病気事故

大杉漣さんを襲った放散痛、心筋梗塞にならないための予防策は

投稿日:

大杉漣さんが亡くなってから心臓病の原因や兆候などさまざまな話題が出ています。その中で気になるのが、心筋梗塞の予兆ともいわれる放散痛。余り聞きなれない病名ですね。大杉漣さんは夕食を終えてからホテルに戻った後、腹痛を訴えていたといいます。いったいその放散痛とはどんな痛みなのでしょう。そしてなぜ腹痛が起きたのでしょうか。恐ろしい急性心筋梗塞の兆候による放散痛についてフォーカスしてみました。

Sponsored Link

放散痛が語る心筋梗塞の前触れとは?

人間の体は、その痛みが発生した時に、神経を通って脳へ伝達されます。心臓に異常が有った場合、急に胸が苦しくなったり心臓が痛くなるのが自然だと思います。

この心臓の痛みを感じる神経そのものが、脳から左肩を経由して心臓まで達しています。しかしその神経が誤作動を引き起こしてしまいます。そのため脳に伝達される過程で、根本的な部位に関係なく周囲に分散しあらゆる箇所が痛くなることが放散痛の特徴です。特に、心筋梗塞が原因であった場合はその前兆として放散痛がおきることが多いようです。

 放散痛の痛み方や見分け方、心筋梗塞との関連性

心臓の周りにはたくさんの神経が通っています。痛みを脳に伝達する過程で、他の神経作用によって筋肉の収縮や血管の異常により、心臓に関係のない所が痛くなります。放散痛の特徴として心筋梗塞の予兆がある場合は、歯の痛み、顎の痛み、口の中、背中や肩、腕や腰など、あらゆる部位にまで放散痛の現象が見られます。

例えばですが、よく歯が痛いのに頭痛がしたり、盲腸なのに胃袋が痛くなったりするのに似ています。このように痛くなったところを検査しても、異常が見当たらない場合が多いですよね。心筋梗塞の前兆により、他の部位が痛くなった場合はその見分け方は自分では難しいです。少しでも疑いがあると思ったら早めに専門医に相談するのが良いでしょう。

大杉漣 心筋梗塞

放散痛の痛み方で、心筋梗塞は防げるのか

さほど急な運動をしていないのに足が痛かったり、仕事していないのに異常に左肩が痛くなったりしても見逃してしまう事がよくあります。チョットの事では病院に行かないのが現実ではないでしょうか。急性心筋梗塞になる原因は、日頃の生活環境に大きく影響されます。

過労やストレス、睡眠不足を繰り返していると、気温の変動の多い撮影現場での仕事は特に注意が必要です。血管の収縮や血圧変動により、心臓にかなりの負荷がかかってきます。また、急性心筋梗塞は気候にも影響し、気温が5℃以下の時、5m以上の強い風、雨の日や曇っていても発症します。

統計上、第一週目の月曜日の午前中など、急性心筋梗塞が発症する傾向が高いこともわかっています。

放散痛の痛みが出る前に、日頃からやっておくこと

男性の場合、50歳代になると心臓疾患や脳血管による死亡率は高くなります。これは生活習慣病が増加し、動脈硬化や血栓などが起きる大きな要因です。

ストレスを溜めずに、適度な運動、休息、十分な睡眠、禁煙や節酒、太陽の光に当る時間を十分に摂るなど、生活環境を整えることが重要です。

また最近では風呂に入る前と上がった後、夜寝る前と朝起きた時にそれぞれコップ1杯の水を飲むと良いとも言われています。

そして定期的に健康診断を受けることも大切です。早期発見することにより、動脈硬化などリスクも回避できます。それにより心臓疾患や脳疾患になることは避けられるはずです。

Sponsored Link

放散痛のまとめ

こういった意味からも、寒暖の激しい環境の中、大杉漣さんも連日撮影などで体が悲鳴を上げていたのかもしれません。急性心筋梗塞によって亡くなる本人にとっては無念さが残ります。ついさっきまで皆と一緒に居たはずなのに、一瞬にして全てが消えて無くなってしまうのです。

大杉漣さんも極道の怖い渋い役柄や、ホームドラマでの父親役、そして縦社会の厳しい中で耐える刑事ドラマにも出演。大杉漣さんの一ファンとしてもまだまだこれからも映画やドラマで活躍してほしいと思っていましたがとても残念です。

惜しい人を失った気持ちに耐え忍ぶ思いです。衷心よりお悔やみ申し上げます。

私たちも、急性心筋梗塞にならないためにも、日頃からの食生活や生活のリズムを整えておく必要があります。

寒いときは我慢しないで、防寒着やマフラーを小まめに身につける。こういったことを常に意識し行動に移さなければならない事を改めて考えさせられました。

-病気事故

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

病理・司法解剖で葬儀時間が遅れる?その理由とは

病理・司法解剖はよく検視とも呼ばれ、それにより葬儀開始が遅れてしまいます。 TVでもお分りかと思いますが、ほとんど事件性のある解剖ですよね。 病理解剖と司法解剖それぞれ同じ名前のようですが全く異なりま …

パワハラでいじめにあった!我慢は退職するより辛い

職場でパワハラやモワハラにより職場いじめの被害あったら、体に異常をきたす前に我慢しないで退職を考えましょう。 毎日パワハラを我慢する事により、徐々に自分の心が折れて行くのよくわかると思います。 基本パ …

血圧急上昇で突然死の危険性:朝編

血圧急上昇で突然死の危険性!?朝の血圧が正常でも危ない5つの原因とは(1/3)

朝起きて意外にやりがちなことで血圧は急上昇してしまいます。 特に朝起きてからの約1時間は、体の中のウォーミングアップが完全ではありません。 そんな中、朝起きて1時間以内に起す意外な行動が、突然死する危 …

パワハラ上司を訴えたい!我慢しない対策法ってあるの?

パワハラ上司からの被害に毎日悩まされている・・・会社に相談する勇気や相談する友人もいない、訴えた事によってパワハラ上司から仕返しされるのが怖い。 会社は辞めたくないけど我慢に限界が・・・など、毎日のよ …

目に悪い新常識!運動や病気

目に悪い新常識!間違ったマッサージ方法や運動で病気になりやすいリスクとは

一見目にとってよさそうな運動やマッサージ、実は目にとって悪いことを知らずにやってしまっている事はこの世の中に沢山あります。 目にとって悪いことをやらないことで、病気にならず高齢になっても良く見える目を …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント