トラブル 葬儀関係

この祭壇の生花昨日と同じだ!使いまわしする花屋にメス

投稿日:2018年2月6日 更新日:

会葬者が多い大規模な葬儀には生花祭壇が多く使用される。

花の種類は菊の花をベースに、故人の好きだった花や色とりどりの洋花が取り入れられます。

会葬者の中にはよく連日のように葬儀に出席する方も多く、以前こんな使いまわし騒動があった。

それは「この祭壇の生花昨日のと同じじゃないか?」と一般の中年男性から言われたこと。

一般の方には聞きなれない言葉だが、葬儀社としては大クレームの始まりとなる言葉になる。

それは「使っている花が同じ」という単純なこと。

Sponsored Link

祭壇の生花は本当に新しい花?もしかして・・・使いまわし?

本来白木の祭壇は、レンタル形式ですので使いまわしが許されている(通例)。

しかし、生花祭壇だけは菊の花や洋花に至るまで全て新しい花・・・と言うのが一般的ですよね。

それが葬儀が連日続くと、生花もデザインも同じという祭壇が使用されることがあった。

「花の使いまわし」である。

本来であれば葬儀が1件終了したらその祭壇に使われていた生花は一旦撤収し、新しい生花に組み替えるのが常識である。

ところが使用済みの生花を一部抜いて、デザインだけを少し変えて終了~同じ日の通夜にまた使っていたという事件。

金額が設定されている花祭壇だけに喪主はカンカンです。

生花使いまわし

いつも会葬者に見られている。生花でごまかせないお客の目

葬儀が立て続きに入っていると時間の関係上、手を抜きたがる花屋や葬儀業者が多いのが、反面会葬者も毎日香典を包んで焼香しにくる方も多い。

そこで祭壇を見れば「立派な生花祭壇だ!」と記憶しており、次のお通夜に行くとまた生花祭壇だと感じ取る。

自然に見る人が見ればその違いも分かってくるはず。それを知らないで生花を使いまわしして利益を上げようとする生花屋が多かった。

もちろん葬儀社の指示でそうしていた業者が大半を占めてはいたが・・・。

Sponsored Link

生花の価値が下がれば、葬儀祭壇の価値も下がるそのワケは

今の様にスマホで簡単に写真を撮る人もいなかったが、一昔前までは記憶だけが唯一の証拠で、会葬者の指摘で葬儀社や花屋の両社が罪を認めたという噂が出ていました。

今はそんな悪徳業者は少なくなりましたが、菊の花も何日も使っていると花びらがポロポロと落ちてくるそうです。

その上、葉っぱの部分も元気が無いようにダラ~ンと萎れているかのように下を向きます。

また茎の部分も水分で腐ってきて匂いがきつくなります。

私も昔、篭花で生花業者が匂いがキツイのを持ってきたのでよく見ると、何回か使っている花ということが分かる程、差してある元の部分が焦げ茶色に腐っていたことを覚えています。

指摘はしませんでしたがこういう情けない業者もいるんだなーと思いましたよ。

花屋さんも生きた花で商売をしている関係上、花を大事にすることはよく分かるのですが、生きている物は使いまわしされる程嫌なものはありません。

きちんとお客さんから金額の決まったものを頂くわけで、生花の売り上げで欲が出たらおしまいです。使いまわしする生花業者は将来性に乏しく、また葬儀社から契約を解除されたら廃業してしまいます。そうならない為にも決まった金額の中から決まった利益を出し続ける努力が必要だと思います。

-トラブル, 葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葬儀の司会進行ってアナウンサーより難しい?葬儀司会の現実とは

葬儀の中で司会進行役は最も重要なポスト。 葬儀を滞りなく進行するうえで苦労や努力は欠かせません。 昔は男性司会がメインでしたが、近年では女性司会者も増えその司会のコツに苦戦することも。 葬儀で自分が挨 …

一家心中の葬儀、香典は1つでいいの?気になる葬儀の現状

最近の思わぬ事故や自殺などで、家族のほとんどが同時に旅立たれるというニュースが飛び込んできます。 かなりショックな話題ですが、一家心中や、事故で同時に旅立たれた場合、夫婦同時とかの場合、葬儀はどう進め …

あり得ないトラブル

葬儀で絶対にありえないトラブル!遺体の取り違えを簡単に考えている葬儀社とは

葬儀業界ではあり得ないという言葉は基本中の基本。 これは、間違いを起こさない・取り返しがつかない・あってはならぬ、など同じ意味で解釈しています。 そんな中、葬儀の火葬であり得ないトラブルが発生していま …

お墓不要論、お墓が買えない家

お墓不要論、お墓が買えない家や持たない家は親戚から嫌われるって本当!?

葬儀最後の納骨をする時に必ずお客さんから出るお墓不要論。 特にお墓がない家や、欲しくてもお墓が買えない家の多くが、このお墓不要論について語っている。 それは『高いお墓を買ってそこを拝んでいることに意味 …

葬儀司会が過剰すぎる演技

葬儀司会が過剰すぎる演技、いまだに泣かそうという理由がわからない

葬儀場での司会者の役割は、感情を表に出さない厳かな司会進行が、一番尊われて行われるべき立場となります。 しかし、未だに「お涙ちょうだい的」な女性司会者が多く、ナレーションがとても不快を感じる会葬者も多 …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などまとめサイトとして配信しています。

フリーコンサルタント