神社仏閣

神社・お寺のお参り、願いが叶うならどっち?

投稿日:2018年2月17日 更新日:

神社やお寺でのお参りは、正月の神社やお寺のお参りから始まり、受験での合格祈願に神社・お寺をよく利用する方も多いのではないでしょうか。

日本人独特の人生の節目に神社でのお参りや、景気回復にと神社やお寺にお参りに来る方も増えています。

しかし神社やお寺にお参りに行って願いが叶ったら、お礼にまたお参りに行くというマナーを完全に忘れている方がとても多いのです。

また旅先で有名な神社やお寺でお参りの仕方が分からずまごついたり、子供に正しいお参りの仕方を聞かれても困惑してしまう事ないでしょうか?

今回は、日本人には切っても切り離せないお寺や神社。知っておくべく常識ともいう神社やお寺の正しいお参りの仕方やマナーについてまとめてみました。

Sponsored Link

お寺・神社のお参りの仕方やマナー、基本的は・・・

お寺は、仏像を祀っており、出家して仏道を修行するお坊さんがお寺に住んでいます。

神社は、姿形のない神様を祀っていて、特徴として神様にお仕えをして神事を行い参拝者とのご縁を取り持つ神主が常駐しています。

ではここからお寺・神社の順でそれぞれのお参りの仕方やマナーについて説明していきます。

お寺や神社で初めて入る時の、正しい作法

お寺の場合、山門があり一礼してからくぐります。山門とは、お寺には〇〇山という山号(お寺の名前の上に付ける称号)が付いており、有名な所では比叡山・高野山・高尾山・成田山。お坊さんにとって山は修行の場なので、平地にお寺があっても山号が付いており山の名前が付きます。正式な作法から山門は教えを学ぶ、入門するという意味から山門で一礼する事になります。山門にも種類があり、赤門(朱色に塗ってある)のお寺は格式が高い寺という意味です。

お寺への服装は、基本露出の多い服装はNGです。理由としてお寺はもともと修行の場であり、他の参拝客(真摯に自分の心を見つめようとしている人)に対し多大な悪影響をもたらすことはやってはいけません。もちろんお寺は静寂な所であるため音楽を聴いたりしての参拝もNG。静寂性を聞くというのがお寺の醍醐味だと思います。

神社の場合、鳥居があり同じく一礼してからくぐります。鳥居は「神域」という聖なる領域とされており、人間の住む俗界を隔てる(内外に分けている)境界線です。よく稲荷神社の様に赤い鳥居が沢山奉納された所を見ます。これはそれぞれの鳥居を潜ることにより徐々に聖なる領域に近づくという意味があります。

神社,お寺,お参り

お寺や神社での参道の正しい歩き方、左右どちらがいい

仏教の場合は、どこでもよいです。仏教の教えでは「中道」という考え方があり、極端に辛いことや快楽に走らず丁度良いバランスを保つという事でもあります。お釈迦さまも「人生の真ん中を歩きなさい」と言っていますので、出来れば参道の真ん中を歩きましょう。

神社の場合は、参道の端を歩きます。真ん中はNGです。これは神社境内には上座下座が厳密に決まっており、真ん中を「正中」と呼び神様の通り道になっています。神様を見て右が上座(尊さ2位)、左が下座(尊さ3位)になるので本殿に向かって「左側をしずしずと歩かせて頂く」というのが正しい歩き方になります。

お寺の「常香炉」、神社の「手水舎」の正しい作法

お寺の場合、参道中央に「常香炉」と呼ばれ常に線香の煙が立っていますが、これは体を清めるためにあります。線香を上げるだけでも効果があるので、必要以上に煙を体につけなくとも大丈夫です。

神社の場合、参道脇や入口付近などに「手水舎(てみずや)」があります。神道では、水は身を清める霊力があるといわれ、手と口を清めてお参りするという作法になります。

因みに清める順番は、ひしゃく1杯の水で「左手→右手→口→左手→ひしゃくの柄」の順で行うのが正しいやり方です。神社は全ての作法で左→右→左といった流れ、お払いもこの順です。気になる方は一度神主の行事など見てみて下さい。

お寺や神社、境内での撮影は

お寺の場合、本堂内は基本的にNGですが、それ以外だったら撮影は大丈夫です。どうしても本堂内を撮影したい場合は住職に確認してからにしましょう。

神社の場合は、境内の外はOKですが、神社本殿の「正面から撮影」はNGです。これは神社本殿奥に神社の象徴でもある鏡を置いてあるため。日本古来から尊い存在を正面から直視するのは失礼にあたるといわれています。撮影は斜めから撮りましょう。

お寺や神社に置いてある賽銭箱、投げ方や金額の決まりとは

お寺の場合、お賽銭の役割は「お金を捨てる修行」であるという意味があります。自分の家の中で要らなくなったものを捨てる行為と、お賽銭を捨てる行為には同じ効果があります。家財道具で要らない物を思いっきり捨てるとスッキリしますよね?それと同じで、仏教では「喜捨」といわれ、よくお賽銭箱の横に喜捨と書いてありますが、まさにお金を捨てる修行を遣って下さい!という意味があります。賽銭金額については、「いくら入れようか?」などと考えず、小銭など財布から取った分だけ賽銭箱に捨てた方がよろしいです。

神社のお場合、賽銭の役割は、お賽銭の「賽」は感謝・お礼などお返しのお金だといいます。神道の考え方にはお参りをしなくても神様は日頃から守って下さっているといわれています。そのお礼としてお賽銭をあげるという意味になります。神社での賽銭金額については、自分の思いにふさわしい額を自分で決めるのが大事です。お賽銭の語呂合わせで面白いのが・・・

5円×2枚=重ね重ねご縁がありますように

500円玉=最大の効果(硬貨)

10円=遠縁だからよくない?・・など。

但し語呂合わせなのであまり拘らないように!因みに集まったお賽銭の使い道ですが、お寺でのお賽銭は義援金に使う所が多いらしいです。一方神社では、お賽銭は収入源の一つになるので、神社の維持管理費に充てられる場合が多いようです。

神社,お寺,お参り

 

お寺や神社でのお参りの仕方には、順序と決まりがある

お寺や神社でのお参りの仕方や順序、お願いごとの仕方

お寺の場合、合掌する時の作法は、手を合わせてから一礼します。「和合」とも呼ばれ合掌と礼はワンセット。仏様と私たちの世界を通じ合わせるという意味があります。お願いごとの仕方では、自分のことだけでなく他者の幸福を共に祈ることが大事であり、仏教ではこれを「二利円満」といいます。是非これを目指していただきたいと思います。

神社の場合、お参りは、大きい鈴が有れば鈴を鳴らし、来た事を報告して下さい。お賽銭を上げ、二拝二拍手一拝でお辞儀の角度は90度の最敬礼で行います。参拝の「拝」はお辞儀の中でも最も深い敬礼作法と言われるためです。またお願い事をする場合には、どこの誰といった「〇〇に住んでる〇〇です」と言ってからお願い事をするのが正しい作法となります。尚神様は神社とその土地の繋がりを持つものですから、どんな小さなお社にもその土地を守って下さる神様がいるので、自分の家の近くの神社(氏神様)やお社には頻繁にお参りに行くことをおススメします。因みにお寺は、神社の様に土地とお寺の繋がりは持ちませんので、拝む前の「住まい」は言いませんよ!

お寺の「御朱印」や、神社の「絵馬」の本当の意味

なにかと話題のお寺で押していただく「御朱印」ですが、もともとは自分が写経したものをお寺に持っていき、「預かりましたよ!」と言われ、お寺から帰る時に押してもらえる印を表しています。最近では、ネットなどで人気が高まっているようですが、御朱印はそこに行ったという行為に意味があります。オークションで他人が行った証のものを買っても御朱印自体には何の価値もご利益はありませんので自己責任でお願いします。

神社では、昔から「絵馬」にお願い事を書く場合があります。この由来は、時代を遡ると最初は願い事をする時に、当時貴重であった本物の馬を寺や神社に奉納していたそうです。しかし次第に本物の馬を奉納する事が大変になり、代わりに「絵に描いた馬」を奉げるようになりました。最近では自由にイラストを描いて奉納する形となり、最終的に絵が馬ではない物となり、「絵馬」という名前だけが残ったというわけです。

 

神社でおみくじ、持ち帰ってはいけないのか

引いた後のおみくじは、持って帰るのが正しい作法です。おみくじの由来はそもそも神様からのお告げの言葉で、のちに紙に書いて渡すようになった物なのです。今後の運勢など、自分の行動の指針として良くも悪くも、持ち帰って読み返すのがいいとされています。因みに神社に「おみくじの結び場所」があるのは、「結ぶのであればここにして下さい」という意味です。枝に結んでいる人もいますが樹木が傷んでしまうので結ぶ際はご注意ください!

神社やお寺で頂いたお札や熊手の飾り物、どこに飾る

お札や熊手を置くのに神棚が無いご家庭も多いはず。この場合どこに飾ったらいいのでしょうか?正しい飾り方は、お札は神様の力を込めたものとなるので高さが大切です。棚を利用するのであれば、方向は南向きか東向きで大人の目線より高い所に飾りましょう。

熊手は福をかきよせるという縁起物です。神棚に相当する所か、家の中に福をかき入れるよう玄関など、粗末にならないように飾るのがよろしいと思います。

神社や友人から頂いたお守り、喧嘩しないのか

お守りはいくつ持っていても構いません。神道の神様は「八百万(やおよろず)の神」といわれ、数え切れないほどの神様がいるという考え方です。神様同士が喧嘩するという事はないのでいくつ持っていても気にする必要はありません。

因みにご利益の期間については神道では「常若」(とこわか)といって、常に物事がリフレッシュされ新しい状態が良いので、おおむね1年間使用したら納め新しい物を使った方がいいようです。

喪中に神社へのお参り、行ってはいけない理由

喪中の時の神社へのお参りは、行かないようにしましょう。神道では「し」をケガレという解釈から、ケガレを神様に近づけないようにしなければいけません。

また一方で「ケガレ=気が枯れる」をもじり、元気なない状態を神様に近づけるのも良くないとされています。そんな考え方から神社へお参りは、喪中が明ける50日過ぎてからにいたしましょう。

Sponsored Link

仏像をスマホの待ち受けにする、ご利益の効果

仏像をスマホの待ち受け画面にしていてもご利益はありません。スマホ画像にしているだけなので直接的なパワーを感じることもありません。しかしスマホを頻繁に見る人は、毎回その仏像を見ているわけですから、自然と背筋が伸びていくはずです。

常に目のつくところに仏様を置いておく事は、人生のモラルとして正しいことかもしれません。知らずの内にキチンとした人になっていく可能性があると解釈すれば、それはいいことではないかと思います。

お寺と神社にはいろいろな作法や考え方があり、改めて作法を学ぶことによって、あなたもお寺や神社にお参りに行きたくなったのではありませんか?これからも四季折々、良い季節になったら気持ちの良い参拝にお出かけください。そして作法を知らない人がいたら是非教えて上げて下さい。少しでもお役に立てたら幸いです。

神社,お寺,お参り,仕方,マナー

-神社仏閣

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お寺の作法、墓参りの仕方

お寺の作法、墓参りの仕方は間違いだらけ!? 参拝方法の新常識とは

お寺の墓参りの作法や仕方はその宗派によって様々です。しかし仏教の基本的な墓参りの仕方を知ると知らないでは大きな差が出てきます。 墓参りはこれから春彼岸・お盆・秋彼岸や先祖の年期法要など、何度となく家族 …

お墓不要論、お墓が買えない家

お墓不要論、お墓が買えない家や持たない家は親戚から嫌われるって本当!?

葬儀最後の納骨をする時に必ずお客さんから出るお墓不要論。 特にお墓がない家や、欲しくてもお墓が買えない家の多くが、このお墓不要論について語っている。 それは『高いお墓を買ってそこを拝んでいることに意味 …

キリスト教徒でないのに日本人は

キリスト教徒でないのに日本人はクリスマスに大騒ぎするのはなぜ?教会結婚式の不思議

世界で最も信者数の多い宗教はキリスト教です。キリスト教の信者数は約24億人。地球上の人口のおよそ3人に1人がキリスト教徒です。 キリスト教は、 カトリック系 プロテスタント系 東方正教会系 イングラン …

お坊さんの過酷な修行、まねのできない生活その真実とは?

お坊さんの修行は得度から過酷な生活が始まります。 過酷な生活は修行期間だけではなく日々行われ、お坊さんの戒律を厳守していく毎日の生活にも過酷さが見え隠れしてきます。 修行で一番過酷と言われている天台宗 …

仏像の種類や特徴を知ればガードマンの見分け方もわかる?

仏像の種類は4種類に分けられます。 仏像の意味や見分け方など特徴もさまざまで一般には理解困難ですよね。 しかし仏像は種類や形など見分けるのにそう時間は掛かりません。 まず仏像の特徴を理解し仏像の意味を …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント