エンスポ funeral

芸能人の訃報、知らなかったじゃ済まされない裏事情

投稿日:2018年2月5日 更新日:

芸能人の訃報や速報。2月5日早朝、元フジTVアナウンサー有賀さつきが旅立たれていたことが速報で流れた。日本中の有賀さつきファンや芸能人たちも大きなショックを与えたに違いない。

年齢的も52歳という若さ。1月末にたびだたれてから1週間程経っている今、何故この時期の訃報速報なのでしょうか?

Sponsored Link

報道では、当時原因不明、葬儀未定、元夫には伝わっている・・・とあるが何か裏事情でもあったのでしょうか。

とても疑問に思います。葬儀業界では、訃報は一番大事な役目があり、生前の功績や義理など様々なことが関係してきます。

一方で家族や身内にとってはそんな時間は無いとも言われています。

訃報を出すか否かによってその時点から身の振り方も大きく変わり、それ以上に葬儀をどうするかなどという思考も変わって来るでしょう。

特に今回のようなTVに顔を出し有名になった芸能人は、訃報速報することによって弔問客やメディアがどっと押し寄せることは確実です。

しかし、芸能人だからこそ人脈も多いし旅立たれていた事で最後のお別れの言葉を伝えたい、感謝の気持ちを伝えたいなど、故人の家族には知らなかった部分も多いはず。

芸能人,訃報,速報

例えば花の三人娘と呼ばれていた八木アナや藤田景子さんなどはこの訃報を聞いて信じられないというくらいショックだったかと思います。

もし今の時点で故人の姿が無かったら、火葬をしてしまったら・・・お別れが出来ない、そっと手をさしのべても上げられないなど、取り返しのつかない結果にもなりえます。

「どうして知らせてくれなかったの?」と遺族が標的にされるでしょう。

通常一般人の葬儀では、さほど問題視されない話題ではあるが、それでも親友や生前縁の深かった方からは「葬儀社の配慮が足りない!」「何年この仕事遣っているんだ!」などとクレームの対象にさせられます。

理由を述べても納得などしてくれません。

Sponsored Link

その理由は葬儀社は故人をよく知らないからです。遺族の言われるがまま業務をこなすだけ。

葬儀社目線や遺族目線で見るのではなく故人本人(故人目線)で見てあげる必要性が大事だと思います。

人間は生きている内も大事だが、旅立たれたその後の行動も、家族の適正な判断がなされているのかを重要視します。

 

これからもまた芸能人をターゲットにした番組も報道される事でしょう。

有名人や芸能人の訃報の遅れが社会問題や報道のいい材料になる近年。

葬儀社も「知らなかった」じゃ済まなされないその大事な部分を意識し、改めて学んでいかなければならないと感じます。

-エンスポ, funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

芸能人のギャラ、指先一本で

芸能人のギャラ、指先一本でこんなに儲かった!? 1番ギャラがオイシかった仕事

芸能人のギャラは高すぎ・・・など、芸能人でも有名人から新人まで、また引退後のスポーツ選手など様々な所からギャラの話が飛び交っています。その中でも、テレビ出演の他に芸能人はいろいろなイベントや握手会、サ …

飯豊まりえ推奨のインスタ映えするアプリ

飯豊まりえ推奨のインスタ映えするアプリに、中居正広も絶賛

2017年に大ブレークした若手女優、飯豊まりえ(20)は、ファッションモデルでありまたグラビアモデルでもある。 飯豊まりえのプロフィールは 本名:飯豊万理江 生年月日:1998-1-5生まれの20歳 …

家族葬と言われたら

家族葬と言われたら?NGをくらった職場の上司

家族葬と言われたら、一般葬儀のように 「葬儀に参列すること」 「香典を出すこと」 「焼香すること」 「花輪生花やお供物を供えること」は一切受け入れてくれません。 家族葬は喪主や家族で決めた葬儀形態です …

新聞のお悔やみ広告、内緒にしていたのになぜ?

大切な方が他界した時、周知する方法に新聞を利用した「黒枠広告や記事」があるのをご存知でしょうか。 一般には「お悔やみ欄」とも言います。「お悔やみ広告」はあくまで広告の為スペースに比例し有料となります。 …

吉高由里子が仲良し近藤春菜

吉高由里子が仲良し近藤春菜の1年後に返信されたメールに怯えるある言葉とは

吉高由里子は、NHKの朝ドラ「花子とアン」や「東京タラレバ娘」など、数多くのテレビや映画に出演している国民的女優である。 2018-4-11からテレビ、新水曜ドラマ「正義のセ」が放映される。 吉高由里 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント