葬儀関係

ロングの髪型、葬儀には嫌われるってホント?

投稿日:2018年2月1日 更新日:

お葬式マナーで一番に目につきやすい髪型。男性も女性も厳粛な儀式でこそ清楚な格好で参列したいものですよね。

昔は男性は袴、女性は着物と決まっており、時代と共にその様相も変わってきました。

それに伴いお葬式に適した髪型も変化しました。

最近では女性のワンピース姿が定番で、髪型もロングやボブ、ショートと様々です。

特にお葬式にはこれでないといけないという決まりはなく、清潔感があればいいのです。

Sponsored Link

ロングの髪型、葬儀には嫌われる原因とは・・・

男性の私が見ている範囲では、髪型がロングでアレンジしていない人をたまに見かけます。

風が吹いているわけでもないのに髪の毛ボサボサの方。冬に静電気がおきてまとまりのない方。

時折、フケではないが頭皮乾燥肌で喪服に白く粉を散りばめたような方。

少し気にしろよ!

と言いたくなってしまいます。

私の勝手でしょうと思われますが、特にこの葬儀業界では定説になっているのですが、会葬者(弔問客)は時間があると他の人をよく見ています。

逆から言えば「見られています」。

髪型,ロング,葬儀

ロングの髪型、葬儀中、あなたは見られています・・・

会葬に来るお客さんは、待ち時間ず~っと暇で仕方が有りません。ならどこを見ているか。

自分と同じように他の会葬者を見ています。

「この人近所の人かしら」「どっかで繋がりがあるのかな」・・・などと。

特に女性同士ならば髪型は顔の次に意識して見られているわけです。

そんな時髪型が少しでも乱れていたり、束ねていた髪をおろした後のくせ毛はNGですよね。

10件のお葬式が有ると10通りのお葬式の形があります。

それぞれ違う部分があるのですが、女性の髪型も10人いたらたまに笑ってしまうような格好をしてくる人が居ます。

それは、着物姿にロングヘアー (笑)時間が無かったのか、何か事情があったのか知れないけど、初めから終わりまでその髪型でした。

着物を着ていたので遺族親族のお立場であったと察しますが、周りの人に何も言われなかったのですかね。常識知らずといいますか不思議なマナー違反です。

Sponsored Link

ロングの髪型、纏め方にひと工夫を・・・

髪型がロングでクシでとかせば簡単ですが、せめて着物には髪の毛をアップするアレンジが必要ですよね

知人の葬祭スタッフにもロングで仕事をしている者もいるのですが、その場合は厳重注意を施します。

何故なら接待する身分であり、ロングヘアーの先がお客様に触れると大変失礼にあたります。

お料理を出す場合は、髪が抜けて料理に紛れ込んでしまう。葬祭スタッフのファッションを見せる必要性が無い。

などロングヘアーはNGとされているのです。

雑誌などでも最近はお葬式マナーのトップに髪型が重視されていますが、どうしてもロングヘアーであれば、一つに纏めて後ろでくるっとアレンジした方がいいようです。

束ね方が解らなければ100円ショプに、モチーフゴム、ヘアークリップ、バレッタなど売っているのですからそれなどを利用すればいくら黒髪であれ、お洒落感覚で髪型を整えられますよね。

皆さんもお葬式に出席する場合、ロングヘアーの方は「あなた見られてます」を意識し、ステキなアレンジをしてみて下さい。

-葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

終活に必要なエンディングノート、今人気のわけとは

終活の時、自分の最後の希望をや万一自分に不幸が出来た時、残された家族が困らないよう書き留めておくノートをエンディングノートと言います。 終活する中で、このノートの中に自分の生涯の履歴、学校時代の想い出 …

愛する人を亡くした心

愛する人を亡くした心に、ふと響く言葉・・・

愛する人を亡くした方に、言葉を掛けて上げたい。愛する人が長い闘病生活であれ、急な病であれ、残された遺族はいくら時間が経過しても心の哀しみというのは癒えないものです。 近くに居ても、常にサポートし力付け …

読めない名前に苦労?葬儀社が悩む裏事情とは

読めない名前にとても苦労し、後悔する親御さんはどれだけいるでしょうか? 子供が出来た時、つける親は漢字の画数や意味を考えだけでも苦労してしまいますよね。 自分の子供が幼稚園に上がる時先生に覚えてもらい …

女性の転職、サービス業の中でも葬儀接待がおすすめな訳とは

女性の転職サイトを見ると専門分野の職種が目立ちます。特に年齢制限は男性より低く20代~30代をターゲットにしている企業が多い。 女性は男性と違い家庭を持って子育てをするといった掛け持ち生活がほとんどで …

葬儀社が納棺師とタイアップする仕事メリット

最近葬儀業界では映画「おくりびと」の影響もあり納棺師を目指す人が多くなってきました。 それに次いで葬儀社も納棺師業者と提携し、連携した同じ仕事を行う所も増えてきています。 では一体納棺師とは葬儀のどん …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などを多く配信しています。

フリーコンサルタント