funeral

葬儀社が納棺師とタイアップする仕事メリット

投稿日:2018年2月7日 更新日:

最近葬儀業界では映画「おくりびと」の影響もあり納棺師を目指す人が多くなってきました。

それに次いで葬儀社も納棺師業者と提携し、連携した同じ仕事を行う所も増えてきています。

では一体納棺師とは葬儀のどんな仕事をするのでしょうか。

Sponsored Link

納棺師の仕事は、葬儀社の上を行く時代なのか

納棺師の仕事とは、簡単に言えば「湯灌師」「復元納棺師」などがあり、遺族と故人を繋ぐ重要な仕事でありその役割を果たします。

具体的に言えば遺族親族と最後のお別れするまでお顔を中心に見栄えを整える役割りです。

葬儀社もプロですが、納棺師は納棺という部分に深く探求してきたプロ集団。

葬儀社では出来ない決められた時間内で仕事を熟し、可能な限り悔いのないお別れをさせていただきます。

そもそも納棺師の会社は葬儀社からの委託により業務を行い、納棺師単独では現在のところ受注し仕事することは困難です。

もちろん自分の会社名を名乗ることも厳禁で辛い立場でもあります。

それでも最近では、湯灌からエンバーミング業務をするところまで拡大し、損傷の激しい遺体修復作業でも対応できる範囲にまで発展してきました。

納棺師きつい

納棺師の仕事は、葬儀社の仕事よりキツイ

しかし、納棺師の仕事は遺族親族と最後の旅立ちを中心に仕事を熟しているので、毎日遺族の悲しみに直面した時耐えきれなく、

精神面からくるきつい仕事という声も聞こえてきます。

また業務の範囲を拡大した影響からか、その間慌ただしく作業をしたりすることができない為、ゆっくり丁寧という仕事内容から腰に負担がかかり腰を痛める人も増えているのが現状です。

葬儀社としては、納棺師にお金を支払って葬儀業務の一部を外注して貰っていますので、葬儀内容の宣伝効果、更に納棺時間にスタッフを配置する人件費が削減されます。

また、納棺師は一般的に作業開始から最後の柩に蓋を閉める所までストップする事なく1時間以内でスムーズに仕事を進めて行きます。

一番面倒で時間の掛かる分野、そして出棺前の慌ただしくなる業務の前での仕事は、葬儀社にとって外注にして良かったと感じているのではないでしょうか。

Sponsored Link

納棺師の仕事もますます業務拡張する時代がやってくる

最近では、さらに営業範囲拡大として、葬儀の周辺の仕事を手伝って頂けます。

病院等から搬送しご自宅に着いた時点で体全体を確認、納棺後の部屋の片づけから出棺の手伝い、お車に乗車する遺族の誘導、案内そしてお見送りまで熟します。

葬儀社として一番大事な所を手伝ってもらえるのはいいことですが、それでいいの?と経営者でない私としては疑問視する次第です。

ですが将来は昔私がして来たような、司会をメインとした業者、接待を主に仕事をする業者など、外注の方だらけで葬儀社が成り立つ時代がやってくるのではないかと推測されます。

そのためには個々にプロ意識を持った集団ではないと遣って行けなくなりますがね。

是非参考にしてみて下さい。

-funeral

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

うっかりミスが多い人が引き起こす、葬儀大失敗の事例とは

葬儀を担当する仕事でも、他の職種と同じように失敗を繰り返してこそ次へのステップアップとなり、人間を大きく成長させます。 ただ葬儀業界の場合、1度失敗したら2度目は無いと言っても過言ではありません。 う …

遺体搬送は病院から~魔の車内空間

遺体搬送は病院から~魔の車内空間でなにが起きる!?

遺体搬送は、主に病院で亡くなられる方が大部分を占めています。葬儀社の営業体型は24時間365日フル稼働です。 遺体搬送の業務も、昔から葬儀社で所有する寝台型霊柩車を使用する場合が多かった。しかし近年で …

血圧急上昇で突然死の危険性:朝編

血圧急上昇で突然死の危険性!?朝の血圧が正常でも危ない5つの原因とは(1/3)

朝起きて意外にやりがちなことで血圧は急上昇してしまいます。 特に朝起きてからの約1時間は、体の中のウォーミングアップが完全ではありません。 そんな中、朝起きて1時間以内に起す意外な行動が、突然死する危 …

文音・映画おみおくり

文音・映画「おみおくり」納棺師役でこの春おくりびとに対抗!?高島礼子と共演

文音は映画「おみおくり」で女性納棺師の役で主演の高島礼子と共演する。 2018-3-24有楽町スバル座ほか全国順次公開であるが、 本作の原案及び納棺師監修は、 永井結子の「今日のご遺体 女納棺師という …

女性の転職、サービス業の中でも葬儀接待がおすすめな訳とは

女性の転職サイトを見ると専門分野の職種が目立ちます。特に年齢制限は男性より低く20代~30代をターゲットにしている企業が多い。 女性は男性と違い家庭を持って子育てをするといった掛け持ち生活がほとんどで …

ブログ運営者:大林いっせい

平凡サラリーマンから葬祭業に転身。約30年の葬儀人生を歩む。気が付けば人生の折り返し地点。WEBに興味を持ちはじめ毎日新記事に目を奪われている昭和生まれの編集者。需要が求められて行く現代社会。人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事などを何でも書き綴っていこうと思います。末永いお付き合いをお願いします。

フリーランス/フューネラルコンサルタント