葬儀関係

葬儀の花代、損しないポイントとは

投稿日:2018年2月2日 更新日:

葬儀に使用する花・・・と一口に言えば、芸能人や各界の著名人、会社社長等がなくなった時に使用する花祭壇を思い浮かばれると思います。

「いったいいくらぐらいする祭壇なの?」とよく質問されますがはっきり言ってわかりません。

それは葬儀社によっても売価が異なったり、季節的に生花市場で花代の仕入価格が変動する場合もあるからです。

しかし、年間を通じて平均価格を算出しているので、葬儀に使用する花は一律いくらという設定で葬儀費用込みでお葬式費用を設定し提供しているのが現状です。

Sponsored Link

葬儀の花代、実は生花の料金に上乗せされるその秘密

特に葬儀で花祭壇を飾る(施行)場合は、その花代だけではなく、技術料が含まれたりしてきます。

専門の生花業者や葬儀社内部で取り扱う生花部など、1本1本手作業で仕上げていくので、その作業料金が上乗せとなり普通の葬儀代金よりもはるかに高額になると言えるでしょう。

ここで気を付けてほしいのは、葬儀の祭壇の上に生花でアレンジする場合は生花の分だけ葬儀費用も高額になるということ。

会葬人数が多ければ多いほど喪主(施主)の損益勘定も負担は少ないですが、会社に勤めているサラリーマン家庭での一般葬儀には少々勿体ないかもしれません。

本来故人の好きだったお花で飾ってあげたい・・・という気持ちはわかります。

しかし万一あなたが施主になり葬儀を出す立場になった時、花を多く使った事で「葬式で借金が増えた・・・」なんてならないよう、事前に見積もりをとったりすることは重要かもしれません。

葬儀,お葬式,花,花代

葬儀の花代、後悔しない準備か損しないポイントになる

また、お付き合いの関係や会社繋がりで遠い地方にお供え花を送る場合は、慎重に下調べすることをおススメします。

それは一体なぜか。

あなたの地元(田舎)では、葬儀会館の外に飾る「花輪」を出す事が多い、祭壇脇に飾る「生花」は身内が飾るものだ・・・という風習があると仮定します。

都心の葬儀場に花を送らなければならない時、「花を送りたい」と言っても受ける側では、花輪、生花、篭花など花の呼び方が変わる場合があります。

勝手な自分の思い込みにより、花が出ていなかったとかでトラブルにもなりかねません。

所によっては花輪や生花辞退という場合も多いので、直接電話などで確認することが重要です。

Sponsored Link

葬儀の花代、面倒くさい方にはこれがおすすめ

そんなの面倒くさい・・・という方も多いはず。

そういう場合は香典と一緒にお花代としてお金を包んで送りましょう。

香典袋と形は似てますが、書き方(表書き)を「御供花料」にすることで将来的に得する場合も出てきます。

施主に何お供えしようかとかと相談するのも煩わしく感じる場合などは、金品として直接送るのも一つの手ではないかと思います。

-葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンディングノートは若い人向けに必要か?

エンディングノートは若い人向けに必要か?10代から書き方を変えよ!

エンディングノートとは本来若い人向けではなく、高齢者で病気から人生の終末期を迎えるにあたって書き留めておく記録簿のこと。 書き方も、残された家族に対し生前に伝えたい事や残しておきたい言葉、そして臨終の …

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

会葬礼状

会葬礼状はオリジナルで写真入、家族葬でも大事に扱われるものを

会葬礼状とは、葬儀の際に弔問客に対し御礼の気持ちを表すお礼状のことをいいます。以前は故人の経歴を表現したオリジナル会葬礼状が一時期ブームになっていました。 しかし近年では、家族葬も多く葬儀規模が縮小し …

葬儀の失敗例から学ぶ、過剰サービスの問題点

葬儀には思わぬトラブルが発生します。 葬儀を準備する時間がない、1回限りの真剣勝負で、遺族の神経もピリピリしている。 だからこそ失敗は避けなければいけないのだが注意していても起こることはあるのです。 …

この祭壇の生花昨日と同じだ!使いまわしする花屋にメス

会葬者が多い大規模な葬儀には生花祭壇が多く使用される。 花の種類は菊の花をベースに、故人の好きだった花や色とりどりの洋花が取り入れられます。 会葬者の中にはよく連日のように葬儀に出席する方も多く、以前 …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから冠婚葬祭コンサル業として起業。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ち始め日々大きく変わりゆくこの時代に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント