生活環境

広辞苑(辞書)の作り方に歯磨き粉&ホワイトチョコレートの材料が使われていた!?

投稿日:

知識人たる者、辞書や広辞苑やを読むのは当たり前!と

言われる程、未だに辞書の人気は絶えません。

そんな中、辞書と意外な関わりを持つのが

「歯磨き粉」「ホワイトチョコレート」です。

一見何の関係もなさそうですが、

広辞苑など辞書の作り方の過程で

「歯磨き粉」「ホワイトチョコレート」の材料が

不可欠という事実がわかりました。

「歯磨き粉」と「ホワイトチョコレート」が

広辞苑などの辞書の作り方にどう関係しているのか解説していきます。

Sponsored Link

広辞苑の辞書用紙に「歯磨き粉」&「ホワイトチョコレート」の材料が不可欠

広辞苑など辞書の作り方に際して、

「歯磨き粉」や「ホワイトチョコレート」にも使われている材料のお陰で、

辞書の紙は薄いのに透けないのです。

実際に「通常の紙」と広辞苑などの「辞書の紙」を比較してみると、

辞書用紙の方が透けません。

辞書紙の作り方で製造する工場「静岡県富士市の日本製紙パピリア原田工場」では、

紙の材料を混ぜる工程で食物繊維であるパルプに炭酸カルシウムや二酸化チタンを混ぜています。

炭酸カルシウムは、「歯磨き粉の研磨剤」に使われる物で、

二酸化チタンは「着色料」としてホワイトチョコレートに使われています。

(※商品によって異なる)

広辞苑(辞書)の作り方に歯磨き粉&ホワイトチョコレート

広辞苑など辞書の作り方の中で、

この「炭酸カルシウム」と「二酸化チタン」によって

薄くても透けない辞書用紙を作り出しています。

これは、紙の成分に粒子の細かい材料を混ぜる事で

密度が高まり光の乱反射透けにくくなるのです。

現在の広辞苑が作れるのはこの技術のお陰で、

片手で持ち運び出来るよう考慮されているため、

辞書の厚さも8㎝以内に収めるという決まりになっています。

掲載される項目:初版で約20万 → 第7版で約25

ペ ー ジ 数:初版  P2359  → 第7版  P3188

広辞苑の厚さ :初版 ~第7版 → 8㎝と変わらず

と、初版から現在まで掲載される言葉やページ数が増えても、

広辞苑の厚さを守るために紙を薄くし進化させてきました。

Sponsored Link

通常のコピー用紙でこの広辞苑と同じページ数を再現すると、

コピー用紙の場合の厚さは15㎝にまでなってしまい、

分厚過ぎて到底持ち運びは困難になってしまいます。

 

常に何げなく扱っている広辞苑などの辞書。

時代が変わるごとに年々広辞苑のページ数も増え

便利になっていく一方で、

その陰には辞書の作り方に相当の努力が見られますね。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水虫の感染防止策

水虫の感染防止策!足の洗い方だけでも水虫菌がなくなるうつらない対策とは

水虫とはそもそも「白癬菌(はくせんきん)」という水虫菌が足の裏などに付着することで発症します。特に、高温多湿な梅雨の時期になると活発になりこの嫌な水虫菌が増殖し始めるのです。 水虫の症状としては、足の …

仕事ストレスで睡眠不足、寿命が短くなるリスクとは

睡眠不足が原因で寿命が短くなる人口が年々増えており、仕事ストレスの影響から睡眠不足になる場合もあります。 特に日本人女性はこの睡眠不足で悩み、いろいろな病気になるリスクが高くなると言われており深刻な問 …

カビが好む繁殖場所を一気に掃除撃退する方法

カビ撃退にはこれだけやれば完璧!!台所など繁殖場所を一気に掃除撃退する方法

梅雨の時期、風邪が治ったはずなのに咳が止まらない。花粉症の季節は過ぎたのに鼻水が止まらない・・・なんてありませんか?この咳や鼻水は、これからの季節に急増するカビが原因なのです。 更に恐ろしいのは、毎年 …

一人暮らし風呂掃除

一人暮らしの風呂掃除、毎日ピカピカに保つその頻度とは?

一人暮らしの風呂掃除は毎日やるのは大変です。特に一人暮らしをしていると風呂場や洗面台まで掃除してもキレイに保つことは困難。 風呂掃除の頻度も毎日ではなく週一とかになってしまいます。 一人暮らしの男から …

公園で遊ぶ子どもを犯罪から守ってあげよう

公園の犯罪防止対策!子どもを不審者から守れるちょっとした工夫とは

公園は子供の遊びや憩いの場としてとても必要不可欠な場所です。 都心でも公園というと子どもが遊ぶ唯一の楽しみの場所となり、公園に行けば友達の誰かに会えると、子ども一人でも気軽に出かけられます。 そんな公 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント