funeral 神社仏閣

葬儀のマナー、100年後お墓参りもビルに変わる

投稿日:2018年2月3日 更新日:

葬儀のマナー、昔からのしきたりや作法、お墓参りの仕方など、100年後まで守っていけるのでしょうか。

葬儀儀式も10年周期で新しいシステムに変わってきています。

特に最近都心部や檀家数が多いお寺では、墓地スペースが少なくなり今や納骨堂をビル一角に収納されてきています。

お墓参りもビル1階でお骨が自動的にエスカレーターの様に降りてきて誰でも1か所でお墓参りが出来る。

といった施設がどんどん建設されて来ています。

Sponsored Link

葬儀のマナー、お墓参りの価値はあるのか?

本来、お墓は1人に1個のスペースで建立されるのが正式でした。

古いお寺や田舎の由緒あるお寺に行くと戦争で亡くなった人のお墓が、自然石のまま横1列に建立されているのをよく目にします。

そこから結婚した居れば夫婦一緒とか、家族一緒といった具合で、1つのお墓でその家族だった人たちのお墓参りが出来るように変わってきました。

1か所にまとまって同時にお墓参りが出来るのはいいシステムですが、お墓スペースが少なくなったのはどういう理由があったのでしょう。

人口が増えるばかりではなく葬儀に立ち会うと、よく高齢なのに独身だったとか、若いとき死別し新規にお墓を求めたとか。

近年では夫婦同じ所には入りたくないとかで、年々お墓に入る意識が散漫になってきている感じがします。

墓

葬儀のマナー、お墓参りのやり方やマナーも無くなる?

では、昔からの葬儀のマナーやお墓参りのマナーは100年後どう変わっていくのでしょうか。

私たちは生きていませんが、既に古いお墓は徐々に移設され、新しいビルを建設し、1つのビルの中で葬儀から納骨が出来、住職の自宅まで同じ建物の中に住居を構えるといった具合になっているのかと私は想像します。

現に私の地元では、1階から葬儀式場、2階には休憩場、3階はなんと住職たちの自宅になっていますからね。

葬主流だったころから現代まで、「通夜から精進落としまでを1か所で出来る」といった広告を出して現在の葬祭会館などが方々で出来上がりました。

何でも1か所で出来るのは宜しいことではあるが、その葬儀1つ、お墓参り1つを例に挙げても、将来人間がそこに集中したらビル周辺は一体どうなるのでしょうか。

Sponsored Link

葬儀やお墓参り、物に操られる時代がもうそこまで!

時間をずらしたり、おまけにお墓参りをする日にちまで指定されるのでしょうか。

考えてみると動かせないものを主に考え、動かせる人間が動かせないものに左右されるといった不思議な世の中になっていく気がします。

そこには、葬儀マナーやお墓参りマナーも簡素化され100年後には無くなっているかもしれません。

しかし我々葬儀業界では、昔から「野辺送り」など引き継がれてきた風習と新しく進出したシステムの両方を次の若い世代へと繋げていかなければなりません。

大きな課題が待ち受けています。

-funeral, 神社仏閣

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

病理・司法解剖で葬儀時間が遅れる?その理由とは

病理・司法解剖はよく検視とも呼ばれ、それにより葬儀開始が遅れてしまいます。 TVでもお分りかと思いますが、ほとんど事件性のある解剖ですよね。 病理解剖と司法解剖それぞれ同じ名前のようですが全く異なりま …

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

一家心中の葬儀、香典は1つでいいの?気になる葬儀の現状

最近の思わぬ事故や自殺などで、家族のほとんどが同時に旅立たれるというニュースが飛び込んできます。 かなりショックな話題ですが、一家心中や、事故で同時に旅立たれた場合、夫婦同時とかの場合、葬儀はどう進め …

お葬式の流れから見えてくる葬儀スタッフの時間割とは

お葬式の流れと聞いただけで、それに答えられる人はどのくらいいるでしょうか? 葬儀に携わる葬儀スタッフさえきちんとした葬儀の流れ、葬儀の時間やマナー、葬儀用お花の種類、香典などお金に関連することまで説明 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント