病気事故 葬儀関係

病理・司法解剖で葬儀時間が遅れる?その理由とは

投稿日:2018年2月8日 更新日:

病理・司法解剖はよく検視とも呼ばれ、それにより葬儀開始が遅れてしまいます。

TVでもお分りかと思いますが、ほとんど事件性のある解剖ですよね。

病理解剖と司法解剖それぞれ同じ名前のようですが全く異なります。

Sponsored Link

病理解剖・司法解剖に時間が掛かるその訳とは

病理解剖の場合、一つの病気で旅立たれた方に対し、原因がはっきり特定できない場合など、遺族に許可を頂いた上でその病気の質や治療効果を調べるます。

ある意味では医学発展のための解剖です。

よって内臓のみの解剖で頭部、頸部、手足は解剖しません。

解剖する時間はその解剖する病院によって様々ですがおよそ2時間くらいでしょう。

司法解剖に比べれば早いと思います。

司法解剖は、よくちょっと転んだぐらいで旅立たれたれる方がいます。

それが事故なのか事件性があるのか特定できない場合です。

この場合警察が管轄しますので、法律上遺族の了解なしで行われます。

解剖する箇所も制限がないため、頭部、頸部、手足など執刀医の判断で行われます。

そのため解剖するのに3時間くらい掛かり、警察官が車で運び解剖終了後全体を包帯巻きにされて帰ってきます。

司法解剖

病理・司法解剖に時間が掛かり過ぎると、影響がでる?

病理解剖や司法解剖に時間が掛かり過ぎると、これによりいざ葬儀の準備をするとなると解剖の日数分、打合せが後回しになり決めごとが全く出来ないのが現状です。

まだご自宅に戻られていないのにあれこれと決めごとは不可能です。

知らせを聞いた菩提寺側でも、旅立たれたという連絡を受けただけに留め、日程調整や脇導師などの手配も出来ません。

は唯一遺影(写真)を決めてお預かりすることぐらいでしょうか。

ここはじっと到着を待つのみに留まります。

また、解剖を終えて自宅に到着したとしても、全身包帯巻きにされたその姿を見ただけで遺族の悲しみも増してしまいます。

葬儀の打合せが出来たとしても、故人の対面からややしばらくしてからの時間となり結構遅れが生じてくるというわけです。

Sponsored Link

病理解剖・司法解剖の現場の一室はにぎやかです

葬儀社がよく医大の解剖霊安室に引き取りに行くと、解剖を終え腹部を縫っただけの旅立たれた体が沢山保管されているのを見ます。

病理解剖の場合、腹部を割かれ内臓部分は大学病院など研究材料になるため取られてしまいます。

そのままでは傷口が開いてしまうため、その部分をガムテープのような物で処置したことがありました。

大切な家族が自宅に帰って行く前に別な病院に移され、体を傷つけられるのは何とも可哀想な気持ちになります。

原因がはっきりする事は良いことではあるけれど、家族にしてみれば出来る事ならそのままの身体で帰ってきてほしいと思うのは事実です。

私がもし大切な妻や子供が解剖となれば、断れるなら真っ先に断りますが、時と場合により叶わない場合は残念と思うしかありませんよね。

少しでも参考になれば幸いです。

-病気事故, 葬儀関係

Sponsored Link
 

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンディングノートは若い人向けに必要か?

エンディングノートは若い人向けに必要か?10代から書き方を変えよ!

エンディングノートとは本来若い人向けではなく、高齢者で病気から人生の終末期を迎えるにあたって書き留めておく記録簿のこと。 書き方も、残された家族に対し生前に伝えたい事や残しておきたい言葉、そして臨終の …

葬儀トラブルから学ぶ、マル秘解決方法とは

人生一度の葬儀、あってはならぬ葬儀トラブルは散見されているのが現状です。 しかしトラブルは葬儀であれ何であれその解決方法を知っておくだけで未然に防ぐことができます。 特に葬儀トラブルは大きな損害を出し …

家族の自宅死亡、救急車を呼んだら大変な事に

自宅死亡、救急車を呼んだら大変な事に!?警察が介入しても怖くない方法とは

あってはいけない事ですが帰宅してみたら大切な家族がリビングや玄関、お風呂などで倒れているという自宅死亡。そればかりか朝なかなか起きてこないなと思い、起こしにいったら既に死亡していたという事も少なくあり …

大谷直子 孤独死

大谷直子 孤独死の不安から終活開始!死亡説ぶっ飛ぶある行動とは

大谷直子は孤独死という不安から今終活を真剣に考えている。 大谷直子といえば、主役をつとめたNHK朝ドラ「信子とおばあちゃん」では最高視聴率46.8%を記録。 その後も数々の話題作に出演し昭和の大女優と …

写真撮影厳禁!?火葬場での危険な行動とは

火葬場は固く写真撮影厳禁になりました。あらゆる面から・・・という理由からです。葬儀儀式の中でも火葬場は付き物で身内の中で不幸があれば避けて通れないものとされています。 しかし一部マニアを除いては写そう …

ブログ運営者:大林いっせい

平成から新年号に・・・日々大きく変わりゆくこの時代、人間活動の場としてその役割をストリートに変え、素朴な疑問や気になった事、そして日常のお得な情報はもとより健康の為に見逃せない食生活、人間関係でこれだけは知っておきたい心理的情報などを多く配信しています。

フリーコンサルタント