エンスポ

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて!全国のお母さんに教えたいスゴイ一言

投稿日:

若槻千夏は1984年5月28日生まれの今年34歳で2人の子を持つお母さん。元グラビアアイドルで現在はバラエティー番組に多数出演している。

そんな若槻千夏は、自分のお子さんが最近勉強に目覚め、個人的に勉強指導方法について悩みを抱えているという。

実は、我が子の学習能力アップから、親御さんとしての立場上子どもから勉強教えて!と質問されて答えなきゃと常に悩み続けている。

若槻千夏の頭脳は、皆さんもご承知の通り頭脳万能・・・しかしいくら世の中のお母さんが頭良くても、肝心な所で自分の子どもから勉強教えて!と言われ答えられない時ってよく悩みます。

Sponsored Link

そんな場合、どうやって子どもに応えていけばいいのでしょうか。

若槻千夏もそうですが、勉強のことで子どもにバカにされないでごまかす良い方法。

その上、子どもにお母さんの勉強能力がバレないような応え方はあるのでしょうか。

 

若槻千夏は子どもから「勉強教えて」と言われて答えられない悩みとは

若槻千夏は6歳の我が子が成長し「勉強教えて!」と言われ、

どうしても答えられない時の対応で悩み続けその解決法を模索していました。

この場合、どう回避して行けるのでしょうか。

認知科学評論家:中野信子先生が若槻千夏の悩みに

大変スゴイ勉強解決法を回答をしていたことがわかりました。

 

子どもの勉強質問には、逆に質問をするほうがよい!?

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて

勉強中、子どもから「お母さん勉強教えて!」と言われた場合は言い方を変えましょう。

子どもに逆に質問をする言い方で

お母さんが子どもに対し「お母さんに勉強教えて!・・・」と質問するのが一番良い悩み解決法です。

じつは、お母さんは教師ではなく子どもの勉強の進行管理役ファシリテーターなのです。子どもにお母さんに勉強教えてということで、子どもの学習がより深まると言われています。

実際にシュリーファーという物理学者がおり、幼少時期からずっとお母さんから「お母さんに教えて・・・」と大学生の時期まで言われ続けてきました。

その結果、お母さんはもう我が子の勉強を理解できるような状態でなくなってきていたが、後に彼はノーベル物理学賞を受賞したといわれています。

それはどういうことかというと、人間は、教えられるより教える方が記憶の定着が強いのでその効果を促す方法が最適だといいます。

若槻千夏のように、お母さんはあまり頭良すぎない方がいいのです。子どもを持つ全国のお母さんにおススメしたいスゴイ一言になりました。

若槻千夏もこの勉強活用術の一言については絶賛しています。是非、これから活用して頂きたいと思います。

-エンスポ

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芸能人の訃報、知らなかったじゃ済まされない裏事情

芸能人の訃報や速報。2月5日早朝、元フジTVアナウンサー有賀さつきが旅立たれていたことが速報で流れた。日本中の有賀さつきファンや芸能人たちも大きなショックを与えたに違いない。 年齢的も52歳という若さ …

さんまと大竹しのぶ共演、キライナヒトをデュエットで歌う

さんまと大竹しのぶの歌「キライナヒト」デュエット中に乃木坂46が感動の涙

今から32年前1986年「男女7人夏物語」の共演がきっかけで結婚したさんまと大竹しのぶ、当時の年齢は明石家さんまは31歳、大竹しのぶは29歳の若さ。大竹しのぶがドラマの中で「私のこと好き?・・・」とさ …

芸能人のギャラ、指先一本で

芸能人のギャラ、指先一本でこんなに儲かった!? 1番ギャラがオイシかった仕事

芸能人のギャラは高すぎ・・・など、芸能人でも有名人から新人まで、また引退後のスポーツ選手など様々な所からギャラの話が飛び交っています。その中でも、テレビ出演の他に芸能人はいろいろなイベントや握手会、サ …

仏壇や葬儀にお供えできない?生花のマナーを知って売り上げアップ

よくお葬式や仏壇に供えてはいけない物に、花や食べ物(肉や魚、野菜)があると言いますが、あなたは何がいけないと思いますか? 例えば生花では薔薇のようなトゲのある花、根っこのある鉢物、そして花の代用品の造 …

鷲尾春果,子供,辻岡義堂

鷲尾春果元アナが子供から言われてショックだった衝撃の一言

鷲尾春果さん(31歳)は「恋のから騒ぎ12期生」 アナウンサーやタレント活動を経て、2011年に日本テレビアナウンサーの辻岡義堂氏と結婚した。 引退後、長女3歳と長男1歳の子を持つ美人ママでもある。 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント