健康管理

鼻をほじる癖がある人は要注意!肺炎球菌は接触感染する!?

投稿日:

鼻をほじる癖がやめられない人は、これを聞いたらやめたくなるかもしれません。

よく鼻をほじる癖のある人は常に自分の手が鼻の位置にあり、

街中で声を掛けようと思っていても、こちら側が恥ずかしくなって声を掛けられなかったという経験はありませんか?

また、自分の子供に「鼻をほじらないで!」といくら注意しても鼻をほじる癖が治らず、

イライラしている親御さんも多いと思います。

実は、直接手で鼻をほじる癖のある人は肺炎を引き起こす可能性があると最近の論文で発表されました。

Sponsored Link

鼻をほじる癖がある人は要注意!肺炎球菌は接触感染する!?

これまでは、肺炎は患者の咳やくしゃみなど唾液から感染していくというのが主でしたが、

それに伴って肺炎球菌は接触感染も証明されているのです。

汚い物を触った手で鼻ほじるという癖のある人は、鼻の奥の粘膜に触れて感染するというもの。

 

鼻をほじる癖がある人は要注意

欧州呼吸器学会誌(European Respiratory Journal)に掲載された研究の中で、

肺炎球菌を手や指に塗布し、日常的に鼻に近づける行動を実験してみました。

「濡れた手を鼻に近づけ、息を吸い込む」

「乾いた手を鼻に近づけ、息を吸い込む」

「濡れた手の指先を、鼻の孔に入れる」

「乾いた手の指先を、鼻の孔に入れる」

この実験から「濡れた状況」で触った方が、感染率が高い事が証明されたのです。

Sponsored Link

肺炎で命を落とす5歳未満の乳幼児は世界でなんと年間推定130万人もおり、

子供たちに鼻をほじるな!鼻を触るな!と言ってもなかなか無理があります。

しかしそれでも手洗いは必ず行って、スマホやおもちゃなど表面を洗浄しておけば、

菌の感染拡大を抑制し、感染リスクを減らせる可能性が高くなるのです。

この研究結果から、これからは主に幼い子を持つ親御さんに生かしてもらいたいですね。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美肌に効く食べ物!30代~40代でも遅くない

美肌に効く食べ物!30代~40代でも遅くない年齢別で効果が変わる美肌術

肌の老化スピードの8割は浴びた紫外線の量で決まるといわれています。 美肌ケアで一番大事なのはUVケアなのです。 見た目美肌の老化スピードを決定する8割方は浴びた紫外線の量で決まってしまいます。 あくま …

認知症予防しながら長生きする方法

認知症予防しながら長生きする方法!体型も小太りの方が長生きできる事実とは

平均寿命が80歳から100歳と延び、人生100年時代が到来すると言われている世界一の長寿国日本。確かに人生100歳まで生きれれば楽しいかも知れませんが、人間長生きする時一番怖いのは年をとってから認知症 …

花粉症,症状

花粉症対策とその症状、実はペットが花粉の運び役だった

花粉症の時期になるとその症状は様々です。特に一番多い症状として目がかゆい・くしゃみと鼻水が出るなど、重症患者はとても辛い時期を迎えます。その上どこでもティッシュペーパー持参、あげくの果てに1箱すぐ無く …

歩くことで認知症予防などの効果が期待できる

歩くことで認知症予防などの効果が期待できる!?1日の歩数をズバリ解説

2017年東京都健康長寿医療センターがある興味深い研究結果を発表しました。それによると65歳以上の高齢者5000人を対象に15年以上にわたり1日に歩く数と病気の因果関係を調査したもの。その研究結果から …

コンプレックスを一気に乗り越え強みに変える、悩み多き女性の解消法

コンプレックスを一気に乗り越え強みに変える、悩み多き女性の解消法とは

特に女性の皆さんはお尻の大きさや胸の大きさ、足についた脂肪などコンプレックスで悩んでいませんか? もしかしたらそんな悩みも一気に乗り越え、強みに変えられるかも知れません。 女性の悩みに多いこのコンプレ …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント