健康管理

風邪を引いたら食事は摂らないほうが良い!? 昔と今の驚く健康常識の違い

投稿日:

今年2018年の夏は全国的に記録的な猛暑にみまわれ、やっと涼しくなったかと思えば、極端に寒い日が訪れ、風邪を引きやすい環境に変わってしまいました。

昔の健康常識では、よく風邪を引いた時は食事を摂らないと元気になれないと言われてきましたね。

しかし、今の健康常識では風邪を引いて食欲が無いときはむしろ食べない方が良いのです。

昔からの謂れで結構無理して食べていましたよね。

でもそれは一体なぜなのでしょうか。

Sponsored Link

 「風邪」に関する昔と今の健康常識の違いとは

昔は風邪を治すため、体力を蓄える為に食事をとった方が早く治ると幼少期の頃からずっと言われ続けてきました。

最近の研究では、風邪で食欲が無くなった状態というのは、実は脳が指令を出して敢えて食欲をなくしているということがわかってきました。

風邪を引く ➡ 脳が指令 ➡ 食欲を抑える

どういうことかと言うと、

先ず、風邪を引くと胃や腸などの臓器に、脳からウィルスを退治する免疫細胞を増やしてくれと指令を出します。

風邪を引いたら食事は摂らないほうが良い

すると胃や腸などの臓器はそれまで遣っていた活動を止めて、免疫細胞を増やすことを最優先に活動を行うのです。

こうして風邪は治っていくのですが、しかし私達が風邪をひく度に食事をとってしまうと胃や腸は免疫細胞を増やす役割よりも、消化活動をしなければいけなくなり免疫細胞を増やせなくなってしまいます。

その結果風邪の治りが悪くなってしまうのです。

風邪を引いたら食事は摂らないほうが良い

その為、風邪を早く治すためには消化活動を抑えてあげることの方が重要です。

もし数日間何も食べなくてもウィルスが死滅すれば、自然と体力は回復し食欲も戻るので、風邪を引いた時は無理して食べる必要はないのです。

風邪を引いたら本当に食事は摂らないほうがいいのか!?

皆さんは今までしたことが絶対に正しいと思いがちですよね。

本当に何も食べなくても良いのか・・・ということが一番気になるところです。

風邪を引いたら食事は摂らないほうが良い

但し、発熱を伴う場合下痢をしている場合は、脱水症状を伴うことが多いので、その点は水分の補給だけは小まめにとる必要があります

特にミネラルを多く含むスポーツドリンクなどがおススメです。

(東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身先生)

Sponsored Link

最近では新しい研究結果が発表され、

風邪を治すための常識も年々変化してきています。

皆さんも新しい情報を参考にし

試してみるのも良いかも知れませんね。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

血液型ダイエットの信憑性はない!

血液型ダイエットの信憑性はない!新発見の中で血液型が及ぼす影響とは

近い将来血液型で革命的な事が実現しそうです。それはアメリカの「サイエンス・デイリー」から、全ての血液型をO型に変え、輸血を可能にする「万能血液」の実現が近づく!?といった情報が出てきました。 これは、 …

たばこやめられない

タバコやめたい!?脳をだます方法でグ~ンと効果UP

タバコをやめたい!でもやめられない。 タバコをやめたいがやめた事でストレスになったり、今までタバコを吸う楽しみが減ったりする。 なんて理由づけにしていませんか。 タバコは体に悪いとわかっていても何かき …

ミニトマトをプチトマトっていう呼び方は間違い

ミニトマトをプチトマトっていう呼び方は間違い!!ミニトマトの正しい知識とは

各地のスーパーに行くと今が旬の大きなトマトや小さなミニトマトがたくさん並んでいます。ところで皆さんは小さなトマトのことを通常何という呼び方していますか。 街角でアンケートを取るとプチトマト26%、ミニ …

ストレスに強くなる

ストレスに強くなる!?これだけはやってほしい簡単な解消法

ストレスに強くなる簡単な解消法とは ストレスには仕事ストレス、育児ストレス、金銭ストレス、精神的ストレスと様々なものがあります。ストレスのランキングでは精神的なのがダントツです。 自分はストレスに強く …

血圧急上昇で突然死の危険性:夜編

血圧急上昇で突然死の危険性!?夜の血圧が正常でも危ない5つの原因とは(3/3)

これまで生活環境や食事の面から考えても、 血圧を急上昇させてしまう行動など考えてきませんでした。 血圧急上昇は早朝の家事や昼間の仕事に限らず、 冬の季節は夜の自由時間帯でも突然死する危険性があります。 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント