生活環境

雑巾が絞れない子どもが増えている!? 学校の今と昔 大きな違いにア然!

投稿日:

今の小学生達は雑巾が絞れない子供が増加しているといいます。

昔は木造造りの学校が多く、下校時間前には濡れ雑巾で掃除をして帰宅していました。

今のような雑巾が絞れないということはあり得ないのです。

しかしなぜ今の小学生は雑巾が絞れないのでしょう。今回はそんな雑巾についてまとめてみました。

Sponsored Link

 雑巾が絞れない子どもが増えている

30年前からの調査でも小学校6年生で約3割

今は2割弱の子どもが雑巾を絞れないといいます。

この雑巾が絞れない子どもが増えてきた理由は、

生活の中でタオルや雑巾を絞る場面がなくなって来たという理由からです。

昔は小学校の時から、木造造りであった学校の床を雑巾がけしたり、

家庭内でも床の間など濡れ雑巾で拭き掃除をしており、雑巾をその都度絞っていました。

しかし、今はPタイルで雑巾がけをすると滑って転んで危険だということで、

学校でも雑巾がけをしたことのない子どもが増えているのです。

小学生に聞いても、雑巾を揉むような手の使い方をしており、

家庭での親からの教育もしていない為か、雑巾が絞れないというのです。

家の中の床も今やクイックル〇〇パーでかけたり、

テーブルもティッシュで済ませるなど、

しっかり雑巾がけをしなくなってきたことが影響しているようですね。

 雑巾が絞れない、雑巾がけしない関係から立位体前屈も中止に

雑巾がけをしなくなってきたことに影響してか、

昔の柔軟性を測る立位体前屈も中止され、

今は座って長座体前屈という検査方法に変わりました。

これは日常生活の中で立ったまま体を前屈する動作が無くなり、

そのために検査時、

子どもがぎっくり腰になってしまうことから中止になったと言われています。

また、今は自動ドアの普及から、

子ども達の腰を使う作業が減ってきているのも理由の一つと言えるでしょう。

雑巾が絞れないから腰の力が衰えたり、

雑巾がけしていれば自ずと前屈する体勢になり、

腰も鍛えられるはずです。

Sponsored Link

 雑巾が絞れない理由から、水道の蛇口の捻り方も知らない子どもがいる

水道の蛇口もセンサー式や上下に動かす蛇口が主流になってきている影響で、

公園の水道蛇口のひねり方を知らない子どもも増えています。

捻って水を出す蛇口も無くなってきている為か、

最近の子どもは蛇口の捻り方が解らなく、

「出ない!出ない!」と蛇口の前で手を振る子どもが目立っています。

これもまた雑巾がけをしていない習慣が影響しているのでしょうか。

幼少時代からお母さんの手伝いをしていれば雑巾が絞れないこともなく、

蛇口の捻り方も知りえるはずです。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信頼できる人できない人

【信頼できる人・できない人】3分でわかる恋愛のスタート

信頼できる人と信頼できない人の特徴や見分け方は、恋愛をした場合その相手の特徴など瞬時にはわからないものです。私も友人の付き合いでたまに婚活パーティーに連れていかれます。 しかし商売の関係上いろいろな方 …

遺体搬送は病院から~魔の車内空間

遺体搬送は病院から~魔の車内空間でなにが起きる!?

遺体搬送は、主に病院で亡くなられる方が大部分を占めています。葬儀社の営業体型は24時間365日フル稼働です。 遺体搬送の業務も、昔から葬儀社で所有する寝台型霊柩車を使用する場合が多かった。しかし近年で …

痩せている女性の方が男性にモテる

痩せている女性の方が男性にモテるなんて大間違い!?男性の理想体型の真実とは

今どきの女性が抱えるダイエットの悩みとして、痩せている女性の方が本当に男性にモテるのかを調査しました。 今どきの女性がダイエットで悩みを抱えていることとは 痩せている藤田ニコルのインスタ画像のスタイル …

50代離婚

50代男性の一人暮らし、離婚しなければよかった後悔の結末

50代男性が一人暮らしを始めてからふと思うことがあります。それは自分以外の50代男性が離婚を考える時、今の生活から早く抜け出したいと思っている人と、何らかの事情で妻から離婚を持ち出されている人の2つに …

たばこやめられない

タバコやめたい!?脳をだます方法でグ~ンと効果UP

タバコをやめたい!でもやめられない。 タバコをやめたいがやめた事でストレスになったり、今までタバコを吸う楽しみが減ったりする。 なんて理由づけにしていませんか。 タバコは体に悪いとわかっていても何かき …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント