健康管理

果物を夜に食べると太る間違ったダイエット法/ぽっこりお腹で体重が増える!?

投稿日:

秋と言えば果物の美味しい季節、

女性にはヘルシーだと思って

夜ご飯の後や、夜ご飯の代わりに食べている人も多いと思います。

しかし、皆さんは夜に食べてもいい果物と、

食べてはいけない果物が有るって知ってましたか?

Sponsored Link

 夜ご飯の代わりに食べると太る果物とは!?

ブドウ、リンゴ、イチゴ、グレープフルーツの中で、

夜に食べてはいけないものが有るのです。

夜に食べない方がいい果物、

それは「ブドウ」と「リンゴ」です。

果物を夜に食べると太る間違ったダイエット法

果糖の特徴として

体内では果糖は物凄く変わった消化の仕方をされ、

勢いよく消化され糖なのに

血糖値が上がりにくいのが特徴とされています。

人間は昼間活動していれば

普通に消化されるのですが、

夜食べてから寝てしまうと

中性脂肪に変わりやすくなってしまうのです。

果物を夜に食べると太る間違ったダイエット法

その結果体重が増えやすいという結果になってしまいます。

実は、それぞれの果物に含まれている果糖は、100㌘あたり

  • グレープフルーツ 1.8
  • イチゴ      2.1
  • ブドウ      7.3
  • リンゴ      7.7

となり、

ブドウやリンゴは他の果物に比べ3倍以上。

ヘルシーそうな果物ですが、

果物の糖「果糖」は他の糖に比べ、

中性脂肪をたくさん作る性質があるのです。

ブドウ糖…血液を巡りエネルギーとして使われる

果  糖…肝臓で代謝され中性脂肪を多く作る

Sponsored Link

この2つの果物を中心として朝食べれば

日中エネルギーとして消費されますが、

エネルギーを消費しない夜に食べたり、

夜ご飯の代わりに食べると

中性脂肪が体内に溜まり太る原因を作って

ぽっこりお腹になってしまいます。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

りんご王林の栄養効果 皮は絶対に捨ててはいけない

りんご(王林)の栄養効果/皮は絶対に捨ててはいけない正しい食べ方とは

寒い時こそ是非食べて欲しい「冬が旬の果物」と言えばお茶の間には欠かせない栄養たっぷりの「りんご」ですが、皆さんはどうやって食べていますか? そのままかぶりついても、暖めてスイーツにしても美味しいですよ …

甘酒(米麹・酒粕)4つの効果的な飲み分け方法

甘酒(米麹・酒粕)4つの効果的な飲み分け方法!睡眠・疲労・肌・健康に最適

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価値の高い飲み物で、様々な健康効果が明らかになって女性誌のメディアでも数多く取り上げられています。特に甘酒は昔からの日本の伝統的な飲み物として、再開拓されてきたよう …

鼻をほじる癖がある人は要注意

鼻をほじる癖がある人は要注意!肺炎球菌は接触感染する!?

鼻をほじる癖がやめられない人は、これを聞いたらやめたくなるかもしれません。 よく鼻をほじる癖のある人は常に自分の手が鼻の位置にあり、 街中で声を掛けようと思っていても、こちら側が恥ずかしくなって声を掛 …

記憶力低下

記憶力の低下、50代でもまだ間に合う簡単な脳の鍛え方

記憶力の低下は年齢も50代にもなると日に日に脳の衰えを増してくるのがよくわかります。 「最近人の名前が思い出せない」「新しい情報が覚えきれない」などと、記憶力に自信すらなくなっている人も多いようです。 …

ストレスに強くなる

ストレスに強くなる!?これだけはやってほしい簡単な解消法

ストレスに強くなる簡単な解消法とは ストレスには仕事ストレス、育児ストレス、金銭ストレス、精神的ストレスと様々なものがあります。ストレスのランキングでは精神的なのがダントツです。 自分はストレスに強く …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント