エンスポ

飯豊まりえ推奨のインスタ映えするアプリに、中居正広も絶賛

投稿日:

2017年に大ブレークした若手女優、飯豊まりえ(20)は、ファッションモデルでありまたグラビアモデルでもある。

飯豊まりえのプロフィールは

本名:飯豊万理江

生年月日:1998-1-5生まれの20歳

血液型:B型

2008年7月alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス及びPV出演しデビュー。2008年10月12日、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にて応募総数約800人の中からグランプリを受賞

『週刊ヤングジャンプ』2014年12月18日発売号にて初めて水着グラビアを披露し、グラビアでも活躍。2014年の『S -最後の警官-』(TBS系)への出演時には新垣結衣似として反響を呼ぶ。

2018年1月4日発売の『週刊プレイボーイ』3&4号の表紙と巻頭グラビアに登場し、20歳の誕生日となる翌1月5日に水着や下着のカットを含むファースト写真集『NO GAZPACHO』を発表。その他「信長協奏曲」「まれ」などにも出演している。

Sponsored Link

そんな飯豊まりえは、ドラマの空き時間にはまっているほどのインスタグラム好き。

今回、飯豊まりえは中居正広がMCをつとめる『なかい君の学スイッチ』でインスタグラムを投稿する際に役立つアプリを紹介した。

 

動画を撮るアプリだったら「8ミリカメラ」があり、8ミリカメラ\240で有料ですが超優秀という。

これは2013年にアカデミー賞を受賞、

「シュガーマン」の撮影のために使われていたしろものなのです。

飯豊まりえが実際自画像を撮影しており、普通で撮った動画でも、

8ミリ動画で撮ったように見える優れもの。

インスタグラマーやレトロ調が好きな方におススメです。

 

飯豊まりえが推奨するインスタグラマー必見、中居正広の絶賛

飯豊まりえ推奨のインスタ映えするアプリ

飯豊まりえが一番に推奨している、誰でも簡単に料理を美味しく撮影できる最強アプリ。

それは、SNOWの姉妹アプリFoodie(無料)

実はこのカメラ、それぞれの料理に合った専用のフィルターを搭載しており、

料理好きのインスタグラマーが大喜びのアプリと言われています。

飯豊まりえもお気に入りで中でも料理を美味しく撮るには真上からの撮影が基本だが、

このアプリは正しい位置を調整してくれるのです。

自由自在に写真が撮れるので、インスタ映えしおススメのアプリといえます。

なんと言っても、フィルター搭載ということは、どんなシーンのも対応するというわけで、料理以外でも使えそうだ。

皆さんも一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

-エンスポ

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松尾由美子メガネテレビ朝日アナウンサー

松尾由美子 メガネ顔に胸キュンの可愛いアナウンサー!テレビ朝日からフリーになるのはいつ?

松尾由美子アナウンサーは、テレビ朝日のベテランアナウンサーの一人です。 最近は「林修の今でしょ!講座」で司会をつとめています。 特に、女子アナウンサーでメガネをかけてテレビ出演しているのは 松尾由美子 …

鷲尾春果,子供,辻岡義堂

鷲尾春果元アナが子供から言われてショックだった衝撃の一言

鷲尾春果さん(31歳)は「恋のから騒ぎ12期生」 アナウンサーやタレント活動を経て、2011年に日本テレビアナウンサーの辻岡義堂氏と結婚した。 引退後、長女3歳と長男1歳の子を持つ美人ママでもある。 …

さんまと大竹しのぶ共演、キライナヒトをデュエットで歌う

さんまと大竹しのぶの歌「キライナヒト」デュエット中に乃木坂46が感動の涙

今から32年前1986年「男女7人夏物語」の共演がきっかけで結婚したさんまと大竹しのぶ、当時の年齢は明石家さんまは31歳、大竹しのぶは29歳の若さ。大竹しのぶがドラマの中で「私のこと好き?・・・」とさ …

芸能人の訃報、知らなかったじゃ済まされない裏事情

芸能人の訃報や速報。2月5日早朝、元フジTVアナウンサー有賀さつきが旅立たれていたことが速報で流れた。日本中の有賀さつきファンや芸能人たちも大きなショックを与えたに違いない。 年齢的も52歳という若さ …

芸能人のギャラ、指先一本で

芸能人のギャラ、指先一本でこんなに儲かった!? 1番ギャラがオイシかった仕事

芸能人のギャラは高すぎ・・・など、芸能人でも有名人から新人まで、また引退後のスポーツ選手など様々な所からギャラの話が飛び交っています。その中でも、テレビ出演の他に芸能人はいろいろなイベントや握手会、サ …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント