葬儀関係

孤独死で遺体発見!?その時あなたならどうする?アパートの処理方法とは

投稿日:

 

孤独死で遺体発見!?その時あなたならどうするアパートの処理方法孤独死により、アパートの一部屋で遺体を発見したら、

あなたは110番?119番?

それは、あなたが元気で一人暮らしをしている誰かを世話していたりしていた場合によく起きる状況です。

部屋の雰囲気から亡くなっているとわかれば110番通報でいいのですが、ほとんどの方は気が動転してしまいます。

逆に、もしあなたが一人暮らしをしていたとして、アパートの部屋の中で孤独死になってしまったら、何を心配されますか?

一番には、孤独死になったら発見されるのだろうか?発見が遅ければ私の体どうなっちゃうのだろうか?と心配されると思います。

また、アパートなどの撤去のことも心配ですよね。

今回はそんな部屋の中で孤独死になった場合、遺体の処理や部屋に関わることにフォーカスしてみました。

Sponsored Link

アパートの部屋で孤独死。遺体の処理や部屋の処分は誰がやるの?

孤独死として、アパートの部屋の中で亡くなった場合、不動産会社では保証人を立てますので身元引受として警察からその方に連絡が入ります。

死亡した後の処理については、第三者(他人)だけで行うことは非常に困難です。そのため、近しい親戚の方にお願いする手立てしか方法はありません。

あなたの財産など管理されているものなど、第三者はあなたの親族との話し合いから作業を進めます。

そこで、

遺体の処置は、一般的に警察から連絡のあった葬儀社が処理を行います。

しかし、アパートに残された家財や財産、また何週間もたった後発見されたら部屋の中は臭気が漂っています。

この場合どうしたらいいのでしょうか?

50代の男性一人暮らし、離婚しなければよかった後悔の結末

孤独死

孤独死で、遺体の匂いが残った場合はどうすることもできません

孤独死により、アパート部屋の中に匂いが残った場合はアウトです。どうすることも出来ません。

この匂いだけは、家財に匂いが付く付かないのレベルではなく、部屋中の匂いは殆ど取れない!というレベルです。

葬儀社がもしその部屋の中で何か作業する場合は、臭気を防ぐためにマスクを二重にします。洋服も匂いが付かないよう、古い雨カッパのなどを着て作業終了したら全て処分します。その位死臭は凄いのです。

また部屋内の家財、床、畳、壁紙など、臭気が付いてしまったものは全て廃棄処分しリフォームすることとなります。

フォームの業者さんも、そういった孤独死になった部屋の修繕は嫌がりますので、リフォーム料金も相場より高額です。

この「原状復帰に関わる費用」や、「空室の家賃保証」などは全て遺族側に負担がかかってくるのです。

アパートなら大家さん又は仲介不動産会社が個別に相談に応じるはずですよ。

これが自殺・殺人・火災という 事故物件 となれば話は別です。新しい入居者が入ってこない訳ですから大損害となります。

正確には、孤独死は病死・老衰と同じ自然死の分類に入り、さほどアパートの部屋には影響はないと思います。

過去に、病気が原因で亡くなり、それだけの理由から遺族側に高額に賠償責任をとらせる悪質な業者がいて世間を騒がせていましたね。

この孤独死とか、病気が原因での自然死の場合は、事故物件とは違います。 

貸借人に債務不履行責任や不法行為責任を問われることは法律上ありませんので心配はいりません。

孤独死で遺体発見!?その時あなたならどうするアパートの処理方法

孤独死になっても安心して生活を送るためには

アパートの部屋で一人孤独死のような非常事態が起きても大丈夫なように、日頃から準備しておくことがあります。

それは、親戚との付き合いです。

孤独死になった場合は、お金(財産)の問題も出てきます。

もしあなたがアパートに住んでいれば、そこを撤退する場合の費用がかかります。また部屋内の家財の処分費なども出てきます。

アパート代だけではなく簡単な葬儀代なども発生してきますので、親戚の人の負担にならないよう、生前からお金は確保しておく必要があります。

もしあなたの身辺整理を、一人の叔父さんにお願いするなら、貯金額保険状況などをしっかりと伝えておくのが重要になります。

財産などお金の話は、後になって揉める原因にもなりかねません。

今のうちに、保険や預金の受取人は叔父さん名義にしておくべきです。

近年では、エンディングノートなど簡単な遺言書も出来ています。

終活にエンディングノートが今人気のわけとは

万一のことがあった場合など後から見ても、内容がわかれば世話役の人もスムーズに行えるはず。

もし親戚の人との付き合いが無い場合は、今からでも遅くはありません。

定期的に顔を出したり、話をしたり親戚の人と仲良くなっておく必要が大事です。

Sponsored Link

孤独死はリスクが大きい。もしもの時を考える。

きれいな体で最後のお別れをと、家族に看取られて温かい気持ちで送られる故人様はとても羨ましく思います。

一方で、アパートの一部屋で誰にも発見されず、何週間も放置される遺体においては、孤独死は大きなリスクが伴うものです。

夏場は窓が開いている部屋であれば、2~3日でも凄い勢いで腐敗が進みます。とても難しい問題です。

誰しもが好きでアパートの一人暮らしをしているわけではありません。孤独死は自分が死んだら終わりではなく、あとあと親戚の人が関わってきます。これからも更なる親戚付き合いを深めていきたいものですね。

少しでも参考になれば幸いです。

-葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

人手不足の解消策

人手不足の解消策に、なんと葬儀社同士でスタッフの貸し借りが流行!?

人手不足の解消策というと、通常派遣業界を利用するのが一般的です。しかし葬儀業界では、葬儀スタッフの派遣は現在のところ乏しい。 なぜなら葬儀は大手を除き、毎日安定した仕事がない=毎日葬儀を施行していない …

無宗教の葬儀、中身を知らないと損する?

無宗教の葬儀(無宗教葬)、初めて耳にする方も多いはずです。 時代が変わればやり方選び方が変わる世の中になり、最近ではこの無宗教で葬儀をする方が増えている傾向にあります。 それはなぜ。ご承知の通り日本で …

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

葬儀中にいびき?体を揺すったらとんでもないことに

葬儀中の遺族や親族は連日の疲れや接客対応で睡眠不足、その上ストレスも溜まってしまうようです。 しまいには具合が悪くなり倒れこんだりして葬儀中アクシデントにみまわれる事もあります。 突然のアクシデントい …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント