生活環境

那須どうぶつ王国NEW猫ショーやウェットランド新エリア誕生!!見逃せない

投稿日:

那須高原にある那須どうぶつ王国は、東京ドームおよそ10個分の広大な敷地を誇る施設である。那須どうぶつ王国では、ウェットランドが2017年3月24日に新エリアをオープンさせた。

また、猫ショーは日本ではここだけしか見られない那須どうぶつ王国のザ・キャッツも話題を呼んでいる。

猫本来の身体能力や知能を表現するショーだけあって猫好きの皆さんには各地方から注目されている一つです。

那須どうぶつ王国はこうした猫ショーやウェットランドをメインとし、誕生観客の頭上スレスレを鳥たちが飛び回るフリーフライト、バードショー・ブロードをはじめ楽しいショーやパフォーマンスを堪能できます。

そして那須どうぶつ王国の展示は、猫をはじめほとんどの動物とふれあうことが出来る「動物たちとの距離が近い」ということが最大の特徴でもある。

Sponsored Link

 那須どうぶつ王国の猫ショー、日本でここだけ!?

日本ではここだけしか見られない猫ショーとは、那須どうぶつ王国のザ・キャッツ。

二匹のシンクロジャンプや障害物イベント、5mの垂直棒登りや綱渡りなど、猫本来の身体能力や知能を表現するショーが見られるのです。

猫は本当に人間のいうことをきくのか?猫は一般的に頭が悪いというが実は頭が良かったのか?こんなにも猫が可愛いのではさらに飼い主が増えるのでは?などと想像してしまいます。

また、普通の動物が玉乗りするならわかるが猫が玉乗りするのは聞いたことが無い。猫の垂直棒登りや綱渡りは、バランス感覚が優れているので理解できるが、那須どうぶつ王国は半端ない訓練を重ねてきたのであろう。

猫は昔から玉を追いかけたりするのが好きだし、何よりも餌遣りとのタイミングが難しい。猫のトレーナーとしても、根気と猫の接し方一つで絶対に怒らないということが大前提のようだ。しかし、猫は気分屋であり、集中する時間も短い。

また、人間が歩く足の間を交互に猫が歩いていく技は間違って猫の足を踏んでしまいそうにドキドキする。猫を可愛がるだけなら誰でもできるが、一般の私達には到底猫を教育したりすることは不可能に近い。

そんな、不可能なことを可能にして行く猫ショー。那須どうぶつ王国のザ・キャッツは今後とも失敗談を含めこれからが楽しみなイベントの一つと言えますね。

那須どうぶつ王国NEW猫ショー

那須どうぶつ王国ウェットランド、動物たちが超近い新エリア!

那須どうぶつ王国では、そんなショーやふれあい体験を通じて、

動物たちを身近に感じることが出来る施設で新たに3月24日新エリアが誕生した。

それが亜熱帯の湿地を再現した全天候型施設ウェットランド(WETLAND)(無料)

ヨーロッパフラミンゴや、ほとんど動かない鳥として有名なハシビロコウが、

那須どうぶつ王国内のウェットランドでは自由に放し飼いになっています。

施設内の中に柵が無いために、動物園にいる感覚が余り感じられないという。

動物の世界に入り込める環境は、国内では那須どうぶつ王国のウェットランドだけ。

自由にそして自然に近い展示だからこそ動かない鳥として有名なハシビロコウ

飛ぶシーンも見ることが出来るのです。

 

那須どうぶつ王国NEW猫ショー

また、那須どうぶつ王国では日本国内に14頭しか飼育されていないジャガーもオスとメスの2頭が展示されています。

自然に飼育環境ということで、ワオキツネザルがなんとジャガーの飼育エリアに近づくこともある。

那須どうぶつ王国のウェットランドでは、自然の野生界を直に見ている感じにもなります。

それは、ジャガーが歩く姿を下から見ることが出来るなど、一般の動物園では体験できない新たな楽しみ方が出来るからなのです。

 那須どうぶつ王国のレッサーパンダ、手を伸ばせば届く距離に!

那須どうぶつ王国に限らず、動物園のアイドルレッサーパンダもちょっと手を伸ばせば届きそうな距離で見ることができます。

レッサーパンダ与一くん(オス)のエサやり体験や、レッサーパンダについての解説などレッサートークも無料開催しているのが目玉です。

その他ペンギンランチタイム100円・アンデスコンドルえさやり体験100円など様々な動物へのえさやりを通して、動物本来の能力や機能の高さを間地かで感じる事ができます。さらに那須どうぶつ王国では、最も動物を肌で感じられるスポットがあります。

日本ではおそらくここだけという、カピバラと混浴気分が楽しめる天然温泉・カピパラの湯(入浴料500円)があります。

これからの週末の休日は家族連れの拝観者が多くなることが見込まれます。是非混雑しないうちに那須どうぶつ王国の猫ショーウェットランド、レッサーパンダを見に出かけてみましょう。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

学校教育で小学校が大きく変わる

学校教育で小学校が大きく変わる!? 2020年子供が大変になる授業とは

学校教育の中で小学校から中学と、義務教育も時代と共に変化してきています。 日本が抱える問題の中で教育は何となく知っているつもりでもよくわからない所がありますよね。 知らず知らずのうちに歩んできた教育は …

痩せとデブ、どっちが長生きする

痩せとデブ、どっちが長生きする?ぽっちゃりデブが好きになる健康管理とは

痩せとデブ、日本人はどっちかというと「痩せている人」の方が健康だというイメージが強いと思います。特に男女共痩せていれば美人にも見えるし、イケメンにも近くなります。 しかし痩せすぎやデブ過ぎは何かと病気 …

女性の転職、サービス業の中でも葬儀接待がおすすめな訳とは

女性の転職サイトを見ると専門分野の職種が目立ちます。特に年齢制限は男性より低く20代~30代をターゲットにしている企業が多い。 女性は男性と違い家庭を持って子育てをするといった掛け持ち生活がほとんどで …

記憶力低下

記憶力の低下、50代でもまだ間に合う簡単な脳の鍛え方

記憶力の低下は年齢も50代にもなると日に日に脳の衰えを増してくるのがよくわかります。 「最近人の名前が思い出せない」「新しい情報が覚えきれない」などと、記憶力に自信すらなくなっている人も多いようです。 …

お盆の意味や由来を知って得する日本のお盆

お盆の意味や由来を知って得する日本のお盆!迎え火やお供え・墓参りの知識とは

日本人にとって夏にはお盆という行事が必ず訪れてきます。特に田舎のお盆期間は旧暦で行い2018年は8月13~15日迄です。 今年2018年は11日(土)が山の日で祝日となり大型連休が期待される期間でもあ …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント