エンスポ

大林素子 はしゃぎ過ぎ!? 女子バレーボール日本代表の作戦とは

投稿日:

大林素子は元女子バレーボール日本代表のエースアタッカー。

1967年6月15日生まれの50歳

現在は、スポーツキャスター・タレント・女優・モデルでもある。

その大林素子が今回、

女子バレーボールの大会であれだけはしゃいで体力消耗しないのかと疑問視する声に日本代表選手として裏話を公開する。

Sponsored Link

はしゃいでいる時間が長いのは女子バレーボール日本代表だけ?

日本を代表する競技の中で、点が入ってはしゃいでいるのはバレーボール以外にも数多くあります。その中で1試合の中で最も長い時間、はしゃいでいるのはどんな競技があるのでしょうか。

野球

点が入るとハイタッチをして存分にはしゃぎだします。1試合どれだけはしゃいでいるか調査した結果、2017年WBC日本VSオーストラリア戦の日本人の総はしゃぎ時間は326

サッカー

2017年東アジア選手権日本VS韓国戦の日本人の総はしゃぎ時間は 32サッカーはたの競技に比べると特典が入りにくいスポーツなのではしゃぐタイミングが少ないかも知れません。

バレーボール

2015年ワールドカップ日本VSドミニカ戦の日本人の総はしゃぎ時間は1653と圧倒的にはしゃいでいる(笑)特にこのバレーボールは、はしゃぐタイミングがとても多いのです。

大林素子はこの件に関して、例えば

  • スパイクが決まった時
  • ブロックが決まった時
  • 試合が始まる前
  • 選手交代の時
  • ミスをして相手に点を取られた時

といった他の競技では比べものにならないくらい、はしゃぎ過ぎているのです。

大林素子はしゃぎ過ぎ女子バレーボール

バレーボールの、はしゃぎ過ぎは体力の消耗にならない?

バレーボールでも点数が入り、喜んだりはしゃいだりすることは素晴らしいことです。サポーターも視聴者側も元気を貰えるのでいいことなのです。

しかし一番心配なのは選手の 体力の消耗です。

バレーボールの試合中、圧倒的にリードしている時だったら問題ないと思うが、接戦になった時って勝敗に影響しないのだろうか。見ているとプレー以外の行為として、結構な消費カロリーを損失していると感じるのだが、実際はどうなのでしょうか。

はしゃがなければもっと勝てるのでは?と思い、実際に「はしゃがなかったら」どうなるのか検証してみた結果

  • 通常通りはしゃいで試合を実施
  • 一切はしゃぎを封印して試合を実施

すると、一切はしゃぎを封印して試合を実施した方は、点が入っても声を出さないので、

つまらなそうに見える」ということでした。スポーツとして、見ている側もはしゃいでいないバレーボールは致命的なくらい面白味がなかったです。

バレーボールは1・2・3と回転数が早いせいではしゃぐ回数も多い。これが国技の相撲だったら「ガッツポーズしただけであんなに怒られる」のと比較したら言語道断ですよね。

それに比べバレーボールはあんなにはしゃげるのは異例なのでしょうか。

 はしゃぎ過ぎは、女子バレーボール日本代表の作戦が・・・

元女子バレーボール日本代表の大林素子によると、バレーボールのはしゃぎすぎに関して、あれははしゃぎすぎではなく喜んでいるだけと強調する。「はしゃぎ」と「喜び」はチョット違うらしい。

Sponsored Link

バレーボールがはしゃぐ理由

  • 11点喜んでいる間に作戦を確認し合っている

これはポイントが入って喜んでいる間、コートの真ん中に集まり作戦指示ができる。よく見ると実に笑いながらも、きちんと喋っているようだ。

  • 「チームが盛り上がっていること」を相手に見せてつけている

これは相手にプレッシャーを与える作戦でもある

  • テレビ中継でバレーボールがSHOW

テレビ中継も新時代の影響からSHOWして、はしゃぎが倍増したのではないだろうか。これは大林素子の現役時代から始まった、バレーボール試合前の選手紹介でワ~と言われながら入っていくシーン。昔は無かったが、今は無理にでも大胆にアピールしないといけなくなってきたらしく、そんな愛想良くする演出も正直入っていたと大林素子は語る。

バレーボールでは、失敗が続いた選手がいても次の選手が点を取れば「ありがとう」という思いで気遣いなくハイタッチしている姿が印象的。はしゃぐ=喜ぶ って大事なんだなあと改めて分かった気がしました。

大林素子も現役は引退してもバレーボールを語らせると目がキラキラしているのがよくわかります。それだけバレーボールをこよなく愛しているのでしょうね。

これからも女子バレーボール日本代表の皆さんも存分にはしゃいで下さい!

今後の活躍を心からお祈りしています。

-エンスポ

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

松尾由美子メガネテレビ朝日アナウンサー

松尾由美子 メガネ顔に胸キュンの可愛いアナウンサー!テレビ朝日からフリーになるのはいつ?

松尾由美子アナウンサーは、テレビ朝日のベテランアナウンサーの一人です。 最近は「林修の今でしょ!講座」で司会をつとめています。 特に、女子アナウンサーでメガネをかけてテレビ出演しているのは 松尾由美子 …

藤田ニコル、頭良くなれるヒントは親

藤田ニコル、頭良くなれるヒントは親にあった!子どもの英語力は本当に必要か

藤田ニコルは1998年2月20日生まれ、出生地はニュージーランド。父はロシア人とポーランド人のミックス。母は日本人。 経歴は、2001年:両親が離婚し母と2人で埼玉へ移住。2009年:ファッション雑誌 …

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて

若槻千夏、頭カラッポから勉強教えて!全国のお母さんに教えたいスゴイ一言

若槻千夏は1984年5月28日生まれの今年34歳で2人の子を持つお母さん。元グラビアアイドルで現在はバラエティー番組に多数出演している。 そんな若槻千夏は、自分のお子さんが最近勉強に目覚め、個人的に勉 …

藤田ニコル“かわいいの神様”

藤田ニコル“かわいいの神様”本気度が大人にこちゅうを今なぜ激増している?

話題沸騰中のモデル藤田ニコル(20歳)は「かわいいの神様」 人間は本人が望めば何者にもなれる。 強い意志を持ち、夢や希望そして目標とするものに 視点がぶれない限りその成功に向かい続けられる。 藤田ニコ …

体操・田中理恵が明かす五輪メダルの報奨金

五輪メダルの報奨金、体操・田中理恵が明かす「華のある選手」と自慢する理由

リオオリンピックや平昌オリンピックで金メダルを獲得し、オリンピック選手もJOCからの報奨金もそれぞれの競技によって報奨金の額が変わってきます。 リオオリンピックでの体操男子団体が12年ぶりの金メダルで …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント