生活環境 葬儀関係

女性の転職、サービス業の中でも葬儀接待がおすすめな訳とは

投稿日:2018年2月2日 更新日:

女性の転職サイトを見ると専門分野の職種が目立ちます。特に年齢制限は男性より低く20代~30代をターゲットにしている企業が多い。

女性は男性と違い家庭を持って子育てをするといった掛け持ち生活がほとんどです。

特に子育てをしながら空いた時間で仕事したいが、転職先までの通勤距離や通勤方法で制限されたりスキルを磨いてきた女性以外は到底正社員にはなりづらいですよね。

Sponsored Link

女性の転職、忙しい毎日を送ってきた生かせるスキル

男性の場合ですと年齢に関係なく仕事1本で家事の事を気にせず働けますが、女性は人によって家庭環境や年齢によっても大きく左右されます。

最近は1度も結婚しないで仕事を続けている30代~40代も増えており、転職先に面接を受けると即決で受け入れられる。

しかし一方で、結婚して子供ができ子育てに日々追われ、ホッとして気づいたときはもう体力的にも限界という女性にとっては、職種や年齢制限を見ているだけで面接を受ける前から気疲れしてしまうのが現状ではないでしょうか。

30代ならともかく40代半ばになって「もっと自由な時間が欲しい、一人になりたい」

でも自分の子供が結婚するための資金が必要だったり、旦那の給料だけでは家のローン返済が追い付けないなど、リスクを背負って転職先の面接を受けるも、サービス業を例にとっても可なり狭き門のようです。

サービス業,女性,転職,

女性の転職、体力勝負の時代からマナーを尊重する時代へ

実は先日、私の妻も転職しました。若いときはサービス業でも専門分野で活躍していたものの、子育てが終わりいざ転職と言っても正社員にはなれず、近くのスーパーでパートをするありさま。

40代後半にもなると精神的にも仕事に対する思考能力が低下するのか否か(笑)。

以前、私は葬儀接待を薦めました。仕事内容を把握しているし給料も安くはない。

そんな理由から何度か手伝ってもらいましたが、同じ職場で働くのは私の陰口が聞こえてくるから嫌だと、つまらない理由で断られたことがありました。

しかし私がなぜ葬儀接待という職種をすすめするかというと、女性は家事を熟してきた実績やスキルがあり、体力的にもさほどハードではない体制であるからです。

確かに葬儀という職種ですから突然明日から・・・とか希望休を出しても休みがとれないというデメリットはたまにありますが、それ以外はほとんど熟せる内容です。

具体的に言えば、葬儀接待の仕事は会葬者のお食事処に料理を配膳したり、お席を案内したり、厨房で洗い物など自分の家庭でやっている延長線のようなもの。

重い物を持たない、走らない(=走ってはいけない)、セカセカしないなど、多少の制限はあるものの、マニュアル通りではないため臨機応変の対応が身に付いたりします。

葬儀そのものが嫌いとこだわりのある女性でも、式場内部やロビー案内するわけでもないので作業範囲は限定されます。

大事な個所は責任のある正社員が担当しますからね。

Sponsored Link

女性が働きやすくなったサービス業、得する事が沢山ある

働く時間も短く、子育て真っ盛りの30代女性の場合、夜旦那が子供を見てくれるから通夜時間だけならOKとか、葬儀日であれば学校の迎えまでなら大丈夫だと言って面接に来られる女性もいます。

40代女性であれば子育ても終わり自由時間を使って一度はやってみたい職業だからといって面接にこられる女性が多いのが特徴ですね。

特に女性が働くサービス業の中でも清潔感を醸し出せ、葬儀マナーを勉強できたりもするので他の職種では味わえない分野だと思います。

これからも超高齢化が進み死亡率も増えてきます。葬儀業界も女性がメインとなってくる時代です。機会が有れば一度興味を持たれるのも良いのではないでしょうか。

-生活環境, 葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

文音・映画おみおくり

文音・映画「おみおくり」納棺師役でこの春おくりびとに対抗!?高島礼子と共演

文音は映画「おみおくり」で女性納棺師の役で主演の高島礼子と共演する。 2018-3-24有楽町スバル座ほか全国順次公開であるが、 本作の原案及び納棺師監修は、 永井結子の「今日のご遺体 女納棺師という …

写真撮影厳禁!?火葬場での危険な行動とは

火葬場は固く写真撮影厳禁になりました。あらゆる面から・・・という理由からです。葬儀儀式の中でも火葬場は付き物で身内の中で不幸があれば避けて通れないものとされています。 しかし一部マニアを除いては写そう …

葬儀司会が過剰すぎる演技

葬儀司会が過剰すぎる演技、いまだに泣かそうという理由がわからない

葬儀場での司会者の役割は、感情を表に出さない厳かな司会進行が、一番尊われて行われるべき立場となります。 しかし、未だに「お涙ちょうだい的」な女性司会者が多く、ナレーションがとても不快を感じる会葬者も多 …

寿司の食べ方「手づかみで食べる風習」「寿司のゲソ」

寿司の食べ方「手づかみで食べる風習」「寿司のゲソ」日本人も知らなかった事とは

刺身はもちろんのこと和食は大抵「箸」を使って食べるのが基本ですが、刺身を手で食べるなんてマナー違反です。 しかし具材は同じなのに、日本人は寿司だけなぜ手づかみで食べる風習が有るのでしょうか。 Spon …

葬儀の失敗例から学ぶ、過剰サービスの問題点

葬儀には思わぬトラブルが発生します。 葬儀を準備する時間がない、1回限りの真剣勝負で、遺族の神経もピリピリしている。 だからこそ失敗は避けなければいけないのだが注意していても起こることはあるのです。 …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント