教育関連

子供や自分の才能を伸ばす最大の近道は簡単!一流になる為のポイントとは

投稿日:2018年7月21日 更新日:

現代では、将来の夢を持っていない子供たちも多いようです。

自分の子供が社会に出てこれから何をしていいかわからない場合があります。

そんな時あなたが子供の親だったら何をしてあげられますか。

才能を持っていない人は誰も居ません。

ただその才能を「自分で」見つけられるかどうかは別物。

実は、子供や自分の才能を伸ばす最大の近道は簡単なのです。

今回はそんな子供や自分の才能をどうやったら伸ばせるのか、また一流になる為には第一歩として何をしたらいいのかをまとめてみました。

Sponsored Link

子供の才能の伸ばす方法:自分で考えさせる

あなたの私生活の中でこんな経験したことありませんか。

『パパ!数学のココわからないから教えて・・・』と自分の子どもから数学の計算式を質問された時、「ココとココを足して2で割ればいいんだよ!」と答えていませんか。

これは間違いで、子どもは数学などわからない時に直ぐに聞くのではなく、先ず自分で考えさせる事が大事になります。

学校でいう先生は一番偉く、先生が言った事をいくら自分でやろうとしても出来ない子供もいます。

例えばある野球選手は、投網を川に扇の様に綺麗に投げるように・・・とバッティングの極意を教わっても、それを理解しようとしても出来ないものは出来ないのです。

そこで「スイマセン!私には出来ないのでほっといて下さい!」と反抗した野球選手は素晴らしい成績や歴史を残してきました。

才能を伸ばすには自分で考える事が基本となり、遣ってできない時は諦めず、自分で次の方法を考える事で一流の人間になれるのです。

子供や自分の才能を伸ばす最大の近道

子供の才能の伸ばす方法:もしも自分で考えて失敗したら?

もし誰かの命令などを無視して、自分で考えて行動したあげく失敗した場合はどうしたらいいのでしょうか。

失敗はいくらしてもいいのです。

成功ばかりしている子供はいません。

子供でも大人でも自分で考えて行動したことが失敗したら「何が悪かったのか」をそこで考えてまた遣ればいいのです。

何の例えでも、「遣らないで後悔するのなら、遣って先に進んでいくのが人間の生き方」だと思います。

野球選手のノックでの練習方法に、その選手の能力の「30㎝向こう」にわざわざボールを打って、拾わせるという練習方法があります。

1日に1㎝でも2㎝でも守備範囲を広げる事によって、野球選手の守備才能を伸ばすことが出来るのです。

子供や自分の才能を伸ばす最大の近道

子供の才能の伸ばす方法:一流になるための第一歩は先ずマネをしろ

子供の才能の伸ばす方法で、最終的に一流になる為には、スポーツだったら形から入ったり、覚悟を決めたり、真っすぐ歩くことから始めるという事も大事です。

特にスポーツでは、真っすぐ歩いているつもりでも三半規管や平衡感覚など重要です。

自分は真っすぐ歩いているつもりでも、とんでもない所へ行ってしまったりするのでそこから直していかなければいけません。

子供の才能の伸ばす事で、一流になるための第一歩は「勉強」「スポーツ」はたまた「ネットビジネス」でも「人の真似をする!」ことが近道となります。

過去に優秀になった子供や、成果を出した人などには「教材」がたくさん詰まっているのです。

それをどうやって自分の中に落とし込んで行って答えを出してやってみるか。

その上で違っていたらまた別なものを入れて行けば良い訳ですから、先ずは真似から入っていくことです。

子供や自分の才能を伸ばす最大の近道

子供の才能の伸ばす方法:子供や出来た人間を褒める事は大事か!?

子供の才能を伸ばす為に、親や先生は決して褒めてはいけません。

親や先生が思っている事をキチンと遣ったということは「想定内」のことです。

想定内のことを褒めると、子どもの先が無くなってしまうのです。

子供や生徒にとって「褒められない」=「認めてくれている」ということを理解させなければいけません。

よくプロ野球は職業野球としてプロ意識を持って技術を向上させるべきであり、選手の年俸も本来なら選手なりに拘らなければいけない。

野球選手も才能を伸ばすために、自分できちんとした値を付けて商品価値を高めなければ一流とは言えないのです。

最近は自分に値を付けないで契約している選手は非常に多いと思いませんか。

それだけ自分達に「自信がない」または「出る杭は打たれる」と希望する年俸を公表すると周りから叩かれてしまうという不安から穏便に過ごしてしまう選手も多いのでしょう。

しかしプロはそれではダメなのです!

子供の才能を伸ばす方法:人を指導する時のポイント

ミスは叱らないで手抜きは叱る

あなたは自分の子供との会話でこんな経験したことありませんか。

自分の子どもが、学校から返ってきたテストプリントを見て『60点?何でこんなに点数悪いの!?』とテストの点数だけを見てただ叱ったりしていませんか。

ここで重要なのは、その原因が「ミスなのか?」「手抜きなのか?」

一生懸命やった時のミスや失敗は仕方ないのです。

しかし、ミスも子供の才能を伸ばすチャンスなのです。

ミスをした時、ただ叱るのではなく「なぜ失敗したのか?」を考えるように導いてあげましょう。

でも「手を抜いて」勉強をしないで出来る事を遣らなかった時は子供を叱るべきです。

手抜きを放置してしまうと失敗を無駄に繰り返すことになり、子供の才能を伸ばすことは出来ません。

子供や自分の才能を伸ばす最大の近道

自分の考えを伝える

職場で上司が部下に業務命令で伝えたかったことが部下に全く伝わっておらず、客先に失礼にあたる結果となってしまったという経験はありませんか。

こんな時など、自分の伝えたいことを部下に理解してもらうには、「自分が伝えたいことを話した後に、部下にもう一度言わせてみる」という事です。

子供や職場の部下などは、案外聞いたふりしているだけの人もいます。

もしあなたが上司の立場で部下などに常に「もう一度言わせる」という事をしていると、部下たちは一字一句漏らさないように聞くようになってきます。

これが手っ取り早い方法であり、ミスも少なくなります。

Sponsored Link

夢を持っていない自分の子供に才能を伸ばす方法

最近では、将来の夢を持たず平凡な会社勤めに進んでいく子供たちも多いのですが、

自分の子供がこれから何をしていいかわからないでは困ります。

才能を持っていない子供は一人も居ません。

しかし周りから見ている親御さんや先生が、

あなたはこんな才能を持っているのでは・・・」と子供に見つけ、

才能を伸ばしてあげるのが良い方法です。

 

-教育関連

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

公園で遊ぶ子どもを犯罪から守ってあげよう

公園の犯罪防止対策!子どもを不審者から守れるちょっとした工夫とは

公園は子供の遊びや憩いの場としてとても必要不可欠な場所です。 都心でも公園というと子どもが遊ぶ唯一の楽しみの場所となり、公園に行けば友達の誰かに会えると、子ども一人でも気軽に出かけられます。 そんな公 …

学校教育で小学校が大きく変わる

学校教育で小学校が大きく変わる!? 2020年子供が大変になる授業とは

学校教育の中で小学校から中学と、義務教育も時代と共に変化してきています。 日本が抱える問題の中で教育は何となく知っているつもりでもよくわからない所がありますよね。 知らず知らずのうちに歩んできた教育は …

脳をだます

脳をだますことでグ~ンと効果UP方法。幸せダイエットや勉強も・・・

脳をだますということで最近ではダイエットや勉強方法に役立つことが話題になっています。 脳はこんなにも単純であるならば、かなり面白い方法です。 どこまで脳をだますことができるのでしょうか。とても気になる …

お年玉で子供にお金の使い方を教育

お年玉で子供にお金の使い方を教育すべき!大人になって失敗しない金銭感覚

子どもがお金の使い方がわからないといった社会現象になっていると言っても過言ではないくらい、現代の子供はお金の感覚がとても疎いように感じます。 子どもが大人になってお金で大きな失敗をした時、どう対処して …

一夜漬けで勉強している暗記方法

一夜漬けで勉強している暗記方法はテストの効果なし!将来に不安

新学期を迎え勉強もテストがあるだけに、その不安で悩んでいる学生の皆さんも多いと思います。 この時期はテスト前の為の勉強で、特に一夜漬けなど徹夜して暗記するといった辛い勉強をする必要はありませんよね。し …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント