葬儀関係

大気汚染で死者数が増加!? 日本も無関係ではない驚きのランキング

投稿日:

大気汚染による死者数は、日本でも年々増えてきています。

毎年3月~5月になると、世界中からいろいろなものが風にのって飛んできます。

この時期は花粉症に苦しんでいる人も沢山いるはず。

花粉だけならいいのですが大気汚染という有害物質もあるのです。

最近ではpm2.5が中国から飛んできて、この日本でも大気汚染による被害が拡大しています。

しかし中国から大気汚染pm2.5が飛んできているのに、中国は死者数が世界ランキング1位ではなかったことがわかりました。

その驚きの世界や日本の死者数値、ランキングなどをここから紹介します。

Sponsored Link

大気汚染や温暖化が影響、日本のpm2.5は世界ランキング何位!?

大気汚染の中で、PM2.5で日本の死者数が多いことがわかりました。

日本では3月から5月にかけて、いわゆるPM2.5の飛散量がピークを迎えます。

お隣の中国北京からこのPM2.5が日本に飛んできて、人体に悪影響を与えているといいます。

日本人は、大気汚染といえば中国というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、PM2.5が多いのは中国ではなく、なんと中東だったのです。

世界のランキングをみると

  • 1位・・・カタール
  • 2位・・・サウジアラビア
  • 3位・・・エジプト
  • 4位・・・バングラデシュ
  • 5位・・・モーリタニア
  • 中国は16位
  • 日本は158位

大気汚染

この中東に大気汚染PM2.5が多い理由は、砂漠が多いためです。

視界をさえぎるほど、砂漠の砂の さらに細かいの が飛んでいるというわけなんです。

そもそもPMとは、小さいものをいい 1mmの1000分の1の小さな粒子をいいます。

【2.5㏘(1㏘=1mmの1/1000)以下の微粒子】

単なるホコリのようなものでも、肺の奥深くまで入り込んでしまうと、ぜん息を引き起こしたり、肺がんのリスクが高まるといわれています。

中国で再び大気汚染「赤色警報」PM2.5濃度は東京の何倍?

 

大気汚染

大気汚染の影響で、日本の死者数は世界ランキング何位!?

大気汚染PM2.5が引き起こす病気によって、世界では多くの人が亡くなっており、推定で420万人ともいわれています。

世界の死者数ランキングをみると

  • 1位・・・中 国1,108,100人
  • 2位・・・インド1,090,400人
  • 3位・・・ロシア 136,900人
  • 4位・・・パキスタン135,100人
  • 5位・・・バングラデシュ122,400人
  • 6位・・・アメリカ88,400人
  • 7位・・・インドネシア78,600人
  • 8位・・・日本60,600人

となっており、日本も年間6万人もの方が、大気汚染PM2.5によって引き起こされた病気によって亡くなっています。

大気汚染

 

大気汚染の死者数は、大気汚染の物質に影響!?

では、pm2.5が一番多い中東より、さほどではない中国での死者数が多いのはどうしてでしょうか。

人口が多いとはいえ、なぜこれほどまでに死者数が高いのかちょっと疑問ですよね。

それは、中東では砂漠の砂などの塵が飛び舞っています。

それに比べ中国は、人体に悪影響を与える硫酸塩というものが飛び、体にはとても有害な物質なのです。

特に日本の周辺では、中国大陸から飛んできます。

硫酸塩というのは、自動車の排気ガスや工場の排煙などに含まれていて、こういうものが体の中に入って害になるわけです。

砂漠の砂より、かなりたちが悪いというわけです。

中国では、まだまだガソリンの質も悪く、さらに工場の排煙設備が整っておらず、対策が遅れているという理由からのようです。

Sponsored Link

 

さらに、中国から日本に飛んでくる大気汚染物質の影響が特に強いと言われているのが、光化学スモッグです。(大気中の物質が紫外線により有害物質に変化すること)

昔日本でも1970年代頃、大気汚染(光化学スモッグ)が発生。

校庭で運動中の学生達が、めまい吐き気呼吸困難で病院へ運ばれ大問題となりました。

その後、大気汚染の対策が進み一時良くなったのですが、また光化学スモッグが頻繁に発生してきたというわけです。

大気汚染、あなたの地域は大丈夫?

大気汚染

このように、大気汚染は日本でも関東地域に集中し、さらに西日本には強い傾向があることがわかります。

当然中国大陸から飛んでくる大気汚染が影響していると考えられるわけです。

日本の大気汚染対策としては、なんとか中国の光化学スモッグが日本に飛んでこないよう、その対策も必要になってきますね。

大気汚染や温暖化が影響、日本のpm2.5は世界ランキング何位!?

大気汚染の影響で、日本の死者数は世界ランキング何位!?

大気汚染の死者数は、大気汚染の物質に影響!?

大気汚染、あなたの地域は大丈夫?

と、まとめてみました。

少しでもお役に立てたら幸いです。

-葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葬儀費用ってこんなに高いの?知っているだけで得する節約術

葬儀は結婚式にも似て一生に一度っきりの行事です。 ゆっくり検討している時間も余裕ない、葬儀社の言われるがままに打合せが進んでしまう。 そんな声を聞いた事ございませんか? 実際、家族の大切な方が旅立たれ …

葬儀トラブルから学ぶ、マル秘解決方法とは

人生一度の葬儀、あってはならぬ葬儀トラブルは散見されているのが現状です。 しかしトラブルは葬儀であれ何であれその解決方法を知っておくだけで未然に防ぐことができます。 特に葬儀トラブルは大きな損害を出し …

葬儀マナーの非常識!!誰でもやってしまうふさわしくない葬儀作法

葬儀マナーの非常識!!誰でもやってしまうふさわしくない葬儀作法とは

急遽葬儀に参列する事になり服装や作法、そして葬儀のマナーなどで迷ったことはありませんか? 葬儀の作法やマナーなど漠然とした知識は持っていても、喪服やバッグ、靴などの身だしなみ、焼香や挨拶など細かい所ま …

葬儀中足がしびれて立てない?ジンジンしびれて痛い時の対処法

葬儀中足がしびれて立てない!!と、正座した後足がジンジンとしびれて痛くなった経験ありませんか? 葬儀での長時間正座、遺族親族の順で焼香する場合、足がしびれてどうしようもないことが多々あると思います。 …

葬儀のマナー、100年後お墓参りもビルに変わる

葬儀のマナー、昔からのしきたりや作法、お墓参りの仕方など、100年後まで守っていけるのでしょうか。 葬儀儀式も10年周期で新しいシステムに変わってきています。 特に最近都心部や檀家数が多いお寺では、墓 …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント