生活環境

その年賀状の書き方間違ってない!?新年から間違いたくない正しい書き方とは

投稿日:2019年12月28日 更新日:

今度のお正月は令和になってからの最初のお正月を迎え、正月の準備で慌ただしい年末をお過ごしかと思います。

新年を迎えるにあたって忘れてはいけないものに年賀状の準備が有ります。

最近では手書きの年賀状からLINEなどを中心としたSNSで新年のご挨拶をしてしまう方も多いことでしょう。

しかしどちらにせよ、この年賀状の書き方で多くの方が知らず知らずのうちにお正月に相応しくない間違った言葉を使っています。

そこで今回は、新年から間違いたくない、目上の方に出しても失礼に当たらない正しい年賀状の書き方を紹介したいと思います。

Sponsored Link

年賀状の書き方で特に多くの方が知らずのうちに使ってしまっている間違いの多い言葉を、一枚の年賀状に集約してみると次のような年賀状が出来上がります。

一見どこでも見るような年賀状ですが、間違いは5か所あります。

その年賀状の書き方間違ってない!?

年賀状の書き方の間違いはどこに!?

目上の人に送る際の年賀状に「賀正」「迎春」は間違い!?

その年賀状の書き方間違ってない!?

多くの方々が選んでしまっている「賀正」という年賀状を、目上の人に送る場合は間違いとされています。

皆さんがよく目にする市販の年賀状には「賀正」・「謹賀新年」・「迎春」などがありますが、目上の方に送る年賀状で正しいのは「謹賀新年」だけです。

その理由として、「賀新年」の「」という字は「相手を敬う」という意味があり、「賀正」には相手を敬うという意味が入っていないために年賀状の書き方では間違いとされています。

そもそも「賀正」は「恭」の略字。

」という文字が相手を敬う意味に当るため、年賀状の書き方では恭賀新生」まで書いた方が良いとされています。

相手を敬う言葉を省略している「賀正」や「迎春」の年賀状は、目上の方に対して失礼になってしまいますので絶対に使わないよう注意が必要です。

謹賀新年恭賀新生の年賀状を使用しましょう。

年賀状の作法・・・「新年あけまして・・・」という書き方は大間違い!?

その年賀状の書き方間違ってない!?

よく年賀状やTVでも「新年あけましておめでとうございます」という挨拶をよくしていますが、実はこれ、間違った書き方なのです。

この理由として「あけまして」という書き方、あけたのは旧年であって新年ではないからです。

日本語として間違っているのでこれは正しくない年賀状の書き方なのです。

市販されている年賀状を参考にしてみても、

  • 謹んで新年のお慶びを申し上げます
  • 新年おめでとうございます

など「新年あけましておめでとうございます」とは書いていないのです。

TVの正月番組で「新年!あけまして!おめでとうございま~す!」とよく聞かれていますが、決して年賀状だけには日本語の間違いなど起さないよう気を付けましょう。

去年の「去」は間違い!

その年賀状の書き方間違ってない!?

年賀状に多く使われている「去年」という言葉は使用してはいけません。

その理由として、「」という字には「死」「る」という意味があり、不吉な事を連想させ余り縁起の良い言葉ではないからです。

その年賀状の書き方間違ってない!?

この他に、間違いではないけれど年賀状の挨拶文面の中に、縁起でもない言葉に」「などを使っている方も多く見受けられます。

  • 引っ越して離れ離れになってしまい・・・
  • 負けないよう頑張りましょう・・・

など、「負ける」や「離れる」は年賀状に相応しくない言葉とされていますので、前の年の話題を表現する場合は

「去年」➡「昨年」「旧年」

という言葉に改めましょう。

年賀状に「1月1日元旦」と両方書くのは間違い!

その年賀状の書き方間違ってない!?

年賀状の最後に「1月1日 元旦」という書き方は間違いです。

この理由として、

元旦」➡「1月1日の朝

という意味で、「1月1日元旦」と重複した書き方になってしまうので、正しい年賀状の書き方は

  • 2020年元旦
  • 2020年1月1日

このどちらか1つで表現しましょう。

因みに、年賀状に西暦2020年という書き方は、わざわざ漢字に変更したりする必要はありません。

ですが、文章は縦書きなのに2020だけを横にして書く年賀状は間違いとされていますので注意が必要ですよ。

。や、など句読点は年賀状の書き方には間違い!?

その年賀状の書き方間違ってない!?

その理由として、「あけましておめでとうございます」の「」や「」などの句読点を付けることは、終わりや区切りを意味しており、前向きではないことから間違いとされています。

年賀状の書き方ではこのは文面全部に付けない方がよく、更に」「!!などの感嘆符句読点同様、付けることで間違いとされてしまいます。

Sponsored Link

毎年様々な方や、友人知人とやりとりする年賀状。

いつの間にか多くの人達が間違った表現や言葉を使い、

それが当たり前になってしまっているこの世の中です。

年賀状はお正月に相応しい正しい日本語で表現して行きたいものですね。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パワハラ上司を訴えたい!我慢しない対策法ってあるの?

パワハラ上司からの被害に毎日悩まされている・・・会社に相談する勇気や相談する友人もいない、訴えた事によってパワハラ上司から仕返しされるのが怖い。 会社は辞めたくないけど我慢に限界が・・・など、毎日のよ …

風邪がうつらない予防対策 医者や一流の人もやっている

医者はなぜ風邪がうつらない!?即効で誰にでも出来る風邪予防対策とは

冬の季節休日も多く風邪を引いてしまったらどこにも行けず悲しくなりますよね。人間は一生の内に200回風邪を引くと言われています。 しかし医者や弁護士など一流の人はそんなに休んでいる暇はありません。例え風 …

公園で遊ぶ子どもを犯罪から守ってあげよう

公園の犯罪防止対策!子どもを不審者から守れるちょっとした工夫とは

公園は子供の遊びや憩いの場としてとても必要不可欠な場所です。 都心でも公園というと子どもが遊ぶ唯一の楽しみの場所となり、公園に行けば友達の誰かに会えると、子ども一人でも気軽に出かけられます。 そんな公 …

初対面の人との会話が続かない?親しくない人との話し方のコツ

初対面の人との会話が続かない!?親しくない人との話し方のコツ3選

初対面の人との会話が続かなくて、何を話していいかわからない場合ってよくあると思います。 ゴミ出しなどで親しくない人との会話、バス停やエレベーターの中で2人っきりになった時などの会話、一体何を話していい …

ショートケーキ物語、意外にもショートとはこんな意味

苺のショートケーキだけなぜ「ショート」というの!?意味や由来は不二家が握っていた

日本ではケーキ屋さんに行くとチョコレートを使ったケーキはチョコレートケーキ、チーズを使ったケーキは同じくチーズケーキというそのままの名前で売られています。 しかし、イチゴがのったケーキは「イチゴケーキ …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント