健康管理

油は摂取しても太らない!1分でわかる正しい食事術とは

投稿日:2018年5月20日 更新日:

よく痩せるためにサラダなど食物繊維に摂る油を減らしてしまっている方が多いようですが、

実はこれダイエットには逆効果なのです。

油はカロリーが高く体に悪いというイメージで、

今までは摂取すると太りやすいと思われてきました。

しかし油の中の脂質によって代謝がアップし太らないのです。

Sponsored Link

油を摂取すると太らない

油にも種類があり、サラダ油・ごま油・えごま油・オリーブオイルなど植物を原料として出来たこれらの油は、必須脂肪酸という物質が含まれています。

必須脂肪酸は人間の体では作り出すことが出来ず、食べる事でしか体内に入れられないものです。

その上、この必須脂肪酸はなんと体内の脂肪を燃やす働きをしてくれて太らないということになります。

油の中で特にオススメなのは「オリーブオイル」で、油は体内で酸化してしまうと有害物質になってしまいますが、非常に酸化しにくい性質を持っているのです。食事をする時には、油を一緒に頂きましょう

太らないのはどっち①

「白米」と「チャーハン」では「チャーハン」の方が太らない

チャーハンでは油が糖質であるコメのコーティングをしてくれているからなのです。胃の中に入ったチャーハンは、消化・分解されてブドウ糖になっても油でコーティングされた状態。太る原因とされている糖質の吸収を、コーティングによってゆっくりにしてくれることから太らないのです。白米とチャーハンを食べた場合、どちらがゆっくり吸収されるのか、主に糖尿病治療に使われている血糖値測定器(FreeStyleリブレ)で実験を行いました。

油は摂取しても太らない

血糖値高い=血液中の糖分が高い=太りやすい

  • 白   米・食後90分後の血糖値は173
  • チャーハン・食後90分後の血糖値は145

なんとチャーハンの方が血糖値が低いことが実証されたのです。このことから、油は太る原因ではなく、むしろ太らないために欠かせないものになっています。油抜きの食事はやめましょう。

太らないのはどっち②

「ほかほかご飯」と「冷えたおにぎり」では「冷えたおにぎり」の方が太らない。これは冷えたおにぎりの方がでんぷんの形が変わり「難消化性」といい、ゆっくり消化されてゆっくりと血糖値が上がるため太りずらいと言われています。コンビニのおにぎりなどはその良い一例です。

太らないのはどっち③

「焼かない食パン」と「トースト」では「トースト」の方が太らない。こちらも焼くことによりでんぷんの形が変わり「難消化性」が増えるという事なのです。

ダイエットのために肉の脂身を外さなくても太らない

豚肉を食べるとき、食べた脂肪は体の脂肪になるわけではないのです。食べた脂肪は体の中で、細胞の膜・ホルモン・胆汁を作る材料になり皮下脂肪として貯まる余地はほとんどありません。また、余った脂肪は便として排出されてしまうので、肉の脂身を外さなくても太らないことになるのです。このことから、美味しい豚焼肉の油(脂身)は取り除かずそのまま食べましょう。

ラーメンの食べ方

麺も糖質の多い炭水化物であり、最初に食べると血糖値が大きく上がります。太らないためには食べ方か重要で、血糖値の急上昇を防いでくれるチャーシューから食べ、脂肪分で胃に膜を張ります。その後、モヤシ・メンマなどの野菜、そして最後にを食べるのが正しい食べ方です。

パン・パスタの食べ方、太らない方法が見つかった

パンやパスタは小麦粉製品で、炭水化物であり代表的な糖質。摂り過ぎはダイエットの敵となってしまいます。しかし、このパンやパスタを食べるときの最強の味方は、ワインなのです。その理由は・・・

ワインは血糖値を下げることで太らない

2007の研究では、「パンだけ食べた時」と「パン+ワインを食べた時」のそれぞれの血糖値を調べると、「パン+ワインを食べた時」の方が血糖値が低いのです。つまり糖分の吸収が緩やかで、ワインを飲みながらパンを食べたほうが太りにくいという結果だったのです。

Sponsored Link

なぜワインが血糖値を上げにくくするか

皮や種から出る赤い成分はポリフェノールの一種である「タンニン」は、

糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる。

皮を剝いて作られる白ワインの場合は、

タンニンはわずかしか含まれていないが、

酒石酸というものが同じように糖の吸収を抑え、

食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる。

お酒を飲みながら炭水化物を摂ってしまいがちな人は、

なるべくワインを選びましょう。

但し、ワインはグラス1~2杯が理想的です。

このことから、太らない正しい食事術はあくまでも、

摂取カロリーが多いか少ないで太る太らないを判断してはいけません

お腹についているのは脂肪だから、

脂身や油の成分を食べなければ太らないということを信じてしまっているのです。

それが間違っているのです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

-健康管理

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

血液型ダイエットの信憑性はない!

血液型ダイエットの信憑性はない!新発見の中で血液型が及ぼす影響とは

近い将来血液型で革命的な事が実現しそうです。それはアメリカの「サイエンス・デイリー」から、全ての血液型をO型に変え、輸血を可能にする「万能血液」の実現が近づく!?といった情報が出てきました。 これは、 …

認知症予防しながら長生きする方法

認知症予防しながら長生きする方法!体型も小太りの方が長生きできる事実とは

平均寿命が80歳から100歳と延び、人生100年時代が到来すると言われている世界一の長寿国日本。確かに人生100歳まで生きれれば楽しいかも知れませんが、人間長生きする時一番怖いのは年をとってから認知症 …

早朝ランニングは超危険

早朝ランニングは超危険!! 昔と今の健康常識は間違いだらけ、心臓や脳のリスク拡大

早朝ランニングは朝の気持ちいい空気を吸って健康にもいいし、 時間も短時間で毎日行っても苦にならずメリットが多かった。 しかし、様々な研究結果により昔からの健康常識は間違いで、 早朝ランニングも今では危 …

花粉症,症状

花粉症対策とその症状、実はペットが花粉の運び役だった

花粉症の時期になるとその症状は様々です。特に一番多い症状として目がかゆい・くしゃみと鼻水が出るなど、重症患者はとても辛い時期を迎えます。その上どこでもティッシュペーパー持参、あげくの果てに1箱すぐ無く …

美肌に効く食べ物!30代~40代でも遅くない

美肌に効く食べ物!30代~40代でも遅くない年齢別で効果が変わる美肌術

肌の老化スピードの8割は浴びた紫外線の量で決まるといわれています。 美肌ケアで一番大事なのはUVケアなのです。 見た目美肌の老化スピードを決定する8割方は浴びた紫外線の量で決まってしまいます。 あくま …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント