリしている。

だからこそ失敗は避けなければいけないのだが注意していても起こることはあるのです。

特に故人に対する気持ちは特別なもので、ぞんざいに扱ってはならず、またプロ意識で過剰サービスすることもタブーとされています。

あまりに取り扱い方が手際がいいとかえって「事務的だ」と非難を浴びることもあり、失敗は常に付き物だという事を意識で葬儀を進めなければなりません。

Sponsored Link

葬儀の失敗例から学ぶ、マニュアル通りには進まない意味

過剰サービスやマニュアル通りによる失敗例をいくつか上げてみると次のようなものがあります。

わけあって・・・というお体は通常の形をしていません。

首や喉に縄目の跡がが残っていたりする場合や、顔の部分が赤く膨らんでいたり、黒紫に変色している場合が多い。

こんな時納棺中「皆さんでどーぞ!」と言ったものならば、家族から「故人の人権を無視した」と激しく怒られる場合がある。

これは常にマニュアル通りにしかできない担当者だからです。

対策法としては事前に首回りを着ている服と同色な布等で隠しておく(施す)。

顔色が変わっていればプロに頼んで化粧してもらう。

お体はどのような状態か?遺族の思いは?と考えれば葬儀で失敗する事は避けられますね。

葬儀,失敗,過剰,サービス

葬儀の失敗、丁寧にやったつもりが大きなクレームに

次に、旅立たれてから余り時間も経っていない場合、身体はまだ温かい状態です。

本来は内臓から腐敗が始まりやすくドライアイスを施すのですが、ドライアイスは上から下に冷気が行くのでご自宅に安置する場合、

一番目にお体のお腹部分にドライアイスを載せます。

しかし遺族にとっては旅立たれたばかり・・・「まだ温かいのにドライアイスを置いた!」と怒り出します。

担当者の遺族に対する説明不足が招いた失敗例になります。

家族の死はなかなか認めがたい。

医師が判定しても身体が温かければ「まだ生きてる」と思いたがる。

そのような状態のの中では、ドライアイスを置くという当たり前の行為が遺族側からはあたかも残酷のように思われることがあるのです。

Sponsored Link

葬儀の失敗例から学ぶ、子供も大人も一緒では困る

小さい子供さんが旅立たれた時はもっと悲惨。母親はそのお体から離れません。葬儀社の担当ですらお体に触れさせませんから・・・。そんな時ドライアイスの一言でも発したらとんだ騒ぎになってしまいます。その場合は少し時間を空けてドライアイスの形がわからないよう薄い板状にするか、棒状に形を変えて施してあげるのです。大人と同じ扱い方では過剰サービスどころではありませんからね。皮膚も大人と違って薄く出来ているのでドライアイスの冷気で低温火傷をおこしかねません。

家族の不幸を認めて上げるのには多少の時間はかかる。当たり前の行為もマニュアル通りには行かない場合が多いこの葬儀業界。過剰サービスにならず、常に臨機応変の対応や慎重な処置を施して行きたいですね。

-葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読めない名前に苦労?葬儀社が悩む裏事情とは

読めない名前にとても苦労し、後悔する親御さんはどれだけいるでしょうか? 子供が出来た時、つける親は漢字の画数や意味を考えだけでも苦労してしまいますよね。 自分の子供が幼稚園に上がる時先生に覚えてもらい …

あり得ないトラブル

葬儀で絶対にありえないトラブル!遺体の取り違えを簡単に考えている葬儀社とは

葬儀業界ではあり得ないという言葉は基本中の基本。 これは、間違いを起こさない・取り返しがつかない・あってはならぬ、など同じ意味で解釈しています。 そんな中、葬儀の火葬であり得ないトラブルが発生していま …

病理・司法解剖で葬儀時間が遅れる?その理由とは

病理・司法解剖はよく検視とも呼ばれ、それにより葬儀開始が遅れてしまいます。 TVでもお分りかと思いますが、ほとんど事件性のある解剖ですよね。 病理解剖と司法解剖それぞれ同じ名前のようですが全く異なりま …

家族葬と言われたら

家族葬と言われたら?NGをくらった職場の上司

家族葬と言われたら、一般葬儀のように 「葬儀に参列すること」 「香典を出すこと」 「焼香すること」 「花輪生花やお供物を供えること」は一切受け入れてくれません。 家族葬は喪主や家族で決めた葬儀形態です …

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント