教育関連 生活環境

公園の犯罪防止対策!子どもを不審者から守れるちょっとした工夫とは

投稿日:2018年5月12日 更新日:

公園は子供の遊びや憩いの場としてとても必要不可欠な場所です。

都心でも公園というと子どもが遊ぶ唯一の楽しみの場所となり、公園に行けば友達の誰かに会えると、子ども一人でも気軽に出かけられます。

そんな公園に行く気軽さは子供にとって楽しい反面、完全に安心できない場所でもあります。

毎年のように子どもの連れ去り事件など、公園で遊ぶ子どもが犯罪のターゲットになってきています。

公園で遊ぶ子どもを犯罪に巻き込まれない為にも、親も子どもも安全な知識を知っておく必要も大切ですが環境作りもしてあげないといけません。

今回はちょっとした工夫を施すことで、公園で遊ぶ子供を犯罪から守る防止策がありましたのでご紹介します。

Sponsored Link

子どもが遊ぶ公園の「ある物」を変えただけで犯罪防止策になる

最近の子どもは、昔のように広場で道具を使って遊ぶ事も少なくなり、直に公園に子供らが集まり遊具を使って遊ぶのが主流です。

特に今や公園は、広々としているのではなく、植木や樹木で公園の内外から見えないほど囲っている所が未だに存在します。

犯罪の臭いのする不審者も、そんな危ない公園に目を光らせてしまったら、その公園に遊びにきている子供たちはいつ犯罪に巻き込まれてもおかしくありません。

公園で遊ぶ子どもを犯罪に巻き込まれない為にも、環境作りをすることが重要になってきます。

いくら母親が傍についていても、話に夢中になっている親の目線は子どもにではなく、ママ友に集中してしまう事も有り得ます。

そこで、公園にある物をちょっと変える事で、公園で遊ぶ子供を犯罪から守る防止策があるのです。

公園で遊ぶ子どもを犯罪から守ってあげよう

 

一般的に

  • 公園出入り口の数を1か所にしてしまう
  • 遊具の色を変える
  • 公園の樹木を変える

などが考えられますが、それだけではありません。

公園で遊ぶ子どもを犯罪に巻き込まれない為の環境作りとは、

「公園のベンチの向きを変える」ことです。

遊具のある向きにベンチを置くのではなく、遊具に背を向けておくだけで公園で遊んでいる子どもを物色する犯罪者と目を合わせてしまうのです。

つまり、子どもの傍に居る母親はいち早くその不審者に気づき、連れ去りなどの犯罪から子どもを守ることができるのです。

目を合わせなくても、あそこにいる大人は子どもの親だと同時に犯罪者に認識される効果もあるわけです。

Sponsored Link

これは海外でも取り入れており、

既に防犯効果が認められており

遊具を背にしたベンチのある公園がたくさんあるのです。

意図して変えてる日本の自治体が無いのは

とても残念ですが、

予算のかかるものではありませんよね。

行政が率先して遣ることと同時に、

公園で遊ぶ多くの子どもを

犯罪から守らなければいけない事なのです。

このような海外で犯罪防止対策になっていることは、

日本でも一日でも早く実施してもらいたいものです。

-教育関連, 生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

いびきや歯ぎしりを早期改善

いびきや歯ぎしりを早期改善! 夜中に起きてしまう人は認知症のリスク大かも

いびきをかいて自分で起きてしまう人、歯ぎしりでパートナーに嫌がられてしまってる人など、改善方法は無いものかと毎晩のように悩んでいる人いませんか? 芸能人でも今話題となっている野村周平さんもその一人。 …

雑巾が絞れない子ども

雑巾が絞れない子どもが増えている!? 学校の今と昔 大きな違いにア然!

今の小学生達は雑巾が絞れない子供が増加しているといいます。 昔は木造造りの学校が多く、下校時間前には濡れ雑巾で掃除をして帰宅していました。 今のような雑巾が絞れないということはあり得ないのです。 しか …

人と名の違い、どっちが正解

人と名の違い、どっちが正解!? 学校でも教えてくれない本当の使い方とは

日本の人数の数え方には「何人」という「人」という数え方が多いと思います。 しかし稀に「何名」という「名」という数え方をする場合もありますよね。 よく銀行や役所、携帯ショップなど整理券待ちの場合の時など …

大谷直子 孤独死

大谷直子 孤独死の不安から終活開始!死亡説ぶっ飛ぶある行動とは

大谷直子は孤独死という不安から今終活を真剣に考えている。 大谷直子といえば、主役をつとめたNHK朝ドラ「信子とおばあちゃん」では最高視聴率46.8%を記録。 その後も数々の話題作に出演し昭和の大女優と …

駐車場で白線の真ん中に駐車できない 誰でも簡単に駐車

駐車場で白線の真ん中に駐車できない!?誰でも簡単に駐車できる改革を!

車をまっすぐ停めたい。いつもスーパーの駐車場など白線の真ん中に駐車しようとするといつも斜めになってしまう。そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか。 例えそれが前進でもバックでも、若い時は一 …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント