funeral

無宗教の葬儀、中身を知らないと損する?

投稿日:2018年2月2日 更新日:

無宗教の葬儀(無宗教葬)、初めて耳にする方も多いはずです。

時代が変わればやり方選び方が変わる世の中になり、最近ではこの無宗教で葬儀をする方が増えている傾向にあります。

それはなぜ。ご承知の通り日本では仏教や神道が葬儀の主流となってきました。

葬儀に僧侶を読んで通夜や葬儀、納骨まで一連の葬儀の流れは皆さんも分かるかと思います。

Sponsored Link

無宗教の葬儀、中身を知らないと損するその理由とは

この僧侶を呼んでほしくない、お布施(仏教でいう謝礼)が高くて払いたくない・・・などの理由から、自由で形式にとらわれない無宗教の葬儀を選択する方が多くなってきたという事です。

では無宗教の葬儀は一般の仏教の葬儀と何が違うのでしょうか。

中身を比べてみると、仏教ではお宮の付いた祭壇を飾るのに対し、無宗教ではお花や写真などを飾ります。

仏教でいう焼香は無宗教になると献花(菊の花)に変わります。

通夜や葬儀のお坊さんによる読経、無宗教の葬儀では故人の好きだった音楽やコーラスが取り入れられます。

では仏教でいう納骨はというと、無宗教の場合「市営・公営墓地」に埋葬します。大きく分けるとこの4点でしょうか。

無宗教,葬儀,墓

無宗教の葬儀、珍しいだけでは自分が損をする?

しかし一番気を付けなければならないのは他人と変わった事をする・・・といった行為です。

何事も常識と言われている他人がしないことを初めてやると、反社会的になり周囲の方(身内や会葬者)が戸惑ってしまう。

また喪主になる方が知識が無いとどうしてよいのか解らず、葬儀社のいいように施行される。

その上先祖様はお寺の墓地に埋葬してあるのに一人だけ別の所に埋葬し、親戚の付き合いがなくなる。

など、そんな現象が起きやすくなります。出来れば孫の代まで親戚と仲良くしたいというのは誰でも思う事ですよね。

しかし無宗教であれ仏教であれ葬儀を出す(施行)責任者は喪主です。

反対されても葬儀代金やお寺の謝礼、戒名料を払う資金が無ければ仕方ないわけです。

でも考えてみて下さい。葬儀代金や諸々を含め最終的に無宗教の葬儀代金は本当に安いだけでしょうか。

Sponsored Link

無宗教の葬儀、オリジナルの壁を越えて挑戦?

私は葬儀知識が豊富ですから抑えるべきところを省略したり削減をする方法をとりますが、無宗教の葬儀になると、形式にとらわれない代わりに、葬儀形式の綿密な打合せが必要になります。

具体例を取り上げると、僧侶のお経の代わりに故人が好きだった音楽を流す。

それはCDでしょうか。それとも生演奏でしょうか。はたまた故人の好きだった音楽のジャンルや曲は。

それに加えて生演奏するとなればその人たちの都合や打合せも調整しなければなりません。

金額だけに特化するのであれば決して安価にはなりませんよね。

平たく言えば綿密な打ち合わせ、花祭壇、音楽、献花、新たに墓地を求めるなど、気苦労に加え葬儀資金も普通のお葬式より結構高くつく場合があります。

故人の遺言でない限り、喪主はそれ以外にも一般の会葬者の事も気遣わなければなりません。

音楽を流すにしても会葬者が気持ちよく聞き入れてくれるのかどうか、葬儀の流れを説明しなければならないとか、目には見えない所まで配慮が必要です。

特に会葬者が「いいお葬式だったね。うちもこんなお葬式にしたいわ」と言って下されば達成感というものを感じることができますが。

決して私は無宗教を反対しているのではありませんが、全体像を考える時、無宗教の葬儀が主流になるまでは一般的な葬儀を改良し経費を抑えて行った方が無難なような気がします。

皆さんも一度じっくり考えてみる価値はありそうですね。

-funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昔街中を派手に走っていた宮型霊柩車、どこに雲隠れしてしまったの?

昔、街中を金ピカど派手に走っていた宮型霊柩車、最近では全くと言っていいほど見かけなくなりました。 私も葬儀社勤務だった頃は、車種も国産宮型霊柩車(クラウン)やアメ車で有名なキャディラックやリンカーンの …

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

愛する人を亡くした心

愛する人を亡くした心に、ふと響く言葉・・・

愛する人を亡くした方に、言葉を掛けて上げたい。愛する人が長い闘病生活であれ、急な病であれ、残された遺族はいくら時間が経過しても心の哀しみというのは癒えないものです。 近くに居ても、常にサポートし力付け …

葬儀費用ってこんなに高いの?知っているだけで得する節約術

葬儀は結婚式にも似て一生に一度っきりの行事です。 ゆっくり検討している時間も余裕ない、葬儀社の言われるがままに打合せが進んでしまう。 そんな声を聞いた事ございませんか? 実際、家族の大切な方が旅立たれ …

家族葬と言われたら

家族葬と言われたら?NGをくらった職場の上司

家族葬と言われたら、一般葬儀のように 「葬儀に参列すること」 「香典を出すこと」 「焼香すること」 「花輪生花やお供物を供えること」は一切受け入れてくれません。 家族葬は喪主や家族で決めた葬儀形態です …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント