人間関係

パワハラの原因は上司の治らない病気!あなたが悪いわけではない。

投稿日:2018年3月29日 更新日:

パワハラ上司(加害者)から毎日イジメを受けていると、心理的に自分が原因ではないかと思い始めてしまいます。

勿論思い始めることは悪いことではありません。あなたに根本的な原因があるのならその部分だけを修正して行けばいいことです。

そしてあなたの素直な人格まで否定する必要もありません。むしろパワハラ加害者の遣っている行動自体が異常なんだと思っていなければいけません。

それは何故かというと、人間は誰かを傷つけたりすれば心理的に嫌悪感を感じるようにできています。

パワハラの特徴として加害者が特に男性の場合は、あなたが男であれ女であれ人間だと思っては攻撃してきません

脳の共感回路が切れる性質があり、通常は毎日のようにいじめ・嫌がらせなどパワハラ行為を続けていくことができないはずです。

それが出来てしまうのがパワハラ行為の特徴であり、加害者の異常な行動によってあなただけが被害に遭っているだけです。むしろ加害者自体が病気なのです。

あなた自身に原因があったとしてもそれは数パーセントに過ぎず、それをわざと大げさにしているのもパワハラの特徴と言えます。

Sponsored Link

上司のパワハラに遭っても自分を責めるな

上司からパワハラを受けている時は、自分が悪いと自分が原因だと心理的な錯覚からどんどん落ち込んでいきます。

しかし、仮にあなたに落ち度や原因が有ったとしても決して自分を責めないで頂きたいのです。

何故かというと気分が落ち込むと、あなたの人格までが変わってしまうからです。

さらに、人格を変えたとしても

実際に上司のパワハラ行為の改善にはつながらないことがわかっているからです。

あなた自身に原因があったとすれば、その部分だけを改善していけばいいことです。

加害者が上司であるという権力をもって誰かを傷つける行為は決して許される事ではなく当たり前でもありません。

ですのでパワハラの原因を「自分だけが悪い、自分が原因だ」ということだけを持たないようにし、

さらに自分を責めないで頂きたいと思います。

パワハラの原因は上司の治らない病気

上司からパワハラを受ければ無能状態に陥る

上司からのパワハラを受けている皆さんであれば、以前大きなニュースにもなった豊田議員の秘書の、余りにも無能すぎるという論評は理解できるかと思います。

あの秘書は決して、もともと無能ではなかったはずです。しかし連日のように上司からパワハラを受けていれば、自分のやっている行為全てが、他の人と違う、おかしなことをやっていると錯覚に陥ることも確かです。

パワハラを受け続けていると、被害者も緊張し続け、当たり前の事が当たり前に出来なくなってしまいます。加害者からパワハラを受けたら誰でも無能になってしまうということです。

仮に普通に仕事を熟したとしても、今自分が遣ったことにミスが無いかなど不安になっています。自信が無くなり、何度も何度も繰り返し確認したりして次第に生産性が低下しパフォーマンスが保てない状態になります。

もしミスでもすれば、またそれが原因となり怒鳴られるのではないかとハラハラドキドキしてしまいます。そのうち自分は無能で言われるがままの人間だ、無能力者ではないかと自信喪失になり、仕事が手に付かなくなってしまうわけです。

第三者の捉え方も、「あの人は仕事が出来ないからパワハラを受けているんだ」という論評に切り替わってきてしまいます。

人間はリラックスした状態でないと長期的な考え方や視野を広くもつ事が出来なくなるわけです。ストレス状態では冷静な判断が難しいという特徴があることです。

自分の生産性の低下は、「私が原因」「私が悪いんだ」と思ってはいけません。自分を責めないで下さい。

パワハラの原因は上司の治らない病気

パワハラを受け続けていたらストレスを取り除く

上司からパワハラを連続的に受けている時は、緊張感やストレス、さらには嫌悪感の連続ではないでしょうか。このストレスを取り除く方法は、リラックスすることがとても重要になってきます。

特に瞑想が一番良いとされているのですが、普段の仕事中はなかなか出来ませんよね。そこで日常で簡単に出来るおススメは「深呼吸」です。

パワハラを受けたあと、すぐに深呼吸すると息が続かず苦しい経験をしたことありませんか。これを意識的に深呼吸してみて下さい。

やり方は、頭の中で何も考えず無心になり

7秒間ゆっくり息を吸って 7秒間ゆっくり息を吐く

これを1分間に4回繰り返して行いましょう。

そうする事で人間の脳はストレスがなくなり、リラックスモードに入る事がわかっています。これをで日頃からやってみるクセを付けてみて下さい。

ストレスを感じた時や、嫌になってしまった時など、意識しながらゆっくりとした深呼吸はかなり効果的だと思います。

特に毎日上司のパワハラの被害にあっている皆さんはどうしても心が折れるほどストレスを感じ辛いと感じているのなら一度お試しください。

Sponsored Link

 今回は、

パワハラ上司の原因はあなたが悪いのではない

上司のパワハラに遭っても自分を責めるな

上司からパワハラを受ければ無能状態に陥る

パワハラを受け続けていたらストレスを取り除く

というパワハラの特徴や心理的状態、無能やストレス問題に特化しまとめてみました。

少しでも上司からの辛いパワハラが回避できるようお役に立てたら幸いです。

-人間関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神経質な女性とガサツな女性、ムカつく程の癖

神経質な女性とガサツな女性、ムカつく程の癖をどうにかしたい!

神経質な女性といっても決して綺麗好きではない。よく神経質の人は綺麗好きと結びつけてしまう傾向にあるが、一つの物に対しての一種のこだわりが強いのが特徴です。 例えば、食べる物に神経質な女性とか、掃除に対 …

誕生日プレゼント、男性に喜ばれる後悔しない贈り物

誕生日プレゼント、忙しい男性に喜ばれる 後悔しない癒しの贈り物

人生の中で誕生日は年一回必ず訪れるものですが、年齢を増してくると年一回の誕生日祝いは照れくさいものと敬遠されがちになってしまいます。 とはいううものの、お祝いされる立場になると誕生日プレゼントを貰う事 …

友達同士の喧嘩は、仲裁に入った人間

友達同士の喧嘩は、仲裁に入った人間が争いを激化させる恐れあり!?

もし友達同士で喧嘩になったらあなたは仲裁に入って仲直りさせますか。 それとも友達同士の喧嘩だからといって放っておきますか。 今は昔のように街中や会社、職場仲間でも喧嘩した途端直ぐ警察に通報される為に、 …

ヤブ医者とはひどい医者!? 勘違は怖ろしい名医から変わった本当の意味とは

ヤブ医者の語源や由来は諸説あるが、 あやしい呪術で治療することから「ひどい医者」 「腕の悪い医者」とかといった意味で使っていますよね。 でも学校の先生や政治家などは、 ヤブ先生とかヤブ政治家とは聞いた …

女子がうざいと感じるハッシュタグ!つけ過ぎは女性からも嫌われる

女子がうざいと感じるハッシュタグ!やたらとつけ過ぎは女性からも嫌われる!?

ハッシュタグというのは、今やTwitter・Facebook・Instagramなど各SNSでサポートされ、キーワードの前に「#」を付ける文字列のこと。 近年ではこれを投稿につける事でその動画や写真が …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などを多く配信しています。

フリーコンサルタント