人間関係

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる!?

投稿日:2018年8月14日 更新日:

ハッシュタグというのは、今やTwitter・Facebook・Instagramなど各SNSでサポートされ、キーワードの前に「#」を付ける文字列のこと。

近年ではこれを投稿につける事でその動画や写真がどんな意味を現すのかをたった1行で示し検索まで出来るものです。

ハッシュタグを細かくつける事によって同じ興味を持つ人からの閲覧が増え、今まで繋がっていない人達とも共感できて超便利になりました。

一方で、ハッシュタグを付けないとせっかくの素敵な写真や動画が埋もれてしまいます。しかし年々このハッシュタグも各SNSで文章よりハッシュタグがやたらと多い。

特に「やたらつけすぎ」「写真がイラつく」「うざい」など、同じ女性から嫌われる現象が増えてきました。今回はそんな女子がつけたとても多いハッシュタグの中から、うざい女性の生態を紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

女性300人がうざいと感じたハッシュタグ50

 あ:#足元倶楽部 投稿数130万件

お洒落な足元に付けるハッシュタグですが、さりげなくブランド物を写し込ませる女性が多く、足元も夏到来しました・・・などと「靴がインスタ映え」するのがうざいらしい。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

い:#1mmでもいいなと思ったらRT

ブス過ぎてごめんなさいと言っているが、自分でイイと思っているのがうざい。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

う:#海ピク

海でピクニック。原色を用いインスタ映えする投稿が多いのが特徴です。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

え:#選んでくれてありがとう

結婚記念日や交際記念日など彼氏との2ショットに付けるのが鉄則だという。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

お:#お洒落さんと繋がりたい

お洒落な人と繋がってどうする?実は本当にお洒落な人は付けていないのです。

女性がうざいと感じる気持ちがよく分かります。

か:#カップルフォト

き:#既婚者合コン 

急上昇ワードで夫だけでは満たされなくなった人が、割切ったお付き合いを求めて参加する女性が多いようです。

実はプチ流行で、「友達以上・不倫未満の男性」通称セカンドパートナーを求めている女性が増えているという。

友達以上なのでハグとキスはOKでそれ以上はNG。だがそこから発展しないのでしょうか?チョット怖いですね。

もし離婚裁判になった場合、キスは不貞行為に該当せず慰謝料が安く済むらしいが、具体的な状況によっては結論が異なるため、あくまでも自己責任でお願いします。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

く:#くびれほしい

け:#けど好き

こ:#こう見えて30

そうしか見えない。投稿した女性本人は20代に見えると思っているのがムカついてうざいと感じるのでしょう。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

さ:#詐欺メイク

し:#試着室からこんにちは

店の商品も買わず、あたかも自分の物かの様に試着室でバシバシ写真を撮る行為は許せません!常識知らずは勿論同じ女性からもうざいと言われ嫌われます。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

す:#すっぴんですみません

せ:#青春かよ

そ:#空が好きな人と繋がりたい

た:#タビジョ

旅をする女子」のことで、最近お洒落な旅行写真を投稿して広告費を稼ぐ「旅インフルエンサー」が増えています。羨ましくなる女性が多いようです。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

ち:#小さい彼氏

自分の子供と一緒にツーショット・・・でも彼氏じゃないみたいな投稿です。でもなぜかホンワカしますね。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

つ:#つまり幸せ

て:#デブ活

思わず食べてしまった高カロリー食材の写真に付けられるハッシュタグだが、投稿者本人が全然デブじゃない!という所がうざい!

『努力しなくても細いよ!』と言っているようなもの。超嫌われます。

気にしている人はデブなんて言葉付けたくないという意見が多いのです。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

と:#撮られるのは苦手

な:#謎ポーズ

に:#似てない

この使い方は

「今日、綾瀬はるかに似てるって言われた💛#似てない

謙遜しながらも「芸能人に似てる」をアピールする時に使うらしい。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

ぬ:#ぬいぐるみじゃありません家族です

ね:#寝起き女子

の:#ノーファンデ

は:#パジャマパーティー

ひ:#ひょっこりはん

最近の女子が一番ムカついてうざいポーズ。実はある人気芸人さんのポーズ。だがカワイ子ぶったこのハッシュタグは女性の怒りを買うので要注意だとか。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

ふ:#フィッシングベスト

  #プレ花嫁

結婚式を控えた花嫁が準備の様子を投稿する時に付けるハッシュタグ。

挙式まで頑張っている自分を見て欲しいみたいな。自分の中で遣ってほしいという意見が多い。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

へ:#変顔

ほ:#ほろ酔い女子

ま:#マスク女子

み:#港区女子

む:#むすこーで

め:#メンズ地下アイドル

お金を支払えばきわどいファンサービスをしてくれると若い女子を中心に大人気という意見が多い。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

も:#持たない生活

今最小限の持ち物で生活するシンプルな暮らしを投稿する人が多い。

しかしこのハッシュタグを検索してみると〇し屋みたいな部屋が出てくるそうです。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

や:#やっぱり好き

ゆ:#ゆるふわ

よ:#ヨルグラ 投稿数5万件

このハッシュタグは夜に勉強している風景をインスタに投稿するということで学生に多い。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

ら:#ライバルは自分

り:#リンクコーデ

ペアルックとは違い柄や色味を合わせたゆる~いお揃いコーデのことで可愛い写真が多いです。

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる

る:#ルームウェア

れ:#冷凍食品は使いません

ろ:#六本木ランチ

わ:#若いっていいな

これは十分若い20代女性に多いのですが、高校生などに対して羨ましい気持ちを込めて付けるハッシュタグで、もしかすると喧嘩を売る原因になってしまいます。

 

Sponsored Link

皆さんも使っているかもしれませんが

あなたのInstagramは大丈夫でしたか?

総合的に面白く素敵な写真でも、投稿時点でハッシュタグが多いのは、「ん?」って感じで、同じ女性にうざいと言われたり嫌われていては便利な機能も台無しです。

特に女性の皆さんは、今一度ハッシュタグの見直しをしてみましょう。

 

「女が女に怒る夜・愚痴しか言わない2時間SP」で放送されたデータを基にまとめてみました。

-人間関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無視されたら無視し返す

無視されたら無視し返す、むかつく奴への上手な対処法

人から無視されるととても辛い。むかついてどうにかしてやりたい。職場や学校など、あなたにも一度は経験があると思います。職場の上司や同僚、学校でのクラスの友達から無視されてむかつく人、昔から変わらず多いよ …

新入社員の不安解消法に重要なコミュニケーション

新入社員が初めにやる重要なコミュニケーションの取り方!簡単な不安解消法

新年度から新入社員として新しい職場で働き始めている人も多いのではないでしょうか。 新入社員として仕事の研修や人間関係のコミュニケーションなど、不安や悩みなどが山積みだと思います。 仕事を早く覚えて新し …

パワハラでいじめにあった!我慢は退職するより辛い

職場でパワハラやモワハラにより職場いじめの被害あったら、体に異常をきたす前に我慢しないで退職を考えましょう。 毎日パワハラを我慢する事により、徐々に自分の心が折れて行くのよくわかると思います。 基本パ …

あなたのコンプレックスを長所に変える

あなたのコンプレックスを長所に変える!? 実は男性まで魅了する凄い人だった

あなたはもしかして脚が短いですか?昔から脚が短いことがコンプレックスで悩む女性が多かったのですが、そのコンプレックスを長所に変える朗報があるのです。 何故ならイギリスの新聞「デイリーメール」から、個人 …

パワハラの原因は上司の治らない病気

パワハラの原因は上司の治らない病気!あなたが悪いわけではない。

パワハラ上司(加害者)から毎日イジメを受けていると、心理的に自分が原因ではないかと思い始めてしまいます。 勿論思い始めることは悪いことではありません。あなたに根本的な原因があるのならその部分だけを修正 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント