funeral

線香と焼香どっちが正式作法!? 日本人でも知らなかった葬儀マナーとは

投稿日:

線香は近年、家庭での仏壇に手を合わせる時やお墓参りに行った時は

必ずお供えする必需品であり葬儀にも大切な作法の一つとして重要視されています。

しかし葬儀の時は、抹香を使用したお焼香をあげますが、

線香とどう違うのでしょうか。

お線香を立てるのもお焼香をするのも、

先祖や亡くなった方を拝む時に自分の身を清めたりする行為で、

意味合いからは同じです。

Sponsored Link

近年では一般的にお線香を上げますが、

葬儀では一人一人お線香に火を点ける手間や時間を軽減するために

「抹香を使ったお焼香」に切り替えています。

しかし元々は「仏壇を拝む時」も「お墓参りする時」も

葬儀と同じように「抹香を使ったお焼香」を使っていました。

それは飛鳥時代に仏教の伝来とともに中国からお焼香が伝わったのですが、

お経を上げるときやお墓参り、

仏壇で拝む時など仏事では全て線香ではなくお焼香が使用されていたのです。

 お線香やお焼香はいつの時代から使われていた?

お線香が誕生したのは安土桃山時代です。

飛鳥時代にお焼香が伝わり、

奈良~平安~鎌倉~室町時代とおよそ1000年後の安土桃山時代に

お線香が誕生したといわれています。

お線香もお焼香も形こそ違いますが使っている原料は同じ物なのです。

線香と焼香どっちが正式作法

正式には抹香と呼ばれておりこのお焼香は、

お線香を粉末にして繋ぎを混ぜて固めたものです。

お線香の作り方は今も昔も同じで、

主にお線香に使われている原料は「白檀」や「沈香」と呼ばれる

香木を使用しています。

これを荒く砕いたものが「お焼香」であり、

これをさらに粉末状にしたものが一部お坊さんが使う「抹香」に使用され、

また「お線香」にも加工されていくのです。

加工するにあたって繋ぎとなる粘着力のある「タブノキ」を混ぜて行きます。

そこにお湯を加え練り合わせること45分、専用機を使い押し出して乾燥させたら完成です。

この棒状のお線香は江戸時代になると仏壇やお墓参りに使用されるようになったのです。

棒状のお線香が使われるようになった理由

線香と焼香どっちが正式作法

葬儀の時、僧侶がお経を読んでいる最中ずっと

線香の煙や香りを絶えないようにしていたが、

お焼香はひとつまみで約1分しか持たずその代用品を探していた。

その時、薬商人に依頼し朝鮮半島から「竹芯香」という物を見つけてきた。

これは昔からアジアの寺院で使用されており一度火を点けると

長時間燃え続けている特徴があります。

しかし竹の焦げ臭いは室内には向かず、

それから竹に塗るのではなくお焼香の粉末を固めて棒状にすることを提案。

こうして香木と安いタブノキを混ぜて作り上げたため、

お焼香に比べ安く作り上げることが出来たと言われています。

長時間燃え続けて値段が安いお線香は江戸時代になると

一気に庶民の間に広まっていったのです。

通夜・葬儀に線香ではなくお焼香が使用される理由

Sponsored Link

お通夜や葬儀では、直接亡くなられた方に向けて拝みます。

この場合便利さや経済性を追求した「お線香」ではなく

本来の「お焼香」をあげて供養するのが正式な形となります。

その意味合いから現在でも葬儀や通夜ではお線香ではなく

お焼香をあげる作法が残っています。

この他にも、お焼香も業務用でとても安いものが販売されており、

葬儀に参列する人数が多い場合には焼香時間も短縮され

とても重宝なものとなっています。

しかしこのお焼香は、原料によって「臭いがキツイもの」

「煙が多く出るもの」があり時には目を傷めたり臭いで具合が悪くなる人も出てきます。

そのようなことから、むやみにお焼香をくべるのではなく、

葬儀のマナーを考えて頂き控えめに使用することをおススメします。

-funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人手不足の解消策

人手不足の解消策に、なんと葬儀社同士でスタッフの貸し借りが流行!?

人手不足の解消策というと、通常派遣業界を利用するのが一般的です。しかし葬儀業界では、葬儀スタッフの派遣は現在のところ乏しい。 なぜなら葬儀は大手を除き、毎日安定した仕事がない=毎日葬儀を施行していない …

女性の転職、サービス業の中でも葬儀接待がおすすめな訳とは

女性の転職サイトを見ると専門分野の職種が目立ちます。特に年齢制限は男性より低く20代~30代をターゲットにしている企業が多い。 女性は男性と違い家庭を持って子育てをするといった掛け持ち生活がほとんどで …

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

葬儀司会が過剰すぎる演技

葬儀司会が過剰すぎる演技、いまだに泣かそうという理由がわからない

葬儀場での司会者の役割は、感情を表に出さない厳かな司会進行が、一番尊われて行われるべき立場となります。 しかし、未だに「お涙ちょうだい的」な女性司会者が多く、ナレーションがとても不快を感じる会葬者も多 …

この祭壇の生花昨日と同じだ!使いまわしする花屋にメス

会葬者が多い大規模な葬儀には生花祭壇が多く使用される。 花の種類は菊の花をベースに、故人の好きだった花や色とりどりの洋花が取り入れられます。 会葬者の中にはよく連日のように葬儀に出席する方も多く、以前 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント