funeral

読めない名前に苦労?葬儀社が悩む裏事情とは

投稿日:2018年2月9日 更新日:

読めない名前にとても苦労し、後悔する親御さんはどれだけいるでしょうか?

子供が出来た時、つける親は漢字の画数や意味を考えだけでも苦労してしまいますよね。

自分の子供が幼稚園に上がる時先生に覚えてもらいにくく後悔したという母親もいます。

最近ではお葬式においてもその漢字に苦労する現象の波が押し寄せてきています。

読めない名前に苦労する葬儀社の裏事情とは。

Sponsored Link

読めない名前をつける意味とは

昔は読めない名前をつけたがる親はほとんどいませんでした。

誰でもわかる読みやすい名前、ここで子供は終わりだから「トメ」「シメ」。

その後から、男なら「一郎・次郎・一男・次男・伸一・浩一」といった簡単な名前でした。

でも自分が大人になって来るにつれ親のつけた自分の名前や漢字を見て「うちの親何でこんな名前つけたんだろう?」「かっこわるい~」と後悔している人いませんか?

最近では、逆に子供につける名前は「かっこいい名前」「かっこいい漢字」。

時に「出生前から男女どちらにも読める名前」の理由が多いようです。

もちろん大きく伸び伸びとした人間に・・・とか、真っすぐな性格であるように・・・とか、穏やかで幸せな人生を・・・など意味もしっかり考えてつけているはずですなのですが。

しかし、とても難しくて読めないんですぅ~~と悩む人達もいるのです。

読めない,名前

読めない名前はほとんどが当て字?

書家が持ってい中に、人名漢字(人の名前に多く使われる漢字)という1冊の本があります。

賞状・表彰状・感謝状・卒業証書など子供の名前を中心に年々その数も増えてきて、出版会社も追い付かないと言ったことを聞きました。

使用する漢字は当用漢字が主ですが、1文字なら問題はありません。

しかしこれが2文字3文字になった場合、書家の方も「これなんて読むの?」と苦労までは行かなくても、筆が止まる事があるそうです。

名前を書いている時は集中し無心になりますからね。

筆が止まるだけで苦労するのかよ?とも思えます(笑)

では最近の幼児の名前はどんな漢字のものがあるでしょう。

ほんの一例を紹介します。

・「玲枒」れが  ・「愛惟」あい  ・「結海」ゆうあ  ・「遥空」はるく

・「喜心」はるむね  ・「心春」こはる ・「心菜」ここな ・「結麻」ゆま

あなたはどれだけ読めない名前(漢字)ありましたか?

音読みで考えてみると苦労しませんが時には信じがたい名前に驚かされます。

Sponsored Link

読めない名前に葬儀社が苦労する一番の悩みとは?

葬儀にはお式終了時、地方独特の出棺役割(葬列)順序という風習が未だに残っている所があります。

これは、野辺送りの風習で昔土葬だった頃、自宅で葬儀終了後、お墓まで行って埋葬するまでの間長い道のりを葬列を組んで歩いて行ったことです。

その時に各人が、提灯、位牌、遺骨、写真、忌中旗、仏膳、燭台・・・・とその持ち物は〇○さんだよ!と名前を張り出したものがあったのです。

田舎の方でも、年々簡略化されつつありますが、最近では葬祭式場でもごく近い親族やお孫さんたちは名前を張り出され読み上げるのですが、どうしても読めないくて苦労する瞬間が出てきます。

事前にフリガナをふって頂くのですが、確認すると読めない名前ばかりで苦労したことがあります。

特に今成人した子供さんから下の年代の子供さんまでの名前は、確信が持てる名前になっておらず正直苦労します。

一番の悩みは読めてもチョット「つまずいてしまう」「間が空いてしまう」などスムーズにいかない場合です。

いくら司会者が慣れていても、子供の名前を呼ぶときは苦労の連続です(-_-;)

 

名前をつける親はハナタカさんかも知れないけど、名前を呼ぶ葬儀社は大変苦労しております!出来れば世の親御さんたち~~!普通の名前にして下さ~~い!・・・私からの仄かな願いでした。

-funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葬儀のマナー、100年後お墓参りもビルに変わる

葬儀のマナー、昔からのしきたりや作法、お墓参りの仕方など、100年後まで守っていけるのでしょうか。 葬儀儀式も10年周期で新しいシステムに変わってきています。 特に最近都心部や檀家数が多いお寺では、墓 …

葬儀中にいびき?体を揺すったらとんでもないことに

葬儀中の遺族や親族は連日の疲れや接客対応で睡眠不足、その上ストレスも溜まってしまうようです。 しまいには具合が悪くなり倒れこんだりして葬儀中アクシデントにみまわれる事もあります。 突然のアクシデントい …

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

葬儀の花代、損しないポイントとは

葬儀に使用する花・・・と一口に言えば、芸能人や各界の著名人、会社社長等がなくなった時に使用する花祭壇を思い浮かばれると思います。 「いったいいくらぐらいする祭壇なの?」とよく質問されますがはっきり言っ …

水難事故にあったら・・・葬儀社の最も難しい扱いとは

水難事故は思いがけない事故の一つとして取り上げられています。 海川における水難事故を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 しかし日本人の水難事故は最も多い不慮の事故として自宅の風呂という思いがけ …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント