病気事故 葬儀関係

流産・死産、知っておこう葬儀の手法

投稿日:2018年2月6日 更新日:

流産死産の場合の葬儀は特殊です。

普通の葬儀と違い葬儀の流れや準備品は大きく変わります。

葬儀社にとっては一番気遣いが重要な行事です。

はじめて小さな命を宿した母親はどんなに嬉しいでしょうか。

しかし親の期待に答える事もなく旅立ってしまう虚しさは計り知れません。

Sponsored Link

流産、死産の違いとは

初めに流産と死産の違いですが、妊娠12~22週未満を流産といい死産届を出しますが戸籍には載りません。

一方妊娠22週以降を死産といい出生届と死産届を出すことにより戸籍に残ります。

わかりやすく言えば、22週目を1つの区切りにしているわけです。

死産や流産の場合、本当に難しい死別の弔いになってしまいます。

 

流産、死産の葬儀の違いとは

一般の葬儀と違い、死産の場合など柩は基本葬儀社で準備しますが、たまに「病院で準備します・・・」と言われることがあります。

誤解を招くようですが、これは病院側で直接胎児を柩に入れて頂くので、胎児が旅立たれると病院から直接葬儀社に連絡が入りその時に柩を病院に届ける仕組みからそう言われるためです。

あくまでも間違っても病院ではストックしていないと思います。

家族側で柩を準備しなければならない場合は、先ず胎児の大きさにより判別しなければなりません。

柩は一般感覚だと木箱をイメージすると思いますが、今はピンキリでいろいろなものが販売されています。

特に大人の様にがっちりとした柩は不要です。

主に小さな篭状なものがベストかと思います。

抱っこして軽くモテるシンプルな形状が宜しいです。

流産死産

流産、死産の葬儀での気を付けたいその扱い方法とは

よく火葬するまでの間、お体の変色を防ぐためドライアイスを準備・・・とありますがこれは必要ないと思います。

柩も小さいし胎児の内臓も育ってないので、家庭用のクールラップぐらいのものを1つ有れば十分かと思います。

火葬する場合ですが、先ず死産した事を役所に届けなければいけません。

流産死産の場合、役所の窓口に行き火葬許可を取るために死産届を提出します。

必要事項を書くと火葬許可証が交付されます。

火葬場の予約は、葬儀社で遣って頂けますので、時間が来れば車で出発です。

火葬場に行く車輌ですが、マイカーで結構です。

但し注意してほしいのが母親は通常行きません(正しくは行かせない・・)。

父親が胎児(柩)を両手で持っていただくわけですから、運転はどなたか身内の方にお願いしてください。

葬儀社側が利益確保のために霊柩車などと言われたら断って結構です。

次に、火葬場からのお骨を持って帰るための骨壺が必要となります。

これは一番小さいもので十分です。

詳しく説明すると、火葬場では火葬してお骨が残るかどうかが疑問です。

イメージでは魚の骨くらい残ればいいわけです。

またお骨が出ない場合は、お骨の代わりに骨粉を骨壺に入れてもらえます。

流産死産

流産、死産の火葬方法にも、実は目に見えない努力があった

火葬場側では、そういったお骨をいかに出すか努力するものがあります。

それは胎児を火葬する前に、柩から胎児のみを火葬台に直接お乗せしますので、柩やタオル類などは一緒には火葬しません。

もし同時に火葬すると、棺箱(柩)の釘やプラスチックが溶けたカスなどが混じり汚くなってしまい、お骨の判別が付きずらくなってしまうからです。

ですので火葬場に向かうまでの間は不用意な物は入れない方が安全です。

お骨(骨上げ)が出来たら、事前に予約していた菩提寺にお願いして供養し、納骨をしましょう。

この時から母親の体調が良ければ出席可能です。

先祖のお墓なら問題ないのですが、先祖も無くお墓が無い場合はお寺の本堂で預かってもらえます。

安置方法は直接お寺様と打合せください。

Sponsored Link

以上までが簡単な流れでしたが、流産死産にせよ、急にお子さんが旅立たれた時、母親は凄く不安な状況ですので父親は極力母親(妻)の傍から離れないであげて欲しいと思います。

自分たちの子供が生まれて来れなかった辛さの中、非常にショックを与えられています。母体にも非常にダメージがある中、家族としての絆を考え母親の体を優先に気遣って上げる事が大事になります。

葬儀社担当者もそこら辺を理解したうえで家族にお話になりますが、無理難題の事や不安要素、そして二者択一みたいな話し方された場合は、残酷な事になりますので、クレームとして訴えて頂いて結構だと思います。

そして初めての経験で解らないことだらけの場合は遠慮なく質問する事も可能です。万一の時は、現場を知っている葬儀担当者を利用する事をおススメしたいです。是非参考にしていただきたい。

-病気事故, 葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水難事故にあったら・・・葬儀社の最も難しい扱いとは

水難事故は思いがけない事故の一つとして取り上げられています。 海川における水難事故を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 しかし日本人の水難事故は最も多い不慮の事故として自宅の風呂という思いがけ …

葬儀の受付で香典を確認する行為はマナー違反?葬儀の裏事情とは

葬儀会館の受付では葬儀社が受付係を代行し、香典の中身を瞬時に確認するといった作業があります。 香典の中身(お金)が入っているかどうかの確認ですが、それはマナー違反になるかどうかあなたにはわかりますか? …

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

葬儀中足がしびれて立てない?ジンジンしびれて痛い時の対処法

葬儀中足がしびれて立てない!!と、正座した後足がジンジンとしびれて痛くなった経験ありませんか? 葬儀での長時間正座、遺族親族の順で焼香する場合、足がしびれてどうしようもないことが多々あると思います。 …

病理・司法解剖で葬儀時間が遅れる?その理由とは

病理・司法解剖はよく検視とも呼ばれ、それにより葬儀開始が遅れてしまいます。 TVでもお分りかと思いますが、ほとんど事件性のある解剖ですよね。 病理解剖と司法解剖それぞれ同じ名前のようですが全く異なりま …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント