病気事故

精神病患者、入院中病気になっても転院できない深い理由

投稿日:2018年2月5日 更新日:

精神病になると、精神病院に受診しその症状により入院させられます。

入院形態は、任意入院、医療保護入院、応急入院、措置入院など精神病によって様々です。

私の知り合いの親も二世帯で同居していた頃、不眠や徘徊、妄想が酷く毎日その問題で悩まされていたといいます。

どうしても改善する事が出来ないとの事で、家族の力で外来に受診。その日のうちに強制入院させられました。

病名は「退行性パラフレニー」。

Sponsored Link

精神病患者、自分が病気であることに気づかない病気

当初はの2ケ月間の入院予定だったようですが、今日まで要介護で介護をしてもらいながら約16年間という長期入院生活を続けることになった。

ここ最近インフルエンザが大流行し、この患者も院内でインフルエンザに感染、肝機能低下と肺炎を繰り返し主治医から転院を求められたという。

しかし身内は仕事の関係で職場を急には抜け出せない。

付き添い人が居ないと転院もできない(転院先の病院受入れ不可)という事態に・・・。

後日主治医と面会し同意書という物を書かされたという。

内容はもし万一呼吸が止まったりした場合、心臓マッサージなど心配蘇生をしないでいいかどうかの同意書。

精神病,介護,入院,葬儀

精神病患者、入院中病気になっても転院できない深刻な理由

親の年金の中から入院代とオムツ代を支払い、自分の生活もカスカスな状況。

その中で今転院すれば、肺炎や肝機能低下は治るかも知れないがもう精神病院には戻れない。

自分宅で介護しなければならないという危機に迫られたらしい。

介護を依頼すれば今以上お金はかかるし身内も自分一人、自分の生活もままならぬ状況だ。

最終的には、病院側が「介護も含め患者が最後の命を落とすまで預かってくれる」という同意で一安心したらしいが、喉に物が詰まっていつ呼吸困難になるかも知れない。

いつあの世に行ってしまうかもしれない・・・というリスクはあっても、この先ずっと自分達で介護を続けていく自信があるかと言えば、その方がとても辛いと思います。

Sponsored Link

精神病患者、転院したら誰が面倒を見るの?責任の重い課題

精神病院から一度でも転院したら、もうその病院には戻れない(戻せない)と昔から聞いていましたが本当だったのですね。

若い家族が精一杯生きていくのも大変だけど、自分生活の犠牲を盾に親を永久入院させ続ける事、そしてまた重病になっても簡単には他の病院には転院出来ない辛さ。

万一危篤になっても心肺蘇生せず旅立たせる虚しさ。

私も葬儀関係者。自分の親の最後は、心配蘇生しないでそのままあの世へと旅立つのかと思うと他人事ではないと思う。

しかし葬儀社仲間(70代)に聞くと『80歳からの年寄りは心配蘇生は可哀想だから今の病院で最後まで面倒見てもらった方が良いんだよ!』と同じ意見であった。

私自身も順を追ってその時代が訪れるわけだが、今のうちに自分の病院代や入院費、保険の事など慎重に考えなくては安心して我が子に身を預けるわけにはいかない・・・と痛感させられました。

-病気事故

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

水難事故にあったら・・・葬儀社の最も難しい扱いとは

水難事故は思いがけない事故の一つとして取り上げられています。 海川における水難事故を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 しかし日本人の水難事故は最も多い不慮の事故として自宅の風呂という思いがけ …

仕事ストレスで睡眠不足、寿命が短くなるリスクとは

睡眠不足が原因で寿命が短くなる人口が年々増えており、仕事ストレスの影響から睡眠不足になる場合もあります。 特に日本人女性はこの睡眠不足で悩み、いろいろな病気になるリスクが高くなると言われており深刻な問 …

血圧急上昇で突然死の危険性:朝編

血圧急上昇で突然死の危険性!?朝の血圧が正常でも危ない5つの原因とは(1/3)

朝起きて意外にやりがちなことで血圧は急上昇してしまいます。 特に朝起きてからの約1時間は、体の中のウォーミングアップが完全ではありません。 そんな中、朝起きて1時間以内に起す意外な行動が、突然死する危 …

色濃い尿は病気?薄い色は健康

色濃い尿は病気?薄い色は健康、あなたは勘違い!?尿の色でわかる健康観察

尿の色はその日によって、大きく分けると薄い色の尿と、色濃いの尿の2種類を見る場合があります。 まれに皆さんも、ビタミン剤を飲んだ時は、黄色い尿が出たという経験もあるのではないでしょうか。 薄い色はどち …

目に悪い新常識!運動や病気

目に悪い新常識!間違ったマッサージ方法や運動で病気になりやすいリスクとは

一見目にとってよさそうな運動やマッサージ、実は目にとって悪いことを知らずにやってしまっている事はこの世の中に沢山あります。 目にとって悪いことをやらないことで、病気にならず高齢になっても良く見える目を …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント