On Demand Street

人間関係でこれだけは知っておきたい 心理的情報など多彩に配信しています。

健康管理

納豆とご飯の食べ方は間違いだらけ!? 栄養効果を損なわない美味しい食べ方

投稿日:2018年3月7日 更新日:

納豆は血管や骨を老化させない秘訣だと言われていますが、この納豆やご飯の食べ方を間違えると効果が激減すること知ってましたか。

納豆はよくかき混ぜた方がいいことや、タレは混ぜた後にかけた方が最大限の栄養を摂取できることはご存知かと思います。

納豆には、「ナットウキナーゼ」という血栓溶解作用と血液サラサラ効果の栄養素が含まれています。

しかし皆さんは、この栄養を損なう間違った納豆やご飯の食べ方をしているのです。

血栓を溶かす役目のナットウキラーゼを切らさず効果を上げたり、ナットウキラーゼの効果を増加できる正しい納豆の食べ方を紹介します

Sponsored Link

納豆はアツアツのご飯?それとも冷めたご飯で食べる?

血管を老化させないナットウキナーゼを最大限に摂取できる食べ方は、冷ましたご飯にかけると良いらしいです。

結構アツアツご飯にかけて食べている方が多いのですが、実はナットウキナーゼは熱に弱いのです。

アツアツご飯の温度は通常80~85度と言われています。

そのアツアツご飯に納豆をかけて食べるのが美味しい食べ方なのですが・・・

納豆に含まれているナットウキナーゼは50℃を過ぎるとその栄養の活性が鈍くなります。

そして70度を超えるとその機能は全く働くなってきます

その結果、炊き立てのご飯に納豆よりは、冷ましたご飯に納豆の方がいいようです。

納豆とご飯の食べ方に工夫を・・・

よくアツアツご飯に納豆を混ぜて食べる方が多いのですが、この食べ方にひと工夫をすれば栄養は損ないません。

ナットウキナーゼは熱に弱いので、納豆にご飯が触れている面積が少なければいいわけです。

ナットウキナーゼを最大限に取るためには、炊き上がったご飯を窯で冷まし、茶碗にご飯をよそい、納豆を容器のままかき混ぜます。

その後、すこし冷めたご飯に納豆をかけて食べるのがベストです。

納豆とご飯の食べ方

 

因みに、納豆チャーハンを作る場合、熱をかけて調理しますからナットウキナーゼの栄養は全滅します。

これも、ひと工夫して普通のチャーハンに納豆をかける食べ方に変更すると栄養は取りやすいですね。

ただナットウキナーゼは失いますが、他の「イソフラボン」「レシチン」の栄養素は失いませんから自由に調理が可能です。

納豆うどん納豆そばにおいても同様。

温かいうどんソバよりも、冷たいうどん・ソバの方がより栄養の効力を損ないません。

納豆は、朝・夜のどちらで食べたほうがいい?

ナットウキナーゼの効果を考えると、夜食べた方が効果はあります。

それは血管の天敵、血栓は寝ている間にできやすいからです。

昼間と違い、寝ている間は水分補給ができません。

そうなると血液から水分が少なくなり、血液がドロドロになり血栓が出来やすくなってしまいとます。

そのため、夜食べたほうがいいのです。

因みに、納豆を多く食べるのはキケンです。

納豆菌は強い菌を持っています。納豆を多く取り過ぎると体の中の必要な菌まで殺す恐れもあるので、1日2パックまでにしましょう。

Sponsored Link

納豆を冷蔵庫から出したら直ぐ食べたほうがいい?

納豆は発酵食品ですので、常温に置くことで発酵が進みよりナットウキナーゼが増えます。

その理由から、しばらく置いてから食べるといいでしょう。

時間的には20~30分がベストと言われます。

料理を開始する時に、納豆を出して置いてから料理を開始する・・・という具合がいいタイミングです。

納豆を冷凍したら・・・?

く出張で家を留守にする場合、納豆が腐らないか心配になりますよね。

そんな場合には、賞味期限前納豆を冷凍 にしましょう。

これは冷凍することで納豆菌の活動が一時ストップし、発酵も進みません。

納豆の買いだめも冷凍しておけば問題ないワケです。

納豆のトッピングに最適な材料は?

納豆のトッピングはよく、ネギ・オクラ・キムチ・生卵・チーズ・シラス・大根おろしなど好みで食べる方多いと思います。では、納豆のトッピングで血管を老化させない最良の材料は何だと思いますか。

それは、「ネギ」と「チーズ」です。

ネギにはアリシンという成分が含まれており、このアリシンも血液の血栓を防ぐ効果。

チーズには、ラクトトリペプチドという成分があり、血管をしなやかにする効果が期待されています。

どちらも納豆と一緒に食べると、血栓を溶かすために相性が良いとされているのです。

一方で、栄養学的にお勧めできないものがあるのです。

それは 生卵 です

納豆には、ビタミンB群のビオチンが含まれています。ビオチンはお肌に良いとされていますが、このビオチンの吸収を妨げているのが生卵の卵白なのです。納豆のトッピングに生卵を使用する場合は面倒だと思いますが、卵の黄身だけを入れるのが良いでしょう。

納豆食べ方

納豆とご飯の食べ方は間違いだらけ:まとめ

  • 納豆はアツアツのご飯?それとも冷めたご飯で食べる?
  • 納豆とご飯の食べ方に工夫を・・・
  • 納豆は、朝・夜のどちらで食べたほうがいい?
  • 納豆を冷凍したら・・・?
  • 納豆のトッピングに最適な材料は?

とまとめて紹介してまいりましたが、栄養があるからと言って量やトッピングの材料など何でもいいわけではありません。血管の老化を防止するためには、血管の血栓を溶かす働きを最大限に生かしほどほどに摂取することが重要になってきます。

また、日常生活の中で、納豆にトッピングして色々な美味しい食べ方をしてきましたが、ご飯や卵など相性を考えると、間違いが多かったですね。これからも、栄養を損なわない食べ方で健康を維持していきましょう。少しでもお役に立てたら幸いです。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

若いのに頻尿 オシッコが近い

若いのに頻尿|オシッコが近い!?治し方はたったこれだけで改善できる

トイレに行く回数は人によって様々で、頻尿と呼ばれおシッコの回数が極端に多い人もいれば、1日に2回といったおシッコが遠い方も居ます。若い方でも映画一本見ている最中、おシッコが我慢出来ない人や、一方でお酒 …

りんご王林の栄養効果 皮は絶対に捨ててはいけない

りんご(王林)の栄養効果/皮は絶対に捨ててはいけない正しい食べ方とは

寒い時こそ是非食べて欲しい「冬が旬の果物」と言えばお茶の間には欠かせない栄養たっぷりの「りんご」ですが、皆さんはどうやって食べていますか? そのままかぶりついても、暖めてスイーツにしても美味しいですよ …

梅干しの食べ方1つで健康効果が変わる

梅干しの食べ方1つで健康効果が変わる!?健康にいい梅干しの効能とは

この時期、旬の食材である梅干しは毎日食べる事で健康にいいということが言われている事は皆さんもご承知だと思います。しかし毎日梅干しを食べる事ってなかなか続けられないですよね。 でも、梅干しには骨粗しょう …

脳をだます

脳をだますことでグ~ンと効果UP方法。幸せダイエットや勉強も・・・

脳をだますということで最近ではダイエットや勉強方法に役立つことが話題になっています。 脳はこんなにも単純であるならば、かなり面白い方法です。 どこまで脳をだますことができるのでしょうか。とても気になる …

ミニトマトをプチトマトっていう呼び方は間違い

ミニトマトをプチトマトっていう呼び方は間違い!!ミニトマトの正しい知識とは

各地のスーパーに行くと今が旬の大きなトマトや小さなミニトマトがたくさん並んでいます。ところで皆さんは小さなトマトのことを通常何という呼び方していますか。 街角でアンケートを取るとプチトマト26%、ミニ …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント