教育関連 生活環境

大坂なおみ選手の苗字大坂(おおさか)は縁起悪い!?「大阪」のルーツとは?

投稿日:

テニスの大坂なおみ選手の苗字「おおさか」は、「土」へんに「反」と書く「おおさか」です。

しかし関西にある地名のおおさかは「大阪」とこざとへんですが、大坂なおみ選手の「おおさか」とどう違いがあるのでしょうか。

そして名字に使用される「おおさか」は「大阪」と「大坂」どちらが多いのでしょうか。

Sponsored Link

実際全国のハローページで調査した結果、

  • 「大阪」・・・ 113世帯
  • 「大坂」・・・2061世帯

と圧倒的に土へんの「大坂」が多いことが分かっています。

苗字の「大坂」、地名の「大阪」とのおおさかのルーツは意外なものだった!?

大坂なおみ選手の苗字大坂(おおさか)は縁起悪い!?

現在の大阪府は「阪」を使っているのですが、元々は苗字と同じ「大坂」を使用していました。

そもそも現在の大阪府の周りがおおさかと呼ばれるようになったのは室町時代後期からで、現在の大阪府は当時「摂津国」に浄土真宗の僧侶「蓮如」がお寺を立てその近くは大きな坂が有ったと言われています。

そこでお寺を意味する御坊に「大坂御坊」と名づけられました。

その後、安土桃山時代になると天下統一を果たした豊臣秀吉がその土地に現在の「大阪城」を建てたのですが、実は元々江戸時代に書かれた絵馬には、土へんの「大城」だったのです。

その後、次第に大坂城の周辺の地域の事を土へんの「大」と表記するようになりました。

土へんの「大坂」は縁起が悪い!?

江戸時代後半になると土へんの「坂」は縁起が悪いと言われ「大坂」→「大阪」に変えていくようになったのです。

それは、坂を分解すると

「坂」→ 土反(つちかえる)=「武士が死を連想させる

という意味合いから縁起が悪いと言われていたようです。

このように大坂の坂と同じ意味を持つ「こざとへん」のに変えるべきだと騒がれていたのです。

その後、明治2年大阪府府令として正式に「大阪」となりました。

大坂の「坂」は縁起が悪いのになぜ苗字「大坂」が多い!?

大坂なおみ選手の苗字大坂(おおさか)は縁起悪い!?

苗字の由来やルーツから、そもそも大坂さんは「大坂」地域に住んでいた人たちが名乗り始めたように思われがちですが、実は違うのです。

現在、土へんの大坂さんが多く住んでいる都道府県は、大阪府周辺ではなく北海道から青森・秋田・岩手・山形・新潟など東北北陸地方に多く、大阪出身の人達に聞いても「大坂さんは居なかった」といいます。

実は、テニスの大坂なおみ選手の祖父は北海道出身でした。

江戸時代の頃、北海道や東北・北陸地方には大坂から仕入れたものを売る「大坂屋」という店が有り、その店舗を営んでいた人たちが「大坂」という苗字を名乗ったと考えられています。

Sponsored Link

当時、大坂から物資を売り買いする商船「北前船」が、北海道・東北・北陸と航行していたことで酒や塩・木綿などを売る店舗が沢山あったのです。

そのため、大坂屋を名乗る人たちは皆「大坂」と苗字を名乗っていたということなのです。

そして大坂屋は既に繁盛していた事から「縁起が悪くとも今さら変えられない!」と屋号と同じ「大坂」を苗字にする人が多かったという意味があったようです。

その為現在でも北海道や東北・北陸地方には「大坂さん」が多いのです。

大坂なおみ選手の苗字大坂(おおさか)は縁起悪い!?

しかし、大坂なおみ選手が有名になったことからこの大阪・大坂の苗字のルーツを知ることが出来、更に大坂なおみ選手もこれからテニス界で大きな飛躍を期待したいものですね。

-教育関連, 生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らし風呂掃除

一人暮らしの風呂掃除、毎日ピカピカに保つその頻度とは?

一人暮らしの風呂掃除は毎日やるのは大変です。特に一人暮らしをしていると風呂場や洗面台まで掃除してもキレイに保つことは困難。 風呂掃除の頻度も毎日ではなく週一とかになってしまいます。 一人暮らしの男から …

雇用保険 もらわないと損になる!

雇用保険 もらわないと損になる!賢い失業生活と再就職手当の貰い方とは

雇用保険にも加入していて雇用条件が決して悪くはなかった会社から、会社都合で離職させられた無職の男性。年齢は私の1つ上で間もなく60歳になる中年男性の実体験談である。 離職理由は、会社経営が悪化し人員整 …

学校教育で小学校が大きく変わる

学校教育で小学校が大きく変わる!? 2020年子供が大変になる授業とは

学校教育の中で小学校から中学と、義務教育も時代と共に変化してきています。 日本が抱える問題の中で教育は何となく知っているつもりでもよくわからない所がありますよね。 知らず知らずのうちに歩んできた教育は …

脳をだます

脳をだますことでグ~ンと効果UP方法。幸せダイエットや勉強も・・・

脳をだますということで最近ではダイエットや勉強方法に役立つことが話題になっています。 脳はこんなにも単純であるならば、かなり面白い方法です。 どこまで脳をだますことができるのでしょうか。とても気になる …

風邪がうつらない予防対策 医者や一流の人もやっている

医者はなぜ風邪がうつらない!?即効で誰にでも出来る風邪予防対策とは

冬の季節休日も多く風邪を引いてしまったらどこにも行けず悲しくなりますよね。人間は一生の内に200回風邪を引くと言われています。 しかし医者や弁護士など一流の人はそんなに休んでいる暇はありません。例え風 …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などを多く配信しています。

フリーコンサルタント