生活環境

男女の脳の違い、5分でわかる恋愛につながる考え方や体7選

投稿日:

男女の脳の違いは、恋愛の違い・体の違い・記憶力ややる気に至るまで、男女の考え方1つの違いで様々なシーンが変わります。またその脳が男女を比べてみても優秀かどうかも分かってしまう。

数ある中でも、今回は、味覚・ダイエット・やる気・記憶力・他人の不幸・詐欺・気配りなど日常生活で誰でも思い付きの多いものに特化し、まとめてみました。この男女の脳の違いを知れば、あなたも5分でよりよい人間関係を築く方法ができます。

Sponsored Link

男女の脳の違い、恋愛につながる考え方の違い

男女の脳は、1日に使う言葉の数にも違いが

女性の方はよく喋る人が多いように見えますが、実は1日に使う言葉の数に驚きの結果があるのです。

■男性は1日に 約 7000語

■女性は1日に 約20000語

女性の1日に使う言葉の数は男性に比べ、約3倍喋っているのですね。これには驚きです。

男性は論理的で言語能力は関係ない

理屈は、言語能力の一部分であり、言葉とは感情を伝えるということもあるので、男性は頑張らないと女性に負けてしまいます。

女性が言語力・コミュニケーション力が高いのに何故企業のトップが少ない

実は、社長やトップリーダーは非常な決断をしなくてはなりません。時には冷遇したりとかする場合、これは男性が得意とします。情を切ってロジックだけでいくことがあり、これに関して女性にはなかなかできないといわれています。

男女の脳の違い

男女の脳の違い、記憶力がいいのは男女どっち?

言った言わないの記憶違いによる男女の喧嘩。皆さんも恋愛や結婚生活で一度は経験があるのではないでしょうか?

記憶力がいいのは【女性】です!

実は「勉強に関する記憶」は男女の差はありません。感情が絡むような記憶は、女性の方が敏感です。脳の中には、感情の中枢である「扁桃体(へんとうたい)」と、記憶の中枢である「海馬」があり、部位的に隣り合わせに位置しています。

扁桃体が反応すると ⇒ 感情が動き ⇒ 海馬が記憶します。この連携プレーが女性の方が優れているからなのです。例えば、勉強以外で、生活上のこと・自分のパートナーがなに言ったという場合、女性の方が感情が動き、覚えているらしいのです。このことから、特に男性は「パートナーの誕生日」や「記念日」は忘れないようにしておいた方がいいようです。因みに、世界記憶力選手権で1991~2016の間で優勝しているのは男性です。

男女の脳の違い、他人の不幸を喜ぶのは男女どっち?

他人の不幸を喜ぶといえば、昼ドラ・ゴシップが好きな女性と言うイメージがありますよね?一方で、ドラマなどで出世を目論んだ男性がライバルが脱落して喜ぶ男性のシーンなどよく目にします。では本当に人の不幸を喜んでいる脳とは、男女どちらなのでしょうか?

それは、【男性】です!

実は、ある人物に苦痛を与えた時、男女の脳にどう反応するのか非常に興味深い実験を行いました。好感を持てる相手なら、男→共感・痛み 女→共感・痛みを感じ同情も感じている。しかし、嫌いな相手になったとたん、男→満足 女→僅かに共感しています。

これは、脳内に「前帯状皮質」といい、同情や共感などを感じる部位が女性にはたらくといいます。一方、男性は「側坐核(そくざかく)」喜びや嬉しさを感じる部位が働きます。男性は昔から争いや戦いで、他人の不幸が自分の幸福につながることが多かったためと言われています。

男女の脳の違い、詐欺にかかりにくいのは男女どっち?

男女の脳の違い

それは、【男性】です!

なぜ男性の方が詐欺にかかりにくいのでしょう。それは、脳内の「セロトニン」という安心感を与えるホルモン物質の量が、男性は女性の52%も多いからです。

・男性は、セロトニンが多く、「気持ちが安定」しやすい。

・女性は、セロトニンが少なく、「情緒不安定」になりやすいそうです。

ポイントとして、女性が詐欺などのトラブルに巻き込まれたら一人で判断せず、男性に相談した方がいいのです。冷静な判断で対処してくれます。

男女の脳の違い、細かい気配りが上手なのは男女どっち?

会社の飲み会などで、上司に対し飲み物を気にし細かい気配りをする男性、一方で女性は料理を取り分けるような場面を見ます。では気配りが上手とされているのは男女どちらでしょうか。

それは、【女性】です!

休憩時間ボーっとしているときでも、脳は自分の意思とは関係なく勝手に周りを見えているそうです。その割合は、女性は脳全体の90%に対し、男性は30%活動しています。このことから女性の脳は休むことなく満遍なく活動し、男性の脳は休んでいる時は本当に休んでいるという面白いデータです。

なぜこれほど差がでるのか

男性脳は、大昔狩猟で獲物に集中していたため、周りに気を配らないといった人類の進化の過程の影響で違いが出てきています。女性脳の場合は、料理・子育てなどを並行して行うため、周りに気を配ることが多かったために、何かをしている最中でも別の事ができるというものなのです。男性脳は「集中型」、女性脳は「分散型(満遍なく見ている)」といえます。女性の方が気配りが上手とされている理由がわかりますね。

Sponsored Link

男女の脳の違い、味覚はどちらが優秀?

それは、【女性】です!

そもそも味を感じ取る「器官の数」が男性と女性とでは違います。物を口に入れると、苦い!辛い!という信号を脳の「味覚野」に送っています。

人間の舌の上にある「味蕾(みらい)」という味を感じるセンサー(器官)の数が約10000個あるといわれています。女性の方が男性に比べ味蕾の数が多いため、繊細に味の違いを感じることが出来るのです。これは、食の安全を守るため、女性は進化の過程で味覚が発達してきたといわれてます。

プロの料理人に男性が多いのはなぜ?

プロの料理人は常に同じ味を提供しなければいけません。女性の場合だと、女性ホルモンの分泌が変わったりしてその日毎に味覚が変わってしまいます。男性の場合は、味覚は優れていないけれど、常に安定しているという理由から、男性の方がプロになりやすいというわけです。

男女の脳の違い、ダイエットが成功しやすいのは男女どっち?

スイーツの誘惑に負けてついつい食べてしまいがちな女性。そして、お酒を飲んだ後にラーメンを食べてしまう男性。よく耳にしますよね?

ダイエットが成功しやすいのは【男性】です!

実はこれ、

脳内の「眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)」という人間の本能にブレーキをかける部分が活発に働くと、空腹でも食欲を抑えることができるといいます。この研究から、女性は男性に比べて食欲を抑えられず物を食べてしまう傾向があり太りやすいことがわかったのです。(ノーベル賞受賞者多数輩出している、ブルックヘブン国立研究所 ジーン・ジャック・ワン博士による)

ダイエットに失敗しやすいデータを発表

186か国で約2000万人の男女の(BMIデータ)肥満度数を分析したところ、2014年の成人の肥満比率が、男性10.8%・女性14.9%と、女性の肥満率が高いことが明らかになりました。(イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンによる)

女性は食欲のコントロールが苦手

昔は食料が安定しておらず、女性は生命を育む大事な役割がありました。例えば、子供ができたらその分の栄養も摂取しなければならず、ご飯を食べて栄養を蓄えておこうという本能が男性より強いと考えられます。

では女性はどうしたらいいのでしょう。その場合は、ダイエットで我慢するのではなく、体からの信号を理解し【空腹のときに食べて】【満腹になったらやめる】

お腹が空いていないのに食べてしまわないことが重要なポイントです。

男女の脳の違い

男女の脳の違い、人にやる気を起こさせるのが上手いのは男女どっち?

企業において社員の士気を上げなければならない役職である「社長」は、約92%が男性です。それなら男性が優れているのかと思いきや、子供たちのやる気を引き出さなければならない「小学校の教師」は約63%が女性というデータがあります。そんな中、実際に人をやる気を起こさせるのが上手なのは男女どっちなのでしょうか?

それは、【女性】です!

人をやる気を起こさせる大きな要因は、何といってもコミュニケーション能力です。女性はコミュニケーション能力が高いと言われています。実は脳には、左脳右脳がありますが、「左脳は、言葉や理屈」「右脳は、感情や五感」コミュニケーションをとるためには、両方の脳をバランスよく使わなければなりません。よく調べてみると、女性は左と右の脳の使い方のバランスが良いことがわかりました。

男女20人にヘッドホンを装着し、ある朗読の音声を聴かせながら脳の血流をMRIで測定してみました。すると、それぞれ脳の使っている場所が違っていたことがわかったのです。

男性は、左脳左下しか動いていないのに対し、女性は両方動いていたことがわかります。つまり、女性脳は左脳で言葉の意味を理解し、左脳で相手の気持ちまで考えているのではないかと思われます。それに対し、男性脳は聞いたことだけをただ理解しているだけという可能性が指摘されます。(大阪大学脳生理学 北澤茂医学博士による)

よく男女間の会話で女性が話していても、男性は本当に理解しているのか分からない時がありますよね?実は、男性脳の場合、脳の一部分を働かせるのが得意であり、女性脳は、脳全体をまんべんなく働かせるのが得意といわれています。

ではなぜ、女性の方が脳を上手く使えるのでしょう

「脳梁(のうりょう)」という脳の左と右をつなぐ部位が男性に比べ女性の方が太いからです。このため女性は、左脳右脳をバランスよく使えて、「言語力」、「コミュニケーション能力」が高く、人にやる気を起こさせることもできるのです。

一方男性は、コミュニケーションを置いといて、いわゆる「オタク」といって1つの事に集中する能力が高いと言われています。人にやる気を起こさせるという意味においては、女性の方が優れているのです。

男女の恋愛脳の違いを詳しく解説した動画

Sponsored Link

男女の脳の違いのまとめ

女性の脳は、右脳左脳のバランスがよくネットワークも満遍なく巡らせていているという素晴らしい所があります。

一方男性の脳は、1つの事に集中したり、何かを突き詰めるのが得意です。

どちらも長所があり短所もありますので、パートナーの居る方は相手の良い所や悪い所を理解してあげることで、よりよい人間関係を築くことが出来るのではないでしょうか?

最終的に、男女の脳の個性を補い合うことが大事になってきますね。

-生活環境

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

理想の相手との出会いは生涯ムリ

理想の相手との出会いは生涯ムリ!! 婚活のおススメはお見合いが確実にいい理由

理想の相手との結婚を夢見ている独身の男性女性。 結婚を前にして理想の相手との出会いを求めているならばやはり恋愛も必要です。 その恋愛も基本出会いが無ければ理想の相手の見つけかたすらわからない事になって …

ヤブ医者とはひどい医者!? 勘違は怖ろしい名医から変わった本当の意味とは

ヤブ医者の語源や由来は諸説あるが、 あやしい呪術で治療することから「ひどい医者」 「腕の悪い医者」とかといった意味で使っていますよね。 でも学校の先生や政治家などは、 ヤブ先生とかヤブ政治家とは聞いた …

甘酒(米麹・酒粕)4つの効果的な飲み分け方法

甘酒(米麹・酒粕)4つの効果的な飲み分け方法!睡眠・疲労・肌・健康に最適

甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養価値の高い飲み物で、様々な健康効果が明らかになって女性誌のメディアでも数多く取り上げられています。特に甘酒は昔からの日本の伝統的な飲み物として、再開拓されてきたよう …

雑巾が絞れない子ども

雑巾が絞れない子どもが増えている!? 学校の今と昔 大きな違いにア然!

今の小学生達は雑巾が絞れない子供が増加しているといいます。 昔は木造造りの学校が多く、下校時間前には濡れ雑巾で掃除をして帰宅していました。 今のような雑巾が絞れないということはあり得ないのです。 しか …

渋滞解消方法

渋滞解消の方法やっと見つけた!たった1秒の時間で緩和できるスゴ技とは

渋滞解消の方法は、道路幅の拡大や交通需要の調整という方法が先ず考えられます。渋滞の原因も交差点や大型店舗等の出入りに妨げられているのが現状です。 朝夕の通勤時間帯での渋滞は予測がつかず、緩和されない渋 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント